page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ハワイ・オアフ島・カフェ・スイーツの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

話題のカカアコ地区で人気のcafe「ARVO (アーヴォ)」


掲載日:2018/03/30 テーマ:カフェ・スイーツ 行き先: ハワイ / オアフ島

タグ: おいしい かわいい カフェ


とにかくフォトジェニックなカフェ

ストロベリーグァバミントアイスティー(5ドル:約550円)とローデッドアボカドトースト (8.8ドル:約940円) ストロベリーグァバミントアイスティー(5ドル:約550円)とローデッドアボカドトースト (8.8ドル:約940円)

再開発が進み、アートや流行の新たな発信地として注目を集めるカカアコ地区。ここにあるカフェ「ARVO」は、2016年春のオープン以来、おしゃれなカフェとして人気を集めています。元祖インスタ映えするカフェとしても有名。ドリンク&フードやお店の内装、全てがセンス良く、思わず写真に撮って、SNSでシェアしたくなります。

見た目の美しさだけでない、洗練された味のフードとドリンク

ヌテラトースト(7ドル: 約770円)。チョコクリームとフルーツのバランスが絶妙 ヌテラトースト(7ドル: 約770円)。チョコクリームとフルーツのバランスが絶妙

店名のARVO(アーヴォ)は、オーストラリア英語で午後という意味。ハワイでは珍しい、オーストラリアスタイルのカフェとのこと。
メニューの数はそんなに多くはありませんが、シンプルで、ヘルシー志向。素材の味が生きていて、一つ一つが丁寧に作り込まれているのを感じます。
薄めのトーストに、アボカドやサラダ、スモークサーモンなどが乗った軽食の他にも、フレッシュなフルーツやチアシードを使ったデザートもあります。

観葉植物のブティック「PAIKO」併設

ARVOに併設されているPAIKO。こちらもシンプルさの中にセンス良く緑が取り入れられています ARVOに併設されているPAIKO。こちらもシンプルさの中にセンス良く緑が取り入れられています

ARVOのすぐ隣(壁はなく建物内でつながっている)には、これまたオシャレな観葉植物のお店「PAIKO」が併設されています。
植物をお土産に持ち帰るのは検疫の問題上、難しいですが、植物のディスプレイの仕方などから、いろいろとインスパイアされそう。また可愛らしい鉢や花瓶、小物にときめきます。

カカアコ地区

ARVOに設置されている生オレンジを絞る機械。ボタンを押すとフレッシュなオレンジジュースが出てきます ARVOに設置されている生オレンジを絞る機械。ボタンを押すとフレッシュなオレンジジュースが出てきます

以前は倉庫街のイメージが強かったカカアコ地区ですが、ARVOをはじめとした、新しく流行をリードしていくようなお店が増え始めました。再開発による新しい建設や、アートのイベントも増え、わくわくするエリアに生まれ変わっています。ワイキキ地区からのトローリーも止まるようになりアクセスもどんどん便利に。ぜひ、最近のハワイを感じに、訪れてみてはいかがでしょうか。

補足情報

テイクアウトもイートインもOK。いつも人気で賑わっています。 テイクアウトもイートインもOK。いつも人気で賑わっています。

ARVO (アーボ)

時間: 7:30〜15:00(月〜金)、8:30〜15:00(土日)
住所: 675 Auahi St, Honolulu, Hawaii 96813
URL: http://www.arvocafe.com
電話: 808 537-2021

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2018/03/30)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索