page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「アザラシ 見学」の見どころ情報

アザラシ 見学に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「アザラシ 見学」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


迫力満点!岩場を埋め尽くすオタリアたち
  • テーマ:
  • 船・クルーズ
  • 行き先:
  • 中南米/ペルー/リマ 
豊かな漁場として知られるペルー沿岸には、その魚を餌とする海獣や海鳥の生息地がいくつかある。そうした野生動物を見学するクルーズでは、リマの南約260kmに位置するパラカス沖の「バジェスタス島クルーズ(ペルーガイド記事2010年3月12日を参照)」が有名だ。しかしリマからパラカスへはバスで片道4時間半ほどかかるため、いつでも気軽にとはいかない。そこでオススメしたいのが「パロミノ島クルーズ」。ペルーの玄関港カリャオから出港するこのクルーズは午前午後と1日2回開催されているため、思い立ったその日に参加することも可能だ。

この記事の続きを見る


テーマに沿った魚や海の生き物を入れた水槽。これはカラフルでキレイ!
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ボストン 
海のそばに建つニューイングランド水族館は、毎年100万人以上の人が訪れるというボストン観光名所の一つ。特にお子様連れには大人気のスポット! バラエティーに富んだ海の生き物たちが水族館の中で皆を待っています。ここの水族館では魚や海の生物を見る事はもちろん、ビデオや音声による解説があったり、実際に触れ合えるコーナーがあったりするので、子供はもちろん大人だって楽しむことができます。またココは観光客が楽しむ場だけでなく、遠足や課外授業などで地元や近郊の小学生達もやって来て海の生物達を学んだりする場としても大活躍しているんですよ!

この記事の続きを見る


グウィークにあるアザラシ救助センター
  • テーマ:
  • 動物
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イギリス/ロンドン 
The National Seal Sanctuary(アザラシ救助センター)はイギリス国内に3カ所で、そのうちの2カ所はイングランド、1カ所はスコットランドにあります。その本部は、コーンウォール地方にあるHelston(ヘルストン)から約9kmのGweek(グウィーク)。ロンドンから約7時間、ヘルフォード川の入江にあるアザラシ救助センターへ、イギリスの野生動物に会いにいってみませんか?

この記事の続きを見る


「アザラシ」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

(上)カフェやレストラン、バーがひしめき合う、一日中賑やかなフォチャの入江。(下)「フォチャシュク(『フォチャ大好き!』の造語)」モニュメント前での記念撮影も、お忘れなく。
  • テーマ:
  • リゾート
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/トルコ/イズミール 
エーゲ海沿岸の街であり、トルコの最大都市イスタンブール、首都アンカラに続く第三の都市でもあるIzmirイズミール。このイズミール近郊には美しいリゾート地が点在していますが、今回はトルコのローカルで賑わう庶民的な保養地Focaフォチャをご紹介しましょう。フォチャの興りは、古代ギリシャ時代にまで遡ります。イオニア地方の都市国家の一つだったフォカイア(古代ギリシャ語名)が、現在のフォチャ。古代から海上貿易と植民活動を盛んに行っていた、有力な都市国家だったと言われています。そんな歴史を持つフォチャは、現在では地元のトルコの人々に人気の夏の休暇先となっています。世界でも生息数の少ない地中海アザラシは、フォチャのトレードマークとして町のあちこちで看板やイラストで登場しています。

この記事の続きを見る


ハワイのサンゴ礁を再現した大きな水槽。色とりどりの魚に目を奪われます。
  • テーマ:
  • 動物
  • 行き先:
  • ハワイ/ハワイ/オアフ島 
海はハワイの魅力の一つですが、まだ幼い子供達にとっては、スノーケリングなどで海の中の生物を観察するのは、難しいときがあります。ハワイの海洋生物を楽しく学ぶのに、ワイキキ水族館は最適。ワイキキよりダイヤモンドヘッド側の海沿いにあります。

この記事の続きを見る


スコペロス島の、昔ながらの家並みが残る風景。
  • テーマ:
  • 映画のあの場所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ギリシア/アテネ 
スポラデス諸島の一つスコペロス島は、昔ながらの造りの家並みがよく残る、緑の多い美しい島です。また、小さな島にもかかわらず、360もの教会と26の修道院があり、信心深い人々の住む島でもあります。古代から人が住んでいた歴史もあり、スタフィロス村の遺跡、スタフィロス王の墓からはミケーネ、ミノア期の遺物も発掘されて、アテネ考古学博物館に収められています。教会や修道院などは、建物やそこからのすばらしい景色が島の見所の一つとなっています。お勧めは、パナギア・ファネロメニ教会、リヴァディオティサのパナギア修道院、エヴァンゲリストリア修道院など。「マンマ・ミーア!」で結婚式のシーンに使われたアギオス・イオアニス教会は島の北西部にあります。

この記事の続きを見る


地雷原がペンギン天国に! 南大西洋にあるフォークランド諸島へ行ってみよう その3
  • テーマ:
  • 動物
フォークランド諸島の続きです。では、実際にフォークランド諸島に行ってみましょう。この島へ行く観光客の目的の大半は、ペンギンをはじめとする野生動物を見ることです。フォークランド諸島で見られるペンギンはおもに3種類。皇帝ペンギンに次ぐ大きさのキングペンギン、猛スピードで泳ぐジェンツーペンギン、断崖を飛び跳ねながら登り降りするイワトビペンギンです。そのほかアザラシやトドなどの海獣類も観ることができます。ペンギンツアーはオーストラリアや南アフリカ、南極でも行われていますが、離れて見るだけ。しかしここフォークランド諸島では観光客が少ないため、コロニーの中まで入って行けるのが特色です。

この記事の続きを見る


ツアーでも行ける北極 その3 オーロラや野生動物を見に行くツアー
  • テーマ:
  • 大自然
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フィンランド/ロバニエミ 
さて、「北極ツアー」といっても、実は目的によっていろいろなツアーがあります。もっとも知られていて、行く人も多いのは「オーロラツアー」でしょうか? オーロラは北極圏に近い所でも見られるので、北極そのものではないにせよ「北極でオーロラを見よう」というくくりには入っていますね。ツアー料金も50万以内と手が届く範囲内です。有名なところをいくつかあげてみましょう。スカンジナビア半島では、フィンランドのロヴァニエミは北極圏のすぐ近く。有名なサンタクロース村は町の北8kmの北極圏にあります。ノルウェーのトロムソ、スウェーデンのユッカスヤルビは北極圏にある、オーロラの有名な観光地です。

この記事の続きを見る


ツアーでも行ける北極 その2 ホッキョクグマ、セイウチ…。北極で見られる動物たち
  • テーマ:
  • 大自然
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ロシア/ムルマンスク 
北極の続きです。さて、北極にはどんな生き物が暮らしているのでしょうか? 広く北極圏といってもすべてが氷に覆われているわけではありません。陸地では夏の間は気温が上がり、草木が育って動物たちが活動を始めるのです。たとえば人口30万人の北極圏最大の都市であるロシアのムルマンスクは、暖流の影響で北極圏にありながら不凍港を持っています。なので町の外には森林地帯が広がり、気温だって夏には平均気温が13度近くまで上がります(過去に32度を記録したことがあるとか)。これなら動物たちだって棲めますよね。

この記事の続きを見る


ツアーでも行ける! 地球最後の秘境、南極へ行くクルーズはどんなもの? その2
  • テーマ:
  • 大自然
南極旅行の続きです。南極観光の大きな目的に、野生動物の観察があります。とくにペンギンは見てみたいですね。南極やその周辺には、7種類のペンギンがすんでいます。アデリーペンギン、ジェンツーペンギン、マカロニペンギン、ヒゲペンギン、イワトビペンギン、皇帝ペンギン、王様ペンギン(キングペンギン)です。ペンギンで一番大きいのが皇帝ペンギン。次が王様ペンギンです。南極で一番多いのが小さなマカロニペンギン。ジェンツーペンギンは高速で海中を泳ぎ、イワトビペンギンはその名のように、崖をピョンピョン飛び跳ねながら上り下りするのが特色です。南極ではそのほかに、海生ほ乳類のアザラシやオットセイ、クジラやシャチを見ることができます。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。アザラシ 見学に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介