page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「おすすめ夏」の見どころ情報

おすすめ夏に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「おすすめ夏」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


夏のお昼過ぎには行列ができるほど!
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/ローマ 
今回訪れたお店は、地下鉄A線「Repubblica(レプッブリカ)」駅から徒歩10分強ほどで着く「Come il Latte(コメ イル ラッテ)」というジェラテリアです。平日にも関わらず、お昼過ぎには観光客やランチ後のビジネスマンなどで行列ができていました。

この記事の続きを見る


「おすすめ」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

巨大な三つ首象が目印の美術館
  • テーマ:
  • スポット
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
今回ご紹介する「エラワンミュージアム(The Erawan Museum)」は、タイの大富豪、レック・ウィリヤパン氏が創設した美術館です。ここでの見どころは3つの頭を持つ巨大象と、それを支えるドーム部分の美しい天井です。まずは巨大象。台座部分を含めると高さ43メートル、重さは250トンにも及ぶという巨大象は迫力満点。巨大象の内部は空洞になっており、大きな仏像が祀られています。この巨大象の外観を見に行くだけでも価値があると思いますが、見どころはこれだけでは終わりませんよ〜。

この記事の続きを見る


若者に人気なエリア
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ニューヨーク 
今回紹介したい筆者のおすすめコーヒーショップは、昨今、若者人気が急上昇中のエリア、Lower East Side(ローワー・イースト・サイド)にあるLittle Canal(リトル・キャナル)という小さなカフェです。マンハッタンブリッジが近くにあり、Essex station(エセックス駅)の目の前にあるためお店へのアクセスも便利な立地にあります。お店のあるエリアは、一昔前は中華街が近いエリアでホームレスも多く治安が良いとは言えないエリアでしたが昨今の再開発と若者移住が増加した影響からヒップなイケてるお店が急増しています。その象徴的なお店としてLittle Canalがオープンしました。小さいながらお店の中にはオシャレな若者たちで賑わっています。

この記事の続きを見る


9
  • テーマ:
  • ライフスタイル
  • 行き先:
  • オセアニア/オーストラリア/シドニー 
日本でも人気のあるボルダリングをシドニーで体験してきました。場所は「9 degrees」という施設。1店舗だけでなくフランチャイズとなっていて今回訪れたのはLane Cove店。

この記事の続きを見る


おススメ!盛りだくさんの海鮮丼
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • オセアニア/オーストラリア/ケアンズ 
ケアンズ市内でもこれほど充実した海鮮丼は食べられない!と、キュランダまで足を運ぶファンもいるほどの人気メニューです。サーモン、マグロ、エビ、ウナギ、ウニ、イクラなどが乗っていて超豪華!熱帯雨林に囲まれたオープンテラスで食べると、さらにおいしさアップなのです。

この記事の続きを見る


まずはレセプションでチケットを購入
  • テーマ:
  • ビューティー
  • 行き先:
  • アジア/ベトナム/ハノイ 
ホテルへ入るとレセプションでチケットを購入します。レセプションスタッフへマッサージをしたい旨を伝えると日本語で案内してくださいます。マッサージは40分、200,000VND〜です。オススメはフット+ボディー70分、250,000VNDのコースです。施術前の着替えるスペースには鍵付きロッカーもあります。特に事前予約は必要ないですが、在住者や宿泊の出張者にも人気があるので混み合っている場合は少し待つ場合があります。

この記事の続きを見る


シドニーの人気観光地
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • オセアニア/オーストラリア/シドニー 
シドニーにあるローカルからも愛される人気スポット・ザグランドオブアレクサンドリアへやってきました。休日はとても賑わっており、席を探すのも大変なくらい。今回は平日に来たのでのんびりできました。

この記事の続きを見る


プーパッポンカリー!
  • テーマ:
  • スポット
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/プーケット島(タイ) 
メニューはかなり豊富ですが、まず私のオススメは蟹のカレー炒め、「プーパッポンカリー」。スパイスと卵と蟹の旨味がぎっしりで、ビールにもよく合います!私は辛いものは苦手なのですが、プーパッポンカリーはココナッツミルクと卵が使われているので、辛いものが苦手な方でも食べやすいと思います。

この記事の続きを見る


オートーコー市場の外観には、高級な雰囲気はゼロ。営業時間は、6:00から20:00
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
細い通路の両サイドに小さな店がひしめきあって、すごい熱気!1万5000店ともいわれる店舗が集まっているバンコクのチャトゥチャック市場、別名「ウイークエンドマーケット」は、買い物好きにはたまらないところです。ここに来ると、掘り出し物を見つけられる気がします。エスニック雑貨、衣料、アクセサリーなどに分類された売り場を行ったり来たりしていると、おなかもすいてきます。チャトゥチャック市場には、食堂やカフェも併設されていて、食事や休憩もできるようになっています。でも、チャトゥチャック市場の隣にバンコクの食通やお金持ち御用達の高級食材市場があるんですよ。少し足を延ばして、そこに行ってみませんか!

この記事の続きを見る


ボートが出発するとすぐ、見えてくる大仏。クレット島へは、戦勝記念塔から166番のバスで約40分。片道22バーツ(約75円)
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
チャオプラヤー川沿いのお寺はもちろんモスク、金ぴかの大仏、高床式の民家などなど、次々現れる川沿いの風景をたっぷり楽しみました。でも、一番楽しかったのは、途中で立ち寄った甘いもの屋さん!そこで特産のお菓子をいろいろ味見してから買いました。バンコク郊外のノンタブリー県にあるクレット島は、島と呼ばれているのに、本当はチャオプラヤー川の運河にできた中州です。焼き物が有名なところですが、伝統菓子の産地としても知られています。バンコク中心部から近いだけに週末になると、タイから大勢の観光客がやってきます。私は、2018年に続き、クレット島は2回目です。前回は、ボートトリップの人数が集まらず、ツアーがでませんでしたので、今回はリベンジです。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。おすすめ夏に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介