page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「おすすめ国」の見どころ情報

おすすめ国に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「おすすめ」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


カオサン通りに近いバンランプー地区からチャイナタウンに行くなら、チャオプラヤーエクスプレスが一番早い
  • テーマ:
  • 船・クルーズ
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
決してきれいな川とは言い難いですが、その川を運行するボートの上から「暁の寺」と言われる「ワットアルン」が見えてくると、不思議なほどタイ旅行を満喫している気分になれます。これはバンコク中心部を流れるチャオプラヤー川を運行しているチャオプラヤーエクスプレスと呼ばれるボートです。旅行者向けの路線ボートですが、乗るたびに多くのタイ人乗客と一緒になります。行先は限られますが、本当に便利。バンコクは非常に渋滞が多いところ。チャオプラヤーエクスプレスに乗れば、渋滞知らずで目的地まで着けます。おすすめ理由はそれだけではないんですが、とにかく乗ってみましょう!

この記事の続きを見る


セントーサ島
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/セントーサ島(シンガポール) 
マレーシアンフードストリートまでのアクセスは簡単。最寄りは、ウォーターフロント駅。Vivo City駅よりセントーサ島行のモノレールに乗ります。

この記事の続きを見る


お参りの仕方
  • テーマ:
  • スポット
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/プーケット島(タイ) 
「参拝セット」を購入後、本堂へ向かいましょう。1,本堂前の入り口で蝋燭、そして線香の順に火を灯して香炉の中に置きます。2,本堂内で座ってお祈りをします。お祈りが終わったら、3礼して蓮の花を指定の位置へ生けます。3,祀られている3体の僧侶像(左からルアン・ポー・チャム氏、ルアン・ポー・チュアン氏、ルアン・ポー・グルアム氏)のうち1体の身体に金箔を貼ります。金箔を位置は自分の身体の良くないところに貼るといいとされています。

この記事の続きを見る


豚肉のレッドカレーと豚とにんにくの芽を炒めたもの。スプーンとフォークで食べる
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
一人旅でも晩ごはんが麺やチャーハンで終わりって、なんだか寂しい。私は一品で完結するものですませたくないタイプ。かと言って、一人でレストランに行き、ごはんといくつかのおかずを注文するのは、不経済。タイではこんな悩みとは、ほとんど無縁です。タイには、何種類ものおかずがこれでもかと並んだぶっかけご飯の屋台があります。おかずは、レッドやイエローなどのタイカレーはもちろんタイ料理の炒め物がそろっています。注文は、おかずを指さすだけでオッケー。ごはんにぶっかけてくれます。通りを行き交う人を眺めながら、経済的で美味しいごはんを食べる時間は、まさに至福の時間。タイって、最高だなと思う瞬間でもあります。

この記事の続きを見る


これが、必見の鳳凰楼
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • アジア/中国/瀋陽(シェンアン) 
北京の故宮博物院はご存知の方が多いでしょうが、中国本土には、もうひとつの故宮博物院があります。それが「瀋陽故宮博物院」。広さこそ北京の12分の1ですが、それだけに、歩き疲れることなくすばらしい文化財を見学することができるんですよ。ここは後金(こうきん、清朝の前身)の太祖ヌルハチと、その息子で後継者のホンタイジが暮らしていた皇居。観光名所にことかかない瀋陽の町でも、中国の歴史に興味のあるあなたなら、やはりここは外せないスポットですね!

この記事の続きを見る


のんびり走り、安心感があるトラム
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ボスニア・ヘルツェゴビナ/サラエボ 
バルカン半島にある国、ボスニア・ヘルツェゴヴィナの首都、サラエボ。ヨーロッパ的な建物が建ち並び雰囲気のある街並みの、いいアクセントになっているのがトラムです。道路の曲線に沿って、縫うようにゆっくりと走る姿はとても印象的。サラエボのトラムは長い歴史をもち、地元の人たちにとって欠かせない足なのです。普通の市内バスも走っていますが、のんびり進むトラムは、町に不慣れな観光客にもやさしい乗り物ですよね。

この記事の続きを見る


人気のリゾートもいいけれど……。静かな環境とベトナムの原風景といった味わい深い滞在を望むのなら、ムイネーが断然おすすめ
  • テーマ:
  • ビーチ
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/ファンティエット(ベトナム) 
ここ数年、世界的な流行となっているのがベトナム中部のダナン。ビーチサイドには大型リゾートも建設され、日本から直行便もあることからリピーターも多く定番の旅先のひとつになったといってもいいでしょう。 とても洗練されたダナンのようなリゾートもいいですが、もうちょっとベトナムらしい素朴さを……と思う方におすすめなのが、ムイネー。サイゴン(ホーチミン市)から200kmほどの距離にあるビーチリゾートで、車で約5時間で行くことができます。鉄道でも行けることは行けるそうですが、鉄道駅(ファンティエット)に着いてからリゾートまでの交通の確保などを考えると、サイゴンで車を手配するほうが楽かもしれません。 ムイネーは1990年代に開発が始まったリゾート地ですが、やはり飛行機でぴゅ〜っと行けるわけではないせいか、大型ホテルが立ち並ぶといったことはなく、今ものんびりした雰囲気が魅力です。

この記事の続きを見る


ネパールは独自の暦を持ち、月の満ち欠けに左右される祭りも多いため、お祭りの日程は毎年異なる
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • アジア/ネパール/カトマンズ 
ネパールの公式カレンダーは、ビクラム暦という独自の暦。このビクラム暦では、新年は4月。2020年の4月13日が、ビクラム暦の新年2077年1月1日にあたります(2019年4月14日が、2076年の1月1日でした)。多民族国家であるネパールは、民族ごとに新年も違うため、ビクラム暦の1月1日は、オフィシャルな新年という感覚が強かったのですが、お祭り好きな国民性もあり、最近は、ニューイヤーイベントがあちこちで見られるようになりました。ここ数年、ツーリストエリアでは、カウントダウンやニューイヤーライブ等、新年のイベントが開催されるようになりましたので、この時期ネパールに来る方は、地元の人と一緒にネパール新年をお祝いしてみては?

この記事の続きを見る


荷物が小さい方が身軽に旅を楽しめます
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
たいていの女性が大好きなお買い物。最近、東南アジアもどんどん物価が上がっていますが、日本に比べるとまだまだリーズナブルに買い物が楽しめます。民族チックな雑貨に、エスニックな食材やその土地ならではのお菓子&特産品に、ハーブたっぷりのナチュラルコスメとあっという間に荷物が増えていき、私の東南アジア旅行は、まるで買い出しツアーみたいになってしまいます。思いっきり買い物を楽しむためにも、行きの荷物は極力少なくが、私のモットー。行きの荷物は、機内に持ち込める小さいスーツケース1個だけに納めます。

この記事の続きを見る


La
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ニューヨーク 
今回で14回目を迎えるニューヨークのおすすめカフェスポットは、ニューヨーカーから高い評価を得ているLa Colombe(ラ・コロンブ)です。La Colombeは、フィラデルフィアで誕生したコーヒーショップですが、昨今はニューヨークに続々とお店が増えている人気コーヒーチェーン店です。筆者のおすすめカフェスポットレポートでも登場したことがありますが、La Colombeは店舗によってお店の雰囲気も違うので、今回はSoHoにあるショップをご紹介します。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。おすすめ国に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介