page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ハワイ・オアフ島・トレッキング・登山の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ハワイの絶景に出会えるトレッキングに挑戦してみよう


掲載日:2020/06/07 テーマ:トレッキング・登山 行き先: ハワイ / オアフ島

タグ: 一度は行きたい 絶景 素晴らしい 大自然


素晴らしい景色に出会える「クリオウオウ・リッジ・トレイル」

トレイルは州政府に管理されており、きちんと整備されています トレイルは州政府に管理されており、きちんと整備されています

ハワイには気軽に楽しめるトレッキングコースが沢山あります。初級者〜上級者向けまでさまざまですが、私の一番のお気に入り「Kuliouou Ridge Trail(クリオウオウ・リッジ・トレイル)」です。オアフ島の南東部、コオウラ山脈の尾根を登っていく、標高約620メートル、往復8キロのトレイルです。私の場合、途中休憩を挟みながら往復3時間ほどで歩くことができました。このトレイルには飲料水の持参は必須、また小腹が空いたとき用の軽食があると安心です。なお、途中滑りやすい箇所もありますので、できればトレッキングシューズの着用をおすすめします。

分岐点ではクリオウオウ・リッジの方へ

分岐点にはサインがあるため迷わず進めます 分岐点にはサインがあるため迷わず進めます

ワイキキから車で約30分、住宅街を進むとKalaau Placeの先に「クリオウオウ・リッジ・トレイル」の入り口があります。入り口から森の中へ進んでいきますと、クリオウオウ・リッジとクリオウオウ・バリーの分岐点があります。今回はクリオウオウ・リッジの方へ進みます。

まるでフカフカの絨毯を歩いているような、モクマオウの森

傾斜ばかりではなく平らな道が続く箇所もあります 傾斜ばかりではなく平らな道が続く箇所もあります

「クリオウオウ・リッジ・トレイル」には、ハワイ固有種の植物や動物が生息しているそうです。そして私が感じるこのトレイルの魅力は、高度によって景色が変化するところ。高度の低いところでは深いグリーンの木々が生い茂る森が広がります。高度が上がっていくと日差しが差し込み細い葉が特徴的なモクマオウの森に。モクマオウの落ち葉がトレイルを覆い、まるでフカフカの絨毯の上を歩いているような感覚になります。このモクマオウの森の途中に休憩所があります。ベンチもあるので足を休ませ、水分補給などをして後半に備えるのがおすすめです。

景色が一変、頂上まではあと少し!

傾斜はあるものの、木の根をうまく使いながら登ると登りやすいです 傾斜はあるものの、木の根をうまく使いながら登ると登りやすいです

休憩所からは少し登りがきつくなっていきます。足下に目を向けると、地面には絡み合った複数の木の根が這っており、木々の生命力の強さを感じられます。一方で、木の根は滑りやすく、足を取られやすいため、注意深く進んでいきましょう。
さらに高度が高くなりますと、木々が少なくなり視界が広がってきます。頂上まであと少しというサインですが、ここからトレイルの険しさが増していきます。赤土に作られた階段を続上がっていきますとトレイルの終点地、絶景が拝める広場に到着です。

待ち受けるのはハワイの絶景パノラマビュー

美しい海と山の景色に疲れも癒されます 美しい海と山の景色に疲れも癒されます

ハイキングの楽しみは絶景に出会えること。ダイヤモンド・ヘッド、ハナウマ湾、カイルアの方向まで一望することができます。ハワイの海と山の美しさを改めて実感すること間違いありません。この景色を堪能しながら、食事をしているローカルの人もちらほら。ただし、崖になっているので景色に気を取られ過ぎないよう、足下には十分に気をつけてくださいね。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2020/06/07)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索