page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ハワイ・オアフ島・映画のあの場所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

映画の舞台【ブルーハワイ】―美しいハワイの風景に癒される


掲載日:2008/09/03 テーマ:映画のあの場所 行き先: ハワイ / オアフ島

タグ: ロケ地 映画 絶景 美しい


「夢の」という言葉がついていた頃のハワイ

タンタラスの丘から見たダイヤモンドヘッドとホノルル市街 タンタラスの丘から見たダイヤモンドヘッドとホノルル市街

エルビス・プレスリーが人気全盛だった時代に作られた彼の主演映画のひとつに1962年の「ブルーハワイ」がある。
そのころの日本はまだ海外旅行が自由ではなく、ようやく1964年に海外旅行が自由化されたものの、当時のジェット旅客機DC-8は日本とハワイの間を無着陸で飛ぶことはできず、途中ウエーク島での給油が必要だった。
またテレビ史上に残る番組「アップダウンクイズ」の賞品はハワイ旅行で、司会者小池清さんのキャッチ・フレーズが「さあ10問正解して、夢のハワイへ行きましょう」だったことからもわかるようにハワイは「夢の」という言葉がつく存在で、そこへ旅行することなど高嶺の花という時代だった。

ハナウマ・ベイ

ハナウマ・ベイ ハナウマ・ベイ

青年チャド(エルビス・プレスリー)が2年間を軍人としてヨーロッパで過ごし、ハワイに帰ってくる。空港まで迎えに来た恋人のスポーツカーに乗り込み、向かうのがオアフ島の東部にあるハナウマ・ベイ。ここは火山活動によってつくられた火口湖が沈降してできた美しい湾で、この湾にすむ魚は全然人間を恐れず、水に入っていくと足の周りに集まってくる。自然保護のため観光バスによる団体の入場は規制されているし、毎週火曜日はクローズでまったく入場ができない。

美しいハワイの風景がふんだんに

シーライフ・パークから見たラビット・アイランド シーライフ・パークから見たラビット・アイランド

ハワイの旅行会社でガイドとして働くプレスリーが主人公の映画だけに、ハワイの風景がふんだんに登場する。たとえば、ウサギの頭に似ていることから名前のついたラビット・アイランド。ホノルル市街からダイアモンドヘッドまでを一望の下に見おろす絶景のタンタラスの丘でもロケが行われている。
ハワイアン・ウェディング・ソングが流れる中でのラストシーンの結婚式はココパームス・ホテルの敷地内にある庭で撮影されている。このホテルだけはオアフ島ではなく「庭園の島」とも呼ばれるカウアイ島にある。

40年前のハワイと比較しながら観光

なにしろ「ブルーハワイ」は40年余り前の映画、現在はワイキキの大通りにずらりと建ち並んでいる大きなホテルが当時はほとんど建っておらず、まったく別の場所のよう印象さえ受ける。映画に描かれている40年前のハワイと現代を比べながら観光するのも面白い。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/09/03)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索