普段こだわらない人でも、海外ではご注意を

南国へ行ったらビーチで遊びたいし、プールサイドでのんびりしたいし、ちょっぴり露出の多い洋服で開放的な気分になりたいもの。日焼けをしたい人はともかく、美容に対する意識が高い美白派さんなら日焼け止め対策は万全にしたいところ。そこまでふだんから徹底していない人でも、馴れない場所の紫外線は非常に強い可能性があるので、対策をしておきましょう。

リゾートへ行くなら必須! 旅行先でできる日焼け対策と美白ケア リゾートへ行くなら必須! 旅行先でできる日焼け対策と美白ケア

ケチケチするのはNG!こまめに塗り直しましょう

日焼け止め対策で最も有効なのは、とにかく日焼け止めをこまめに塗り直すこと。南国へ行く場合は最高値のもの(SPF50 PA++++)を使うのがおすすめです。汗をかいたり泳いだりすると流れてしまうので、こまめに塗り直しましょう。薄いと効果を十分に発揮しない場合があるので、ケチケチ塗るのはNGです。ちょっと強い場所では肌を露出し続けない事も大切。薄手のストールを肩にかけるだけでも違いますよ。目から入ってきた紫外線で肌が黒くなることもあるので、サングラスの着用もお忘れなく!

しまった!万が一、日焼けをしてしまったら…

こまめに塗り直していても、完璧に日焼けを防ぐことは難しいのが事実。重要なのはその後の対応です。日焼けはヤケドと同じなので、まずはとにかく冷やすこと!炎症した皮膚を沈静させます。化粧水を普段の3倍以上使って、やさしくパッティングしてください。刺激を与えるとそれもダメージになるので、腫れ物に触るようにやさしくするのがポイントです。たっぷりと化粧水を染み込ませたら、最後に水分が飛ばないようにフタをします。油分が多く、肌にやさしい低刺激の乳液やジェル、クリームで保湿をしましょう。

内側から栄養を補給して肌をサポートする

紫外線を浴びることで、体内では活性酸素が発生します。これは肌を老化させる原因! これを除去してくれるのはビタミンCなので、フルーツをたっぷり摂ってくださいね。また、紫外線によって「光老化」が起こります。これは紫外線による肌へのダメージで、コラーゲンが破壊されてシワシワになってしまうこと。たんぱく質を摂取して、失われたコラーゲンを補いましょう。ちなみにビタミンCはコラーゲン生成を促してくれますよ。たっぷりと保湿して、栄養を補給してくださいね。