page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「アストンワイキキビーチタワー」の見どころ情報

アストンワイキキビーチタワーに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「アストン」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


アストン
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/ロンボク島(インドネシア) 
バリ島の隣に位置するロンボク島は、バリに比べてまだまだ開発が進んでおらず、手つかずの自然や素朴な人々の暮らしがあちこちに見られる。そんなロンボクにあるギリトランワンガン、ギリアイル、ギリメノの3つの小島は、透明度の高い海とユルい感じで外国人観光客にも人気があるところだ。この小島のうち、いちばん大きいのがギリトラワンガン。大きいと言っても、歩いて一周できるほどの大きさで、しかもここでは船以外のエンジン付きの乗り物が禁止されているため、チドモと呼ばれる馬車か自転車だけが道路を走り、のんびりとした雰囲気が島全体に漂っている。

この記事の続きを見る


ピンクがテーマカラーになっているヴィラのリビング&ダイニングキッチン
  • テーマ:
  • ヴィラ・水上コテージ
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/バリ島(インドネシア) 
2010年10月1日、バリ島にまたひとつ新しいヴィラがオープンする。ハワイを拠点に世界展開するホテルグループ「アストン」がマネージメントを手がける「ヌサドゥア リトリート ブティックヴィラ リゾート&スパ」だ。場所はヌサドゥアのバイパス・ングラライから枝道に入り、ぐいぐいと斜面を登ったところで、周りには手つかずの自然が残されている。日々の忙しい生活から逃れて心身ともにリラックスしたいのなら、繁華街の喧噪から離れたこんな静かなロケーションがピッタリだろう。それでもショッピングや街グルメ、ビーチなどに行きたくなったら、無料シャトルバス(クタ地区1日2回、ヌサドゥア地区と指定ビーチには1日何回でもOK)が利用できるほか、リクエストすれば有料送迎もしてもらえるので、「ずっとヴィラにいて飽きてしまったらどうしよう」などという心配もいらない。

この記事の続きを見る


「アス」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

乾いた大地の間を流れるチグリス川
  • テーマ:
  • 遺跡
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/トルコ/ディヤルバクル 
トルコは、西はギリシャとブルガリアに接し、東はグルジア、アルメニア、イランと国境を接している。いつ、誰が決めたのか、イスタンブールの町を2分しているボスポラス海峡の西側はヨーロッパ大陸、東側はアジア大陸と。トルコのアジア大陸部分は日本で小アジアと呼ばれているアナトリア。その南東部はメソポタミア平野の一部に含まれ、チグリス川はここに源を発している。古代文明発祥の地であり、この辺りの町は紀元前からの非常に古い歴史を持つ。イスタンブールやカッパドキアを訪れることはあっても、南東アナトリアまで足を延ばす機会はなかなかない。古代史が好きな人にはたまらない魅力の南東アナトリアだ。

この記事の続きを見る


子供連れや若者でも賑わうリーガ・フェレウー通り。
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ギリシア/パトラ 
パトラのリーガ・フェレウー通りは、KTEL高速バス・ターミナルからも徒歩5分ほどの範囲で、市内の中心部にあります。数年前にコロコトローニ通りからグーナリ通りの間が歩行者天国となり、それ以来、年を通して人々で賑わっています。カフェやスウィーツの店、インテリア雑貨などの店をウィンドーショッピングするのが楽しい通りで、海岸と並行に市内を横切っている為、街中を移動するに便利です。高速バスからイタリア行きの船への乗り換えなどでパトラで滞在時間がある方は、この道を中心にして市内を巡るのが、ショッピングにもお茶するのにもお勧めです。この通りをグーナリ通りに抜けて、さらにまっすぐ進むと、有名な聖アンドレアス教会があります。パトラはキリストの12使徒の一人である聖アンドレアス(英語ではアンドリュー)の殉教の地であり、教会内には頭蓋骨などの遺骨やX型の十字架が納められています。是非足を延ばしてみてください。

この記事の続きを見る


聖アンドレアスの祝日当日、大主教を中心とする司祭一同、主賓の政治家たちが教会から出てきたところです。ミサが終わって聖体が担ぎ出されると、楽隊の演奏がはじまって
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ギリシア/アテネ パトラ 
ギリシャでは、町や島ごとに守護聖人が決まっています。その守護聖人の祝日には、その町だけが祝日扱い となり、もちろん学校も大半のお店もお休み。観光するときにはカレンダーにかかれていない、この祝日に注意してくださいね。今回紹介する、パトラの守護聖人であるキリストの使徒聖アンドレアス。殉教の地パトラは聖地として祭られています。聖アンドレアスの祝日は、11月30日。この日は、ギリシャ全土から観光客が押し寄せ、教会に入るのも列を作って相当待たないといけないので、見学も大変です。 とはいってもこの日しか味わえないギリシャの伝統行事を見ることができるので、是非逃さないように! 

この記事の続きを見る


ガイド記事

掲載日:2009-08-20
海から見るパトラの町並み。大きな教会が、聖アンドレアス教会で、灯台は昔のパトラ港のシンボルを移転して保存されたもの。灯台下はカフェになっています。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ギリシア/パトラ 
パトラは、ギリシャ国内でアテネ、テッサロニキに続く第3の都市です。といっても日本人の感覚では小さな海の町。昔からギリシャとイタリアを結ぶフェリーの発着地として栄えていて、現在はさらに大きく近代的な港の建設が進んでいます。船でパトラに近づいていくと目だつのが、海に面して建つ聖アンドレアス(聖アンドリュー)教会や、高台の要塞跡。パトラはキリストの12使徒の一人、聖アンドレアスが殉教した聖地としても知られていて、教会は観光名所のひとつです。パトラは、オスマン朝トルコのギリシャ占領時代などにひどく破壊されて、ミケーネ時代から続くパトラの歴史を外観から見ることはできませんが、市内各地から発掘された発掘品やローマ時代の邸宅などから見つかった素晴らしいモザイクなどは、パトラ新考古学博物館に展示されています。

この記事の続きを見る


パトラの海に面して堂々と建つ、聖アンドレアス教会
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ギリシア/アテネ パトラ 
ヨーロッパやアメリカにとても多いアンドレア、アンドレアス、アンドリュー、アンドレなどの名前を聞いたことがあるでしょうか。キリスト教の国々では名前は聖人にちなんで名づけられます。これらの名前の由来は全てアンドレアス、つまり、イエスの12使徒の中でも最初に弟子となった聖アンドレアスにちなんでつけられているのです。使徒アンドレアスは黒海やカスピ海沿岸で布教をし、その後南下して最後にギリシャ西方の港町、パトラで布教をしますが、奇跡を起こして有名になると当地の支配者や異教の聖職者の反感を買い、磔にされて殉教しました。ただし伝説がいろいろあって、ロシアでは布教をしつつキエフまでたどり着き、ロシアにキリスト教をもたらしたとされ、スコットランドでは遺骨がスコットランドまで運ばれたと信じられていて、守護聖人にもなっています。

この記事の続きを見る


モンジュイックにあるオリンピックスタジアム
  • テーマ:
  • サッカー観戦
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スペイン/バルセロナ 
欧州屈指のビッククラブであるFCバルセロナの試合を見たいと思っても、その週がたまたまアウェー戦だったりすることもある。そこでバルセロナでのサッカー観戦を諦めるのは早い。ここにはリーガエスパニョーラで戦うもう1つのチームがあるからだ。それが「RCDエスパニョール」。2002年ワールドカップの日本代表だったFW西澤明訓(現清水)が所属したクラブといえば、ピンと来る人もいるだろう。発足は1900年とバルサより1年遅いだけだが、人気面では圧倒的なバルサに押されがち。両者の関係をJリーグに当てはめると、浦和レッズと大宮アルディージャのような感じかもしれない。

この記事の続きを見る


ランダム更新!本日のおすすめ見どころ・ガイド記事

世界遺産の山岳鉄道、カルカー・シムラー鉄道に乗る
  • テーマ:
  • 鉄道
人類が共有すべき、普遍的価値をもつものを登録した世界遺産リスト。一般的に遺跡や街並み、手付かずの自然などが該当するように思われますが、鉄道にもいくつか世界遺産となっているものが存在します。オーストリアのセメリング鉄道や、スイスのレーティッシュ鉄道の主要路線、そしてインドの山岳鉄道群などがそれ。そのうちインドの山岳鉄道は、インドの異なる場所に敷設された3つの鉄道から成るものです。最初に登録されたのが北東インドのダージリン・ヒマラヤ鉄道で、2005年に南インドのニルギリ山岳鉄道が拡大登録されました。そして2008年に再度拡大登録されたのが、カルカー・シムラー鉄道です。

この記事の続きを見る


パタヤから1時間ちょっとクルージングすると見えてくるヤイ島。パタヤの海水浴はぜひココで!!
  • テーマ:
  • ビーチ
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
バンコクから一番近いリゾート地といえばパタヤ。バンコクからバスに揺られてたった3時間、お値段も77バーツ(約231円)と超お手軽に行けちゃう南国リゾートです。いや、リゾート風?? というのは、バンコクから近いだけに海の青さも透明度もぶっちゃけイマイチ。プーケットの海を想像されると「えぇぇぇッ!?」ってことになりかねないので、あんまり期待してはいけません…というのが、パタヤのイメージでしたが、私、つい最近パタヤの印象がガラリと変わりました。見つけたのです、穴場を!

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。アストンワイキキビーチタワーに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介