page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

【2019年版】初めてのハワイ・オアフ島でベタだけど外せない観光地トップ5


美しいビーチやグルメも楽しめる人気のオアフ島

美しいビーチやグルメも楽しめる人気のオアフ島 美しいビーチやグルメも楽しめる人気のオアフ島

ハワイのオアフ島は、一年中温暖な気候で、美しいビーチや大自然を満喫できる人気の島です。また、グルメスポットやショッピングスポットも沢山あり、ビーチ沿いには優雅で美しいホテルもあり、ホテルライフもエンジョイ出来ます。そんな魅力たっぷりのオアフ島、初めて訪れたならベタだけど外せない観光地トップ5をご紹介していきますね!

第5位はサンセットを手軽に見るならココ!

第5位はアラモアナビーチパークです。オアフ島でサンセットが綺麗に見える場所はいくつもありますが、初めてのハワイでサンセットを見るなら、まずは手軽に行けるココがおすすめです。アラモアナビーチパークはアラモアナショッピングセンターの前にあり、ショッピングのついでに立ち寄ることが出来ますが、ビーチ自体に訪れている人は少なく、穴場でもあります。芝生が美しい自然いっぱいの公園で、水平線に沈み行くサンセットを見ながら楽しんでください。

第4位はこれぞ王道のオアフ島の象徴の通り

第4位はカラカウア通りです。ワイキキのメイン通りであるカラカウア通りは、テレビ番組でもよく映る通りですね。これぞまさしくハワイに来たと思わせてくれる王道のストリートで、筆者も初めてここを歩いた時は、うれしかったことを思い出します!ホテルやレストラン、ショップが立ち並ぶ石畳の歩道は綺麗で広く、歩きながらダイヤモンドヘッドやビーチが見えて気分も上がります。カラカウア通りには、高級リゾートホテルもあるので、コーヒーを飲みに気軽に立ち寄ってみるのもおすすめです。次回のホテル選びの参考にもなりますよ。

第3位はシュノーケリングするなら!

シュノーケリングするなら! シュノーケリングするなら!

第3位はハナウマベイです。ハナウマベイは、オアフ島の南東部にあるシュノーケリングスポットです。入場料は7.5ドルで環境保護やビーチでのルールなどを説明したビデオを見てからの入場になります。ワイキキからThe Busの22番でも行けますが、シュノーケリングマスクつきのホテルからの送迎ツアーを利用すると、ラクに行けます。
●ハナウマベイ 
入場時間 6:00〜19:00 (夏季) 6:00〜18:00(冬季)
入場料金 7.5ドル 休場日 火曜日 
2019年7月の情報です。最新データは以下のURLでご確認ください。【URL】 http://www.honolulu.gov/cms-dpr-menu/site-dpr-sitearticles/1716-hanauma-bay-home.html

第2位はザ・ハワイのビーチならやっぱりココ!

第2位はワイキキビーチです。白砂に青いビーチをバックに椰子の木が映えるワイキキビーチは、これぞザ・ハワイの象徴のビーチです。宿泊先がワイキキ以外の方でも、初めてのオアフ島でしたら、ぜひ足を運んでみてください。リピーターでも、ワイキキビーチから見るダイヤモンドヘッドを見て、またハワイに来たなーと実感させてくれる場所でもあります。マリンアクティビティも存分に楽しめますし、海に入らなくても朝夕のお散歩もおすすめです。何回訪れても、ワイキキビーチはやっぱり王道のビーチです。

第1位は眺めが素晴らしいあの場所

第1位は、ダイヤモンドヘッドです。ダイヤモンドヘッドは、天気が良ければ、ワイキキの街、海、山、空と素晴らしい景色が望める展望台です。登頂口までは、ワイキキから車で約20分ほどで行けます。登頂口から展望台までは、ゆっくり歩いて30分から40分ほどですが、最後の階段はかなりの傾斜があるので、スニーカーで行くのがおすすめです。日の出を見たい時は、朝5時から5時半くらいに宿泊先のホテルまでピックアップに来てくれるサンライズツアーが便利です。
今回は、定番中の定番のスポットをご紹介しました。オアフ島の定番は間違いのない!?定番で、リピーターになっても定番にする人も多いやっぱり魅力の場所です。それでは、ハワイへの旅、楽しんできてくださいね!
●ダイヤモンドヘッド
入場時間 6:00〜18:00 (最終入場時間 16:30)
入場料金 1ドル
2019年7月の情報です。

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/10/08)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索