page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ハワイ・オアフ島・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ノスタルジックで新しい、サーフカルチャー溢れる 「Goofy Cafe & Dine」


掲載日:2014/05/24 テーマ:グルメ 行き先: ハワイ / オアフ島

タグ: おいしい カフェ スパイシー料理


サーファーでも、そうでなくても、くつろげるお店

お洒落でくつろげる空間、新オープンの「Goofy Cafe & Dine」 お洒落でくつろげる空間、新オープンの「Goofy Cafe & Dine」

2013年12月にオープンした「Goofy Cafe & Dine」、地産地消をポリシーとしているヘルシー志向のカフェ/ダイナーです。店名の「Goofy(グーフィー)」はサーフィン用語では“右足が前になるサーフスタンス”、“岸から見て右へ崩れる波”のこと。一般では“風変わり”の意味。お店はアラモアナのグーフィーなサーフスポットの近く。サーフィン帰りに立ち寄りたい様な、街中だけど外からの心地よい風が感じられる空間です。

「ハワイ産」にこだわった食材

手前: Big Island Beef Loco Moco 14ドル(約1400円)、奥: Kahuku Garlic Shrimp 16ドル(約1600円) 手前: Big Island Beef Loco Moco 14ドル(約1400円)、奥: Kahuku Garlic Shrimp 16ドル(約1600円)

Goofyの営業時間は7:00〜23:00。朝食メニューも常時オーダーすることが出来ます。小腹がすいた時に立ち寄るのもあり、明るいウチからビールで一杯もあり、です。食材はハワイ産にこだわっていて、Nalo Farmのハーブや、Ka leiの卵、ハワイ島産の牛肉や蜂蜜などなど、地元のフレッシュなものが使われています。アルコール類もローカルのビールやラム酒に加え、今、話題の初のハワイ産焼酎「波花」など充実の品揃えです。

洗練されたハワイのローカルフード 

ハワイ産の食材へのこだわり。メニューにも産地や農場名が書かれています ハワイ産の食材へのこだわり。メニューにも産地や農場名が書かれています

"Local First, Organic whenever possible (地元の物を第一に、できればオーガニックを) "というポリシーの元、どのお料理もハワイ産の素材の味が活きています。ハワイのローカルフードはカジュアルなものが多いですが、Goofyでは一工夫、加えられていているのが特徴。例えばハワイ定番メニューのロコモコでは、白米の代わりに玄米、グレービーの代わりにデミグラスソースが使われていて、深みのある洗練された味に仕上がっています。

「食」を通じて感じるハワイ

Big Island Honey French Toast 13ドル(約1300円)、もちろんコナコーヒーと一緒に! Big Island Honey French Toast 13ドル(約1300円)、もちろんコナコーヒーと一緒に!

「地産地消(地域生産地域消費)」は最近、ハワイでもよく聞く概念です。ファーマーズマーケットの人気も年々と上昇していて、品物の新鮮さ・質の高さもさることながら、地域経済の活性化などの長所があると考えられています。サーフィンという自然相手のスポーツは、身体でハワイの波を直接感じます。Goofyでは是非、ハワイの太陽が育んだ食材をじっくりと舌と心で味わってみてはいかがでしょうか。

補足情報

メニューは時間帯によって多少異なります。日中でも夜でも、それぞれの良さがあります メニューは時間帯によって多少異なります。日中でも夜でも、それぞれの良さがあります

「Goofy Café & Dine」
URL:  http://www.goofy-honolulu.com
営業時間:7:00〜11:00(Breakfast)、11:00〜16:00(Lunch&Café)、16:00〜23:00(Dinner)
電話番号: +1-808-943-0077
住所: 1831 Ala Moana Blvd., Suite 201 Honolulu, Hawaii 96815
 ※ヒルトン・ハワイアンビレッジの近く

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2014/05/24)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索