page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「ぼらかいツアー」の見どころ情報

ぼらかいツアーに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「ぼらかいツアー」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


アジアトップクラスのホワイトビーチで日光浴!
  • テーマ:
  • ライフスタイル
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/ボラカイ島(フィリピン) 
アジアトップクラスに選ばれたホワイトビーチは全長約4キロメートルあります。この日は曇り空が多かったけど、ビーチは期待を裏切らない白い砂浜・透明度の高いグリーン色の海!砂浜を裸足で歩くのがとっても気持ちが良かった。まさに楽園バカンスです。

この記事の続きを見る


ツリーハウスから見下ろしたプンタグンタビーチ。岬の上には新鮮なシーフードが味わえるシグネチャーレストランの「シレナ」があり、サンセットをここで迎えるゲストも多数
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/ボラカイ島(フィリピン) 
白砂ビーチの美しさで知られるボラカイ島の北端、自然保護区の中に位置する、島唯一の5ツ星リゾート。豊かな緑に包まれた12ヘクタールの敷地はまるでここだけ切り取ったように、優雅なリゾート空間が広がっています。自慢の白砂ビーチは2つもあり、それぞれに趣は別モノ。両端に岬が突き出たバンニュガンビーチは125mの長さを持ち、ゲストだけのくつろいだ隠れ家感漂う雰囲気。一方の長さ230mのプンタグンタは視界が開け、マリンスポーツなどアクティブに過ごせます。豊かな自然に抱かれながら、贅沢な滞在を味わえます。

この記事の続きを見る


夜になるとこんな露店がビーチ沿いにたくさん出る。日本では考えられないくらい安値でエキゾチックなアクセサリーがゲットできるので、つい大人買いしそう。
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/ボラカイ島(フィリピン) 
ボラカイ島は小さな島だけど“世界有数の白浜ビーチ”として世界各国から観光客が訪れるホットな島。ホワイトビーチ沿いには最高級ホテルが林立しているけれど、島の繁華街といえばビーチ沿いに夕方から出現する露店や、「Dモール」というショップ&レストラン街の一角くらいなもの。昼間はビーチで思いっきり遊んで、夜はホテルを抜け出してDモールをぶらぶら散策もいい。特に女性にとっては、木や石や貝でできた安値のかわいいアクセサリー探しがおススメ。夜のビーチ沿いには露店が出るので、値段交渉しながらショッピングを楽しんで!

この記事の続きを見る


うっとりするほどのホワイトビーチ。サラサラの砂は裸足で歩くと気持ちいい!透き通る海を毎日眺めては日常逃避…
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/ボラカイ島(フィリピン) 
マニラから南へ約200km、フィリピンの中部に浮かぶ離島のボラカイ島。島の長さは約7kmという小さい島です。7000島を超える島々で形成されるフィリピンのなかでも、ホワイトビーチの美しさで世界に名を馳せるボラカイ島。今から20年前のBMWによる投票で「世界最高のビーチ」 となり、その後旅行誌などで取り上げられる憧れのビーチ。眩しいばかりの白浜が4kmにも渡って続くのはまさに圧巻です。フィリピンのリゾートはセブが有名ですけど、在住者は“ボラカイ”をまず制する人が多く、ツウな旅先になっています。

この記事の続きを見る


南の島のお約束、ヤシの木と白砂ビーチ。アジアならではの賑やかさもテンションを上げます
  • テーマ:
  • ビーチ
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/ボラカイ島(フィリピン) 
フィリピンのボラカイ島は、90年代にBMW社が顧客対象に行ったアンケートで世界のナンバー1ビーチに選ばれた島。その後も常に20位内にランクインしているとか。その選ばれし美しいビーチとは、島の西側に約4kmのびたホワイトビーチ。名前からして想像できるように、真っ白なパウダーサンドが続き、遠浅のビーチが広がっています。清涼感溢れる感じというか。年間60万人もの来島者があるというのですが、日本人ツーリストはわずかに5000人……。いわば、穴場なのです!

この記事の続きを見る


2ベッドルームヴィラ。ヴィラは108〜220平方メートルの広さがあり、プライベートプールや屋外シャワー、パーゴラが涼しげな屋外ダイニング、デイベッド付き
  • テーマ:
  • リゾート
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/ボラカイ島(フィリピン) 
ボラカイ島初の5ツ星リゾートが2009年3月にオープン。ボラカイ島といえばBMW社の“世界一美しいビーチ”に選ばれたホワイトサンドビーチが有名。このシャングリ・ラ ボラカイ リゾート&スパは島の北西に位置し、フィリピン有数の自然保護区内にあります。環境保護リゾートとして最も厳格な国際基準に従って設計されました。リゾート内の遊歩道を散策すれば、36種以上の鳥やオオコウモリなど多種多様な動植物と出会えそう。そして350メートルの長さを誇るオンザビーチにあるのも魅力です!

この記事の続きを見る


「ぼら」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

背後にボラボラ島の象徴オテマヌ山。水平線にサンセットが沈みます
  • テーマ:
  • ビーチ
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/南太平洋ビーチ/タヒチ 
ハネムーナーの憧れであり、数年後のアニバーサリーに再訪するカップルが増えているタヒチ、ボラボラ島。数ある名作リゾートの中で今回ご紹介するのは、ボラボラ島の西南にある島、“モツ・トゥプア”の静かな入り江に展開するコンラッド ボラボラヌイです。2017年に土台からすべてリニューアルを行い、コンラッドにリブランドしたラグジュアリー・リゾートです。この島の他と違う点は、いろんな視点からラグーンを愛でられることでしょう。ボラボラ島最長の約1キロ続く白砂ビーチから、あるいは丘の上の高い位置から。角度によって海の色はガラリと印象が変わります。ちなみに、ヒルトップからラグーンを一望にできる立地のチャペルは、タヒチでもココだけ。加えて、水平線に沈むサンセットを眺められるのも、ココだけです。

この記事の続きを見る


世界最古のサーファー像と言っても過言ではない、ワンチャコビーチに立つモチェの漁師像
  • テーマ:
  • サーフィン
  • 行き先:
  • 中南米/ペルー/トルヒーヨ 
太平洋に面した長い海岸線のおかげで、絶好のサーフポイントがいくつもあるペルー。特にペルー北部の海岸エリアには、世界一長い波が楽しめるというチカマやパカスマヨなどサーファー垂涎のビーチが集中し、国際大会も頻繁に行われている。今回ご紹介するトルヒーヨ郊外の「HUANCHACO(ワンチャコ)」も、ペルー北部エリアを代表するサーフスポットの1つ。2000年前からトトラ舟(葦舟)を操り、波と戯れてきたモチェの人々の末裔が暮らすこの浜は、2013年にラテンアメリカ初、世界で5番目のWorld Surfing Reserves(世界サーフィン保護区)に選ばれたペルー・サーフィンの聖地だ。

この記事の続きを見る


サムイ島の北東部に突き出た半島にオープン。スパの充実度に期待したいラグジュアリーリゾートです
  • テーマ:
  • ビーチ
ここ数年、世界ランクのホテルが続出しているサムイ島に、ザ・リッツ・カールトン・コサムイがオープン。タイ湾を見下ろす約23.5万平方メートルの敷地にスイートとプール付きヴィラが計175室。注目したいのは、この土地に伝わるヒーリング文化を取り入れたメソッドを駆使したスパヴィレッジ・コサムイ。トリートメントスイート8室、マッサージパビリオン3館、ヨガパビリオン、ヘルスバー、カバナ付きのラッププールを備えています。オーナーにYTL Hotelsも含まれているそうで、期待大です。また、50種以上の魚が泳ぐ「スイムリーフ」という施設も東南アジアで唯一最大だそう。ムエタイ・ジムやタイ南部料理クラスなど、地元文化に触れられるプログラムも用意されています。

この記事の続きを見る


世界遺産の「セドレツの聖母マリア大聖堂」よりも有名。その付属墓地教会のガイコツ
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/チェコ/プラハ 
チェコのプラハから車で1時間半くらいのところに、クトナーホラという小さな町があります。「クトナー・ホラの聖バルボラ教会のある歴史地区とセドレツの聖母マリア大聖堂」という名称で世界遺産になっていて、プラハからの日帰り観光にちょうどいい立地です。ところで、クトナーホラは最近はよく知られるようになってきたのですが、セドレツはそれほどでもありません。クトナーホラからセドレツまでは、車で10分程度なので、時間があれば是非立ち寄ってください。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。ぼらかいツアーに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介