page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ハワイ・オアフ島・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ハワイに息づく日本の神道文化「金比羅神社&太宰府天満宮」


掲載日:2012/12/29 テーマ:観光地・名所 行き先: ハワイ / オアフ島

タグ: おもしろい 一度は見たい 一度は行きたい


ハワイ金刀比羅神社

ハワイ金比羅神社と太宰府天満宮。まるで、ここだけ日本のよう。 ハワイ金比羅神社と太宰府天満宮。まるで、ここだけ日本のよう。

日系移民の影響でホノルル市内には、いくつかの神社があります。今回はその中の一つ、「こんぴらさん」の愛称で親しまれている、ハワイ金比羅(ことひら)神社と、同敷地内のハワイ太宰府天満宮をご紹介します。
地元の日系人の参拝を受けるこの神社は、1920年に香川県の金比羅宮より、1952年に福岡県の太宰府天満宮より、それぞれご分霊されてホノルルに設立されました。

ハワイ柄の可愛いお守り

建物内では、お守りやお札などの授与品が売られています 建物内では、お守りやお札などの授与品が売られています

注目したいのは、こちらの境内で販売されているオリジナルのお守り!ハワイらしくハイビスカス柄やホヌ(海亀)柄になっているものもあります。他にもアメリカらしく星条旗の柄や、ゴルフのお守りなど、ハワイという地域に特化したお守りたち。お値段は6ドル(約500円)から。ここでしか手に入らないお守りは、お土産にしても喜ばれそうです。

ハワイでも初詣や節分を。

ハワイアンな柄の可愛いお守りたち。 ハワイアンな柄の可愛いお守りたち。

今でも地元の日系人たちが、初詣、節分、七五三などの行事の際にはこの神社を訪れたりします。
金比羅神宮は航海安全、商売繁盛、交通安全など、幅広いご利益が有り、菅原道真公を祀る太宰府天満宮は学問の神様として有名です。
遠くハワイの地に伝わり、今でも受け継がれている神道文化を探索してみるのも面白いかもしれません。

【補足情報】

住宅地の一角にある金刀比羅神社。水路沿いのKohou St.を進み、左折してOlomea St.(高速道路脇の道)に入る。 住宅地の一角にある金刀比羅神社。水路沿いのKohou St.を進み、左折してOlomea St.(高速道路脇の道)に入る。

Hawaii Kotohira Jinsha
Hawaii Dazaifu Tenmangu
URL: http://www.e-shrine.org
住所:1239 Olomea Street, Honolulu, HI 96817-3343 USA
電話: +1 808.841.4755
Email kotohira@hawaiiantel.net
時間:毎日 8:00 AM - 4:00 PM
行き方:
アラモアナショッピングセンターよりTheBusの1番またはA(City Express)に乗る。※ダウンタウン方面行き
N King St.とKohou St.の交差点付近で下車し、徒歩5分。

敷地内には学問の神様、菅原道真公を祀る太宰府天満宮も。 敷地内には学問の神様、菅原道真公を祀る太宰府天満宮も。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2012/12/29)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索