page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「アジア トップレス ビーチ」の見どころ情報

アジア トップレス ビーチに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「アジア トップレス ビーチ」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


世界的リゾート、インドのゴアはどのビーチがいいのか?(その3)アンジュナとアランボールビーチ
  • テーマ:
  • リゾート
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/インド洋ビーチ/ゴア(インド) 
(その2から続きです)インドのゴアの象徴は、やはりアンジュナビーチでしょう。ゴアがリゾート化される発祥の地です。その昔は「ヌーディストビーチ」とも呼ばれていました。しかしそれも30年前にはすでに伝説と化しており、時期にもよるのでしょうが、裸の楽園と言うほどではありませんでした。トップレスで日焼けする女性は世界中のビーチでわりといますし、昔も今もそんな程度のようです。アンジェナには昔はホテルがほとんどありませんでしたが、今では100軒近くのホテルがあります。そしてどの宿も、多くがヤシの木と田んぼが広がる内陸部に位置しているので、ビーチライフといった雰囲気ではありません。実はヒッピーたちは、当初はビーチライフを気に入ってゴアに住み付いたのでなく、キリスト教徒が多く、食べ物の禁忌が少なく、酒も安いので、穏やかな雰囲気のこの地に住み付いたように思えるのです。

この記事の続きを見る


「アジア ビーチ」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

ホテルの全景。プールで泳ぐことも可能
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • アジア/ベトナム/ムイネー 
ムイネーは日本人の間ではまだ知名度は低いですが、欧米人には比較的知られているビーチリゾート地で、ホーチミンからバスで5時間強の時間をかけて行くことができます。旅行者の間ではホーチミンとムイネーの2都市観光が人気で、ムイネーは2泊からから楽しむことができます。ムイネーのメインストリートはグエンディンチウ通り(Nguyen Dinh Chieu)で、この一本道にホテルやレストラン、安マッサージ店にお土産店などが集まっています。ここで紹介する「ジョーズ カフェガーデンリゾート」も同通りの中心にあり、立地抜群の環境となります。

この記事の続きを見る


熱帯雨林のなかに忽然と現れる、城郭のようなリゾート。これまでに賞に輝くこと100回以上の、名作リゾートです
  • テーマ:
  • ビーチ
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/ランカウイ島(マレーシア) 
静けさに満ちた、大人のリゾートとして人気が高いランカウイ島。島の北西、1000万年もの年月を重ねた熱帯雨林の中に、「ザ ダタイ ランカウイ」は佇んでいます。このリゾートが誕生したのは、1993年のこと。アマンリゾーツの創業者のエイドリアン・ゼッカー、建築家の故ケリー・ヒル、そしてインテリアデザイナーのディディエ・ルフォー、今では伝説のメンバーが立ち上げに関わりました。そして25周年を機に10カ月のクローズを経て、リノベーション。その指揮をとったのが、開業当時のメンバーのひとり、ディディエ・ルフォーでした。客室を刷新し、新たな施設「ネイチャーセンター」も加わった、このホテルの魅力をご紹介します。

この記事の続きを見る


  • テーマ:
  • 癒し
  • 行き先:
  • アジア/マレーシア/ペルヘンティアン島 
海外旅行先では、さまざまな出会いがありますよね。筆者は、海外旅行中に何度か恋愛したことがあります。今回は、筆者が20代でバックパッカースタイルでの旅の途中、訪れたマレーシアでの恋愛話をご紹介します。それは、マレーシアの東海岸のチェラティンビーチでの出来事でした。チェラティンビーチは、ウインドサーフィンなどのマリンスポーツのほか、布やTシャツに染め物ができるお店があったり、外国人に人気のスポットでした。筆者はウインドサーフィンショップにたびたび立ち寄り、ウインドサーフィンを教えてもらったり、お店のみんなでバーベキューをしたり、楽しく過ごしていました。しばらくしてオーナーのSさんと過ごす時間が長くなってきました。

この記事の続きを見る


  • テーマ:
  • 船・クルーズ
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/ビンタン島(インドネシア) 
アジア諸国を旅していると、フランス人の旅行者にけっこうな確率で会います。筆者がアジア諸国で出会ったフランス人は、欧州諸国の人たちの中でも独特な雰囲気を持つ人が多かったように思います。今回は、筆者とそんなフランス人とのエピソードをご紹介します。それは、筆者がシンガポールからインドネシアのジャカルタまで、船で旅した時の出来事です。シンガポールからインドネシアのビンタン島まで高速船で行き一泊し、翌日の朝、大きな船でジャカルタへ向かう航程でした。ほとんどの乗客はインドネシア人でしたが、外国人も一定数いました。そして、ビンタン島では部屋の絶対数が足りなく、外国人同士でホテルのツインルームをシェアして、泊まることになりました。

この記事の続きを見る


バリ島、ジンバランは夕陽の名所
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/バリ島(インドネシア) 
海外旅行、あなたは誰と行きますか? 私はしばしば海外旅行に行っていますが、たいていは一人、もしくは夫や娘など、家族と一緒に行くことがほとんどです。なかなか都合がつかないため、女友達と行くことはめったにありません。それでも、たまに同年代の友達と「女子旅」をするチャンスがあると、本当に楽しいです! もしもあなたが女子旅未経験の女性なら、気の合う友達を思いきって誘ってみませんか。

この記事の続きを見る


南国の空気感と調理される食材の匂いが立ち込める中、マレーシアの夜はふけていく。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/ペナン島(マレーシア) 
東洋の真珠とも称されるペナン島。首都クアラルンプールから飛行機で1時間半、マレー半島側とは橋でつながっているため長距離バスなども運行していてアクセスがよいのも魅力。マレーシアのリゾートアイランドとしてだけではなく、近年は長期滞在者にも人気のエリアとなっています。そのペナン島でぜひ訪れてみたいのがホーカーと呼ばれる屋台街。島内にはいくつものホーカーがありますが、今回ご紹介するのは屈指の繁華街ガーニードライブ(Gurney Drive)と呼ばれる海岸線に沿ってホテルやショッピングモールなどが並ぶエリア近くのガーニー・ドライブ・ホーカー・センター(gurney Drive Hawker Centres)。

この記事の続きを見る


映画『ザ・ビーチ』では、旅はこのバンコクのカオサン通りから始まる
  • テーマ:
  • 映画のあの場所
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
旅に出たくても旅に出られない。そんな時に家で「旅を感じられる映画」を観て、旅の気分を味わうというのはどうでしょう。映画館にも行けない日々でも、最近ではネット配信で気軽に映画を鑑賞できます。今回は旅気分が味わえる映画を3本紹介しますね。ただし、観光旅行ではないハードな旅です。自分の旅の参考にはなりませんが、「こういう旅もあるんだ」と別の旅のかたちに想いを馳せることができるでしょう。

この記事の続きを見る


カマラビーチに誕生したプーケットの一大プロジェクト・リゾート
  • テーマ:
  • ビーチ
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/プーケット島(タイ) 
オープン前からそのスケール感が話題となっていた、「インターコンチネンタル・プーケット・リゾート」が2019年11月にオープンしました。ラグジュアリーな総合リゾートエリアのラグーナエリア(バンタオビーチ)と、島随一の賑やかさを誇るパトンビーチの間に位置する、カマラビーチに位置しています。タイ最古の書物が説く“天国”をモチーフにした壮大なリゾートは、幹線道路を挟んでビーチサイドとヒルサイドに分かれて展開しているのがユニーク。これは海から地上、そして天国への一連の続きがモチーフになっているそうです。

この記事の続きを見る


「福隆海水浴場」で行われたサンドアートフェスティバルの様子
  • テーマ:
  • ビーチ
  • 行き先:
  • アジア/台湾/台北 
ビーチリゾートのイメージがない台湾ですが、夏に台湾を訪れたなら、台北から気軽にアクセスできる北東エリアの海水浴場へ行ってみてはいかがでしょうか?台湾北部屈指のビーチとして有名なこちら「福隆海水浴場」は、穏やかな波と美しい白い砂浜で人気の海水浴場です。ビーチの目の前にあるホテル「福容大飯店」が経営している海水浴場なので、シャワー・更衣室・トイレが整備されており、日帰りでも安心して楽しむことができます。こちらは入江になっているため、水の流れがとても穏やかで、子供の海水浴はもちろん、パラセイリング、カヌー、ウインドサーフィン、水上スキーなどのマリンスポーツも体験することができます。これらの道具やパラソルも全てこちらでレンタルできるので、丸一日楽しむことができるでしょう。また、毎年5月〜7月辺りには、「福隆国際沙雕芸術祭」と呼ばれるサンドアートフェスティバルの会場となります。世界数十か国のサンドアーティストたちがここに集結し、砂の彫刻の祭典が行われます。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。アジア トップレス ビーチに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介