page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ハワイ・オアフ島・動物の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

野生の海ガメと遭遇できるビーチあり!ハワイの家の守り神がスグ目の前に!


掲載日:2009/05/18 テーマ:動物 行き先: ハワイ / オアフ島

タグ: かわいい ビーチ 珍しい 動物


海ガメはハワイでは家の守り神であり、神様のお使い

ド迫力のこの海ガメは推定年齢80歳! ド迫力のこの海ガメは推定年齢80歳!

ハワイでは太古から海ガメは神の使者として、大切に扱われてきました。日本の家紋にも相当する、アウマクナ(祖先・先祖)が海ガメという家族もいるほどです。そんなハワイにとって大切な海ガメを間近に見られるビーチがあります。日本からの友人を連れて訪れると必ず歓声が上がる、高ポイントのビーチです。

その名はラニアケアビーチ!

遊泳禁止の標識と沖に流される強い流れがあることを示した標識。その下には海ガメが保護されていることが掲示されています 遊泳禁止の標識と沖に流される強い流れがあることを示した標識。その下には海ガメが保護されていることが掲示されています

ノースショア最大級の街、ハレイワを超えて、カメハメア・ハイウェイ(ルート83)を北上すると、約5分で右手に馬がゆっくりと草をはむ牧場が見えてきます。そのまま直進すると道路右脇に10台強が駐車できるスペースが現れます。その向かいのビーチがラニアケアビーチです。(ビーチを越えてクリーム色の2階建てのお宅が見えたら、行き過ぎです!)ザ・バスならアラモアナセンターから52番に乗り、ハレイワの街を超えて最初に現れるビーチがラニアケアです。ビーチの目の前にバス停(Kamehameha Hwy + Pohaku Loa Way)があります。 沖はサーフィンの穴場ではありますが、ビーチ自体は岩がゴツゴツ表面に現れており、海遊びに適したビーチとは言い難いビーチです。

赤いロープ内は立ち入り禁止

赤いロープの中には入ってはいけません。観察、保護の職員もビーチに常駐しており、海ガメの生態調査をしています 赤いロープの中には入ってはいけません。観察、保護の職員もビーチに常駐しており、海ガメの生態調査をしています

以前は人通りもまばらな静かなビーチでした。ですが、今はかなり知名度も上がり、観光の人々が訪れるビーチへと変わりました。それに伴い、以前は海ガメに触れないという保護区のルールさえ守ればごく至近距離で見ることができた海ガメですが、今は「これ以内は進入禁止」の印の赤いロープが置かれるようになりました。(ハワイでは海ガメに故意に触れると500ドルの罰金が科せられるという法律があります。ご注意ください)海ガメの到来は潮の満ち引きにも大きく関係するようですが、何度も訪れた経験では、午前中遅くから午後に掛けての遭遇率が高いように思います。神様のお使い、ハワイの海ガメに逢って、幸運を引き寄せてください。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2009/05/18)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索