page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「アクロポリス 営業時間 イースター」の見どころ情報

アクロポリス 営業時間 イースターに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「アクロポリス 営業時間 イースター」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


ミケーネ遺跡の獅子の門。
  • テーマ:
  • 遺跡
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ギリシア/アテネ 
2014年春・夏シーズンはギリシャを訪問する観光客の大幅な増加が見込まれています。それにあわせて、4月より、主要博物館や、33箇所の遺跡において、月曜日から日曜日の週7日すべて、朝8時から夜8時まで(最終入場時間は7時半まで)を開館時間とする、という観光客にとっては大変便利な新スケジュールが発表されました。ちなみに、2013年にギリシャを訪れた観光客1780万人のうち、遺跡や博物館を訪れた総数は約1200万人だったそうですが、この2014年はそれを超えて記録的な数になる予想です。

この記事の続きを見る


「アクロポリス 営業時間」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

4階のパルテノン・ギャラリー。エルギン・マーブルのレプリカを含めたパルテノン神殿の彫刻が、実際の神殿の向きに合わせて展示されています。
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ギリシア/アテネ 
2009年に開館した新しいアクロポリス博物館は、地下鉄アクローポリ駅の目の前にあります。パルテノン神殿のすぐそばにあった旧アクロポリス博物館に収まりきらなかったものを展示する目的と、イギリスの大英博物館で保存・展示されているエルギン・マーブルがいつか返還されるときのために、理想的な展示スペースを確保する目的で建てられました。ローマ時代、東ローマ時代の遺跡の上に建てられているため、広範囲にわたり、ガラス張りの床を通して地下の遺跡が見えるようになっています。博物館の中心部は吹き抜けになっていて、4階中心部の床もガラス張り。天井が高く全体に光の差し込む開放感のある作りで、よくある考古学博物館とは全く違った趣の素晴らしい空間が広がります。ただし、高所恐怖症の方にはちょっと歩きづらい場所があります。

この記事の続きを見る


アテネにきたら、見逃せないのがアテネ国立考古学博物館。見所が一杯です!
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ギリシア/アテネ 
考古学や古代ギリシャに興味がある人は外せないのが、アテネの国立考古学博物館です。ここに展示される発掘品は1万1千点にも及び、サントリーニ島のアクローポリの壁画群、ミケーネから出土した黄金の装飾品など、世界史上で有名なものがたくさん並んでいます。博物館自体は、1889年にドイツ人建築家Ernst Zillerによって建てられた歴史的建築物。この博物館内には気持ちのよい中庭に面してカフェがあり、朝から席が一杯になるほど人気です。インターネットも接続できるようになっていて、近いうちに無料のWiFiが設置される予定です。またカフェの飲み物や軽食の中には、無農薬のお茶、無農薬の食材で作った各種パイなども用意されていて、こだわりのある品揃えになっています。また、今ホットな話題になっているのは、迫る2009年6月20日に開館が予定されている新アクロポリス博物館! 2万5千平米の面積を誇り、一日あたり1万人の入館者が見込まれていて、アテネ観光の新しいスポットになること間違いありません。モダンなデザインの博物館はフランス系スイス人建築家、ベルナール・ツミ氏の作品。床下に発掘された遺跡がガラス越しに見える構造となっています。

この記事の続きを見る


サントドミンゴの中心を南北に走るウィンストン・チャーチル通りに立つアクロポリス。よく目立っています
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • 中南米/ドミニカ共和国/サントドミンゴ 
ドミニカ共和国でショッピングも楽しみたいという方、特に女性などには特にお勧めなのが2002年に完成した高さにして115m、サントドミンゴのランドマーク的な存在である「Acropolis(アクロポリス)」タワー。この高層ビルはシティバンクグループをはじめとして銀行、大手旅行会社なども入るオフィスビル兼ショッピングモール。近年、ものすごい勢いで欧米をはじめとした投資が進むドミニカ共和国では平行して数々のオフィスビルやショッピングモールも増設されていますが同ビルはその象徴的存在とも言えます。

この記事の続きを見る


「アクロポリス イースター」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

正面から見た夜の新アクロポリス博物館。ライトアップされた展示品の彫像や彫刻などが、通りからも見えるガラス張りの設計で、入口にあるガラス張りの床の下に見える遺跡も印象的です。
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ギリシア/アテネ 
メトロ(地下鉄)のアクロポリス駅を出るとすぐ後ろに見えるのが新アクロポリス博物館です!2009年6月にオープンしてから、新しいアテネの観光スポットとして必見の場所となっています。25000平米に及ぶ敷地に建てられた現代的な博物館は、以前パルテノン神殿の後ろにあった小さい博物館に比べ展示スペースが10倍にもなっています。スイス人建築家ベルナール・ツミ氏がデザインした博物館の建物自体も見どころで、ガラスをふんだんに使った透明感あるスタイルなので、博物館内を見学しながらアクロポリスの丘を同時に臨むことができます。夜8時まで開館しているので、夕方に出かけて、ライトアップされたパルテノン神殿が見える博物館内のレストランで食事するのもお勧めです。

この記事の続きを見る


「営業時間 イースター」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

岩塩坑の中にあるレストランスペース。イベントが行われることも
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ポーランド/クラクフ 
年間170万人が訪れるというポーランドきっての観光地、ヴィリエチカ岩塩坑。深さ約327m、全長約287kmという巨大な地下坑道のうち、約3.5kmが観光用のルートになっています。場所はポーランド第2の都市クラクフの郊外約15kmにあり、ポピュラーな日帰りスポットになっています。このヴィリエチカ岩塩坑の成り立ちと歴史については「ヴィリエチカ岩塩坑(歴史編)キンガ王妃の婚約指輪」で、行き方やチケットの買い方については「ヴィリエチカ岩塩坑(準備編)行き方とチケットの買い方」で紹介しているので、詳しく知りたい方はそちらの記事も読んでいただけたらと思います。今回は、中は実際にどうなっているのか、見学ルートに沿って紹介してみましょう。

この記事の続きを見る


岩塩坑のなかでは、人形などを使って操業の様子を再現する展示も
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ポーランド/クラクフ 
年間170万人が訪れるというポーランドきっての観光地「ヴィリエチカ岩塩坑」。ここは1978年に登録が始まった世界遺産第一号のひとつで、深さ約327m、全長約287kmという巨大な地下坑道のうち約3.5kmの区間が観光用に開放されています。この岩塩坑の成り立ちや歴史、伝説については「ヴィリエチカ岩塩坑(歴史編)キンガ王妃の婚約指輪」の方で紹介しているので、詳しくはそちらをお読みください。今回はこのヴィリエチカ岩塩坑への行き方、チケットの買い方の注意と準備について、書いてみたいと思います。

この記事の続きを見る


観光のハイライトとなる聖キンガ礼拝堂。装飾は塩でできている
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ポーランド/クラクフ 
ポーランド南部のマウォポルスカ地方にあるヴィリエチカ岩塩坑は、13世紀半ばからつい最近の20世紀半ばまで実際に稼働して岩塩を採掘していた場所です。約700年にわたる採掘により、深さ約327m、全長約287kmという、世界有数の規模の地下坑道ができました。現在、商業採掘はされていませんが、その採掘場の一部の約3.5kmの区間が観光施設として一般公開され、人気の観光地になっています。また、この岩塩坑は1978年にユネスコの世界遺産に登録されましたが、これはその年から始まった、世界遺産登録の第一号12物件のうちのひとつでもあります。

この記事の続きを見る


ドイツの歴史と伝統をカナダ、オタワで
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • 北アメリカ/カナダ/オタワ 
Stubbe Chocolatesの歴史は1845年5月9日、オランダの国境に近いドイツ北西の街Meppenにまで遡ります。代々引き継がれてきた家族の歴史が始まった時と場所、オーナーはハッキリと日付まで教えてくれました。そこからも、歴史と伝統にこだわるドイツのチョコレート職人のこだわりを感じる事が出来ます。現在のオーナーがカナダに来て30年ほど。そしてそこからカナダ・オタワでの歴史が始まりました。マジパンやヌガー、ナッツ類などドイツの味を引き継ぎ、チョコレートだけではなくクッキーやケーキなども全て最初からお店の工房で作られています。シェフが「職人の知識と技術がものを言う」といっていたトリュフの種類もたくさん!中に入れるものと外側のチョコレートの絶妙な組み合わせとバランスはシェフ次第。ドイツのアンゲラ・メルケル首相がカナダを訪れた時に提供され、彼女に喜ばれたトリュフがここにあります。トリュフやプラリネはショーウィンドーから好きなものを好きなだけ頼む事も出来ますし、箱詰めしてもらう事も可能です。

この記事の続きを見る


5、パイのように軽くて食べやすい「Home
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/シカゴ 
シカゴのピザというとディープディッシュの深皿でじっくりと焼き上げたモッチモチのパン生地に、溢れるトマトソースとたっぷりのチーズのシカゴピザを思い浮かべる方が多いと思います。が、今回はあえて全く逆路線の、しかしシカゴでもアメリカ国内でも1947年創業以来根強い人気とファンを持つ、 サクサクッと軽いパイクラストのような生地をベースにした、薄焼きのキッシュのような口当たりが軽く、ヨーロピアンな雰囲気のピザ屋さんをご紹介します。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。アクロポリス 営業時間 イースターに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介