page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ハワイ・オアフ島・ショッピングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ショッピングだけじゃない!新しくなった「ロイヤル・ハワイアン・センター」の魅力


掲載日:2008/09/08 テーマ:ショッピング 行き先: ハワイ / オアフ島

タグ: おけいこ お土産 ショッピング 新しい


ワイキキ中心地、ロイヤル・ハワイアン・センター

約3年がかりの全面改装を終えた「ロイヤル・ハワイアン・センター」 約3年がかりの全面改装を終えた「ロイヤル・ハワイアン・センター」

昔からの観光地ながら、今も進化を続けるワイキキ・エリア。新名所も続々と誕生しています。ワイキキの中心地にある「ロイヤル・ハワイアン・ショッピング・センター」もこの夏、再開発プロジェクトが完了し、「ロイヤル・ハワイアン・センター」と名前を変えて生まれ変わりました。約3年がかりの全面改装。工事中は一時期、廃墟かと思うような出で立ちでしたが、今は新しいショップやレストランも揃い、改修工事を終えて洗練された外観になっています。誰もが一度は足を運ぶ昔からの人気ショッピング・センターは、更にパワーアップしてワイキキに戻ってきました。

由緒正しき場所

ロイヤル・グローブ(王家の庭園)の脇にある「カウラニ・ヘリテージ・ルーム」 ロイヤル・グローブ(王家の庭園)の脇にある「カウラニ・ヘリテージ・ルーム」

ロイヤル・ハワイアン・センターがある場所は、19世紀までハワイの王族が住んでいたという「ヘルモア」という地域。由緒正しい土地で、まさしくロイヤル。(ロイヤル=王家の、という意味)。そして、センターのあるこの土地を現在、所有しているのはカメハメハ・スクールズ。カメハメハ王朝の末裔であるパウアヒ王女の遺志により、ハワイアンの子孫の教育のために設立され、この土地が寄贈された学校です。センターの収益はハワイアンの子供達の教育へと還元されます。今回の再開発プロジェクトはその歴史を踏まえ、ハワイの文化を伝えることに焦点があるとのこと。センター内の「カウラニ・ヘリテージ・ルーム」では、ヘルモアやネイティブ・ハワイアンの文化や歴史についてのビデオが流れているので、そちらを鑑賞してみると良いかもしれません。

ハワイアン・カルチャーに触れよう

中庭の池の周りには、カロ(タロイモ)などのハワイの伝統植物が 中庭の池の周りには、カロ(タロイモ)などのハワイの伝統植物が

改装後の大きな特徴は、「ロイヤル・グローブ(王家の庭園)」という中庭です。かつて椰子の木が生い茂っていたというヘルモアを再現した、緑豊かで開放的なスペースです。池の周りにはタロイモやオヒアの木などハワイ固有の植物が植えられているので、そちらもお見逃し無く。また、この中庭やその周辺のセンター内では月曜〜金曜日までの毎日、ハワイアン・カルチャーのレッスンが行われています。フラ、ロミロミ(ハワイ式マッサージ)、ウクレレ、レイメイキングなどが無料で習えます。レッスン時間は約1時間。予約は必要なく、開始時間の少し前にその場に行けばOKなので、是非とも体験してみてはいかがでしょうか。詳しい時間帯は下記のセンターのWebページをご参照下さい。

親しみやすく、お洒落!

新しくオープンしたフードコート「パイナ・ラナイ」は一息つくのにぴったり 新しくオープンしたフードコート「パイナ・ラナイ」は一息つくのにぴったり

ハワイの伝統文化を伝えながらも、センター内はショッピングも充実。エルメスやブルガリ、カルティエといった人気ブランド店も数多く入っています。レストランも和食からメキシカン、イタリアンなど幅広いジャンルが揃っていますし、この夏には「パイナ・ラナイ」というフードコートもオープン。お洒落で高級感があるけど、カジュアルも楽しめるセンターとなっています。ワイキキの中心という便利な立地にあり、伝統を重んじながらも新しいロイヤル・ハワイアン・センター。ワイキキで外せない新名所です。

【関連情報】

高級ブランド店や人気ブティックも入っていてショッピングも充実 高級ブランド店や人気ブティックも入っていてショッピングも充実

■ Royal Hawaiian Center (ロイヤル・ハワイアン・センター)
住所:2201 Kalakaua ave. Honolulu
電話:+1-808-922-2299
時間:毎日10:00〜22:00
URL:http://www.royalhawaiiancenter.com/jp/
http://www.royalhawaiiancenter.com/jp/hawaiian-heritage/cultural-classes(無料カルチャーレッスン)

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/09/08)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索