page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「りんご酒 フランクフルト」の見どころ情報

りんご酒 フランクフルトに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「りんご酒 フランクフルト」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


アップルワイン電車はフランクフルトならではの思い出としてカメラに収める人も絶えません
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/フランクフルト 
ドイツの空の玄関、フランクフルト市内の観光を楽しむなら、この街の名産飲料アップルワイン(リンゴ酒)を飲みながら観光スポットを快適に巡る「エッペルヴァイエクスプレス(Ebbelwei-Express/アップルワイン電車)がお薦めです。金融都市で知られるフランクフルトとその周辺は、リンゴを利用したワインの産地として有名です。市内ザクセンハウゼン地区にはアップルワインの専門店が軒を連ねていますが、時間がなくて行くことが出来なかったという観光客も多いと聞きます。そんな時に利用したいのが、観光もアップルワインも同時に体験できるこの電車です。ゆっくり座ってアップルワインとスナック(ミニプレツッェル)を味わいながら、車窓から近代的な金融街と古い街並みを楽しむことが出来ます。

この記事の続きを見る


フランクフルトのお土産に人気のスイーツをどうぞ
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/フランクフルト 
11月末から12月のドイツといえば、この時期ならではの風物詩クリスマス・マーケットが大人気。例年国内外からの観光客が全国に2500以上もあるマーケットを目指して訪れます。このマーケットはアドベント(待降節:クリスマス前の約4週間)の時期に開催され、ドイツ市民も毎年楽しみに待ち望んでいる冬の一大イベントです。北風の吹く冷え切った石畳の街中を散策していると、眩いばかりの光の数々と鼻をくすぐる香ばしい匂いが漂ってきます。明かりに導かれ進むと、そこはまさにメルヘンの世界のようなマーケットです。屋台ではオーナメントや手作り品、ホットワインに焼ソーセージが販売されており、どこも客でごった返しています。ドイツの空の玄関フランクフルト空港からフランクフルト中央駅まで電車でわずか10分ほど。さらに駅から10分と計20分で市内のクリスマスマーケットまで徒歩でも市電でも簡単にアクセスできます。早速市内の代表的なクリスマスマーケットを探訪してみましょう。

この記事の続きを見る


フランクフルト旧市街レーマー
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/フランクフルト 
ドイツに行くにはもちろんのこと、ヨーロッパの各都市へ向かうにも、フランクフルト国際空港を利用した人は多いはずです。世界的なハブ空港として知られていますが、そうなったのも、東西ドイツが分裂したことが影響したようです。東ドイツの真っただ中にあったベルリン(東ドイツ領ではなかった)が、第二次大戦後に交通の中心として発達しなかったのと反対に、そのベルリンに物資を送り出す空港として活用され、やがてドイツの一大国際空港へと発展したのです。戦後開発された景勝地ロマンチック街道からも近く、ドイツの中心的空港になったのでした。もとよりフランクフルトは、中世の頃には都市国家として成立し、神聖ローマ皇帝の戴冠式が長い間行われるなど、由緒正しい町でもあります。最近は巨大な見本市会場が作られ、空港の利便性もあって、年間を通して世界中から人の集まる大都会になっています。

この記事の続きを見る


フランクフルトのザクセンハウゼン地区は居酒屋スポット
  • テーマ:
  • お酒・バー
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/フランクフルト 
ドイツ、フランクフルトといえば、ロマンチック街道のゲートウェイです。フランクフルトから、そのままリューデスハイムに移動してしまう旅行者も多いのですが、フランクフルトでも観光を楽しみたいですね。ドイツが誇る大作家、ゲーテの生家が博物館として公開されていますし、シュテーデル美術館には、フェルメールの絵画もあります。フランクフルトを単なる通過地点としてしまうのは、あまりにももったいない! 大きな空港があることから、フランクフルトは大きな町だと勘違いされるのですが、町自体はそれほど大きくはありません。市内交通も便利ですので、とても観光がしやすいのです。

この記事の続きを見る


ドイツのレストラン、カフェ、居酒屋では中庭に注目。入り口付近とは全く違った世界が広がる
  • テーマ:
  • お酒・バー
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/フランクフルト 
フランクフルトの名物といえば、アプフェルヴァイン。アプフェルは林檎、ヴァインはワインで、つまりリンゴ酒のこと。果物から造る酒はリキュールのように強い飲み物が多いが、このリンゴ酒は爽やかで軽い感じがする。アルコール度数が5.5〜7%、と比較的飲みやすいので、地元の人たちは昼間からグイグイ飲んでいる。どんな味かと言うと、ワインでもなくビールでもなく、少々酸味のある独特な味わい。見た目がよく似たアプフェルザフト(Apfelsaft)という林檎ジュースがあるので、アプフェルヴァインと間違えないようにご注意を!

この記事の続きを見る


コメルツバンクアレナの外観
  • テーマ:
  • サッカー観戦
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/フランクフルト 
コメルツバンク・アレナ周辺に何もないことは前回書いた。が、ブンデスリーガでも、ワールドカップでも、サッカーの試合があれば、どこからともなく人が集まってくる。その流れに乗って「シュタディオン(Stadion)」駅から歩けば、確実にスタジアムにたどり着ける。試合後も同じように大勢のサポーターとともに駅へ向かおう。ドイツ人はもちろん、欧州のサッカーファンは撤収が早い。日本人のように余韻に浸ったり、記念写真撮影をしたり…という文化は彼らにはない。試合前からビールを浴びるように飲み、試合中は「シャイセ(チクショーの意味)*サッカー場所ではこういった汚い言葉が飛び交っているので要注意」と怒鳴っていたおじさんが、タイムアップ終了の笛とともに我に返り、一目散でスタジアムを後にする姿は、ある意味、滑稽である。そんな彼らと一緒に動かなければ、真っ暗な緑の木々の中をポツンと歩くことになる。ドイツはイタリアやスペインより治安はいいものの、暗い夜道を1人で歩いていたらどんな目に遭うか分からない。試合後は早く帰る。それを徹底したい。

この記事の続きを見る


「りんご酒」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

古い街並みのバービカン地区にあるザ・ステイブル
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イギリス/プリマス 
古い街並みが残るプリマスのハーバー周辺。カフェ、レストランやお店が並ぶバービカン地区はいつも活気がある素敵なエリアです。そのバービカン地区にある、美味しいピッツァやサイダーが楽しめるレストランがザ・ステイブル。ハーバーに面しているので景色も良く、1人でもグループでも楽しめるカジュアルな雰囲気で、肉、魚だけでなくチーズなどの乳製品も食べないヴィーガン用メニューも揃っています。

この記事の続きを見る


ショッピングの合間に立ち寄れるクレープリー
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
パリでお買い物をするならオススメなのがサンジェルマンデプレエリア。たいていの有名ブランドの路面店はありますし、パリのマツキヨと呼ばれるCitypharmaや老舗デパートLe Bon Marcheもあります。ラファイエットやプランタンがあるエリアよりも空いているので自分のペースでお買い物が出来ところも魅力の一つ。ショッピングの合間に気軽に立ち寄れ、かつお得で美味しいランチが食べられるお店『la Creperie des Canettes』はCitypharmaから徒歩1分の距離にあります。

この記事の続きを見る


パンを食べない、ワインを飲まないフランス〜ブルターニュ地方とは?
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/レンヌ 
ブルターニュ地方は、フランスの北西部に位置しています。イングランド島南部に向かって、にょきっと突き出た半島です。ここは、フランスでも一風変わった地域で、イングランド島から渡ってきたケルト系のブリトン人が祖先なのです。元来ブルトン語を話し、15世紀まではブリトン公国という独立国でした。世界遺産で有名なモンサンミッシェルをご存知の方も多いでしょう。荒涼とした干潟の中にそびえる教会です。モンサンミッシェルよりほんの少し西に当たるのがブルターニュ地方で、似たような厳しい自然が続いています。なんと言っても、特筆すべきは夏の涼しさです。緯度はさほど変わらないにもかかわらず、パリよりも5℃は気温が低いのです。ですから最近では、夏の避暑地として人気を集めるようになってきました。

この記事の続きを見る


ホワイトソース、きのこ、ベーコンなどが入ったガレット
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
北西フランス・ブルターニュ地方発祥の料理、ガレットとクレープは日本でも人気があるので、食べたことがある方も少なくないと思います。どちらも薄焼きのパンケーキで見た目も似ていますが、原料にそば粉を使っているのがガレット、小麦粉を使っているのがクレープとなります(厳密には薄焼きのパンケーキの総称として「クレープ」が使われることもあります)。土地が貧しく小麦が採れなかったブルターニュ地方では、伝統的にそばを盛んに栽培し、ガレットが食されていましたが、13世紀にガレットが宮廷料理として取り入れられて以降、原料が変化し、クレープと呼ばれるようになりました。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。りんご酒 フランクフルトに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介