page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「アブダビ」の見どころ情報

アブダビに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「アブダビ」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


マダガスカルはどんなところ?
  • テーマ:
  • 動物
  • 行き先:
  • アフリカ・他/マダガスカル/アンタナナリボ 
アニメ映画『マダガスカル』で、すっかり世界に名前が知られたマダガスカル。日本からは遠い未知の国ですが、旅好きの中には、憧れの国のひとつに挙げる人もいます。かつてはバンコク経由がありましたが、現在は運行していません。今では、エミレーツ航空で、ドバイ、モーリシャス経由か、エティハド航空で、アブダビ、セーシェル経由が一般的です。飛行時間だけで概ね24時間かかりますので、かなり遠い国ですね。東南アジア経由ならば、かなり時間を節約できたのですが……。そんなマダガスカルは、世界で4番目に大きな島です。アフリカ大陸のすぐそばにありながら、海流に乗ってインドネシア系の住民たちがボルネオ島南部から移住してきたことで知られています。そして東アフリカから渡ってきた人々と混在していったのです。今でも食事は、インドネシアと同様の、ぶっかけ飯や焼きそばなどがあります。

この記事の続きを見る


「エティハド」とはアラビア語で「和合」。100機と101機の受領を今年行った
  • テーマ:
  • エアライン・空港
アラブ首長国連邦の国営エアライン、エティハド航空は2003 年 に運航を開始、2013年には1150万人の乗客を記録。今年、最速で100機目と101機目を受領し、商業航空業界史上、最も著しい成長を遂げたエアラインとして知られる。アブダビ国際空港をハブとして現在、中東、オーストラリア、ヨーロッパ、北米、アジアと103ヵ国に就航(貨物便就航都市を含む)。日本からは成田〜アブダビ間をデイリーで、また名古屋〜アブダビ間を北京経由で週5便運航。アブダビはもちろん、そこからヨーロッパ、アフリカ各都市などへの乗り継ぎ網は驚くほどに充実する。

この記事の続きを見る


日本からは名古屋、成田からアブダビまで週5便を運航。エティハドとはアラビア語で、「統一」「連合」といった意味を持つ
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/アラブ首長国連邦/アブダビ 
映画「セックスアンドザシティ2」の舞台となり、一躍、話題のスポットになったアブダビ。そのアブダビを拠点とするのがエティハド航空だ。2010年2月に名古屋・中部国際空港に、続いて3月には成田国際空港に就航して日本発着エアラインのニューフェイスとして登場。企業としても2003年に誕生という新しいエアラインだが、豪華な設備とサービスで一躍、インターナショナルな空の顔として活躍している。中東はもちろん、ヨーロッパ、南アなど就航都市を拡大中だ。

この記事の続きを見る


ドバイから砂漠景色を通り、約2時間でアル・アイン動物園です
  • テーマ:
  • 動物
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/アラブ首長国連邦/アブダビ 
U.A.E.(アラブ首長国連邦)への滞在は主に一番発展してるドバイがメインですが、その他首長国だって見所はたくさん! ドバイでリゾートやショッピングにグルメを十分楽しんだなら、一日位は他の首長国に行くのもお勧め! 今回紹介するのは、ドバイから車で約2時間の首都アブダビにあるアル・アイン(Al Ain)という街の大きな動物園。1967年に創られ、860ヘクタールの敷地を持つこの動物園は、中東の中でもかなりの大きさを誇る!! 気合を入れて歩かないといけません。

この記事の続きを見る


「アブ」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

屋根の上は遠いので望遠レンズが必要ですね……
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/韓国/ソウル 
「『かわいい!』ソウルの伝統建築には動物モチーフの像がいっぱいです(その2)」からの続きです。さて、神獣ウォッチャーのあなた(?)、視線を建物の屋根に転じてみてください。宮殿などの伝統建築の屋根の上、四方の隅棟(すみむね。屋根と屋根のつなぎ目に当たる山折部分)に、点々と連なっているものが見えるでしょう。遠目からは馬具の「あぶみ」のようにも見えるそれらのものは、「雑像(チャプサン)」と呼ばれる、一種の土偶なのです。

この記事の続きを見る


エジプト・誇り高きヌビア人の住む地方を訪れる旅
  • テーマ:
  • 遺跡
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/エジプト/アブ シンベル 
エジプトの南からスーダンのハルツームにかけてのナイル川流域は、古代から「ヌビア(黄金)」と呼ばれていました。ヌビア地方には、アラブ人とは異なる風貌を持つ人たちが古代から住み、商人や奴隷、傭兵の姿で、多くの遺跡にレリーフとして描かれています。紀元前8世紀には70年に渡って3人のヌビアの王が、黒いファラオとしてエジプトを治め、第25王朝を築きました。ヌビア人は、肌が黒く縮れた髪を持ち、アラブ人でもアフリカ人でもないヌビア人としてのアイデンティティーに誇りを持つ人たちです。明るく人懐こくてホスピタリティに富み、わたしたち旅人を温かく迎えてくれます。

この記事の続きを見る


ボヘミアな雰囲気が漂うLONDON
  • テーマ:
  • お酒・バー
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スペイン/バルセロナ 
カフェ・バー文化が盛んなヨーロッパ。ここバルセロナでもいたるところでBAR(バール)を見かけます。イギリス・アイリッシュスタイルのPUB(パブ)も人気で、市内では沢山見かけることでしょう。今回ご紹介するスポットはちょうど今年で創業100年となる、バルセロナでも老舗のパブ「LONDON BAR」(ロンドン バー)です。地元の人でも賑わうボヘミアな雰囲気漂うバーで食後にお酒を楽しんではいかがでしょうか!?

この記事の続きを見る


博物館の入口です。道をはさんだ向かいに看板があります。
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/エジプト/カイロ 
贅沢な生活でエジプト経済を破たんさせた、ムハンマド・アリ朝のエジプト総督であるケディブ・イスマイルによって、アブディーン宮殿は1863年に建てられた王宮です。ヨーロッパ風の豪華な装飾で、総督と家族の住居だったのが、1952年エジプト革命以降現在では政府の公邸として使われています。そのため警備の軍人が多く、正面玄関は入場不可で写真撮影さえもできません。しかし建物の一部が博物館となっており、正面から右にまわって行くと横側に入口があり、そこだけ入ることができます。アブディーン宮殿の博物館は、思ったよりも広く中身も充実していて、武器博物館、メダルとデコレーションの博物館、ムバラク大統領寄贈品博物館とシルバーウエア博物館のセクションに分かれています。

この記事の続きを見る


入口のラムセス2世の頭の上に22体のヒヒが両手を挙げている像がかわいいです。左から2番目の像の頭は落ちていて、下に転がっています
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/エジプト/アブ シンベル カイロ 
世界遺産であるアブ・シンベル神殿には、岩壁を切りぬいた、大神殿と小神殿の2つの巨大な岩窟神殿があります。この神殿は、紀元前13世紀頃に、古代エジプト史上最も有名なファラオである、ラムセス2世によって建設されました。ラムセス2世の像は各地に残されていますが、ここでは最も大きく最も多くの像が何体も神殿に置かれています。特に大神殿には、およそ20mの彼の座像が入口に4体も鎮座しているのに圧倒されます。中に入ると8体の神の姿をしたラムセス2世が両側に4体ずつ天井から地上までの柱になっていて迫ってくるようです! 中に描かれたレリーフも、ラムセス2世の戦争での勇姿が描かれていて壮観です。

この記事の続きを見る


上エジプトの人々の暮らしや田舎の景色が、独特なデザインの図柄で刺繍され、1枚の絵になっています。額に入れて飾っても素敵です
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/エジプト/カイロ 
オールドカイロのエリアのすぐそばに建つ、黄色い大きな建物、それがスーク・エル・フスタートです。洗練されたハンディ・クラフト系の高級なお店が集まっています。日本のガイドブックにも載っている、エジプトのボディ・ショップ!という噂の「ネフェルタリ」も入っていて、香料や保存料を使わないナチュラルなボディケアのグッズが売られています。エジプトの環境保護協会である、「アペ」のお店では、リサイクルしたものを使ったグッズ、封筒などの紙製品、ラグ、パッチワークなどがおいてあります。さらに上エジプト協会のお店では、伝統的な手法に基づく刺繍が売られています。カラフルな色合いで、見ているだけでも楽しいです。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。アブダビに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介