page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「アムステルダム オランダ料理」の見どころ情報

アムステルダム オランダ料理に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「アムステルダム オランダ料理」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


ビターバレン(左上)、ルンピア、チーズなどビターガルニトゥール(Bittergarnituur)の盛り合わせはビールのおつまみに最高!
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
オランダ食文化の特徴は、大きく三つの地域に分類されます。畜産業が盛んで、ドライソーセージや燻製ソーセージ、ジビエが豊富な北東部、北海の恵を享受し、ムール貝、牡蠣、ヨーロッパウナギやエビといった魚介類が広く食される西部、高級料理が発展し、伝統的なオランダ料理の基礎が形成された南部です。プロテスタント文化圏の食文化は質素といわれますが、NGOオックスファムの「健康な食事」ランキングでは、最も栄養価が高く、豊かで健康的な食事を取っている国として、オランダが一位を獲得しています。アムステルダムでぜひ味わってほしいオランダの伝統料理とおすすめのレストランをご紹介します。

この記事の続きを見る


人気のサンデーブランチは前菜からデザートまでフルカバー
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/ユトレヒト 
ユトレヒトは中世の面影残る美しい古都であると同時に、国際見本市会場もあるビジネスシティでもあります。ファンダーファルク ホテル フィアーネは、ユトレヒト観光とビジネスの双方に活用できるホテルといえるでしょう。入り口までのユニークな天井画がまず目を引きます。ホテルのロビーはシンプルでもモダンなインテリア。ゴ-ジャスでも装飾過多ではないスタイリッシュな空間が、旅行者やビジネスマンを出迎えてくれます。

この記事の続きを見る


パイプオルガンを臨むビアカフェ
  • テーマ:
  • お酒・バー
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/ユトレヒト 
中世のユトレヒトは司教区であったため、旧市街には沢山の教会が建造されました。現在は教会として稼動しているものもあれば、博物館や店舗などに改装されている教会もあります。ユトレヒトの旧市街にあるオリヴィエ。現在はビアカフェ、及びレストランであるオリヴィエも、元は17世紀に建造された教会でした。カフェ内部には教会時代のパイプオルガンや聖母像などがインテリアとしてそのまま生かされ、壮麗な装飾だけでも一見の価値があります。またところどころにあしらわれたノスタルジックなアンティーク家具も、私たちの心を和ませてくれます。

この記事の続きを見る


風情ある昔の建築を活用したマック
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
せっかくオランダに来たのだからオランダらしいものを食べてみたい。旅行者の誰もがそう思うでしょう。しかしガイドブックに書いてある場所は遠いし、何を食べたらいいのかわからない。レストランは入りづらい。時間がない。一人旅でも気軽に入れるところはないか。そんな悩みを抱える人も多いはず。オランダ独特のものを食べたいけど、オランダ初心者にもわかりやすくて、一人でも大勢でも気軽に入れる、サービスも早く値段も安い。そんなわがままをかなえてくれる場所があるのです。

この記事の続きを見る


「アムステルダム」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

ヘルダーランドプレインは食料品や生活雑貨、衣類などがそろうショッピングモールです。
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
海外旅行中に和食を食べたくなることはありませんか?現地の料理も美味しいのですが、パンや脂っこい肉料理ばかり続くと、日本の素朴なおにぎりやお刺身が恋しくなります。体調を崩してしまった時も、心身を癒してくれるのは食べ慣れた日本のお粥やスポーツドリンクです。アムステルダムにはスーパーマーケットやアジア食材店など、日本食材を購入できるお店がいくつかあります。中でもお勧めなのは、アムステルダム南区のショッピングモール『ヘルダーランドプレイン (Gelderlandplein)』にある日本・韓国食材店『Shilla』です。

この記事の続きを見る


炭火で目の前で焼いてくれる
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
私たちがケバブと聞いてイメージするのがドネルケバブでしょうか。グリルされた巨大なお肉の塊を削って、野菜と一緒にパンなどに挟むあれです。オランダをはじめ欧州各国でもドネルケバブは一般的なスナックとして定着していますが、ドネルの他にも様々なケバブがあります。串焼き肉タイプのケバブは日本でもトルコ料理レストランなどでお馴染みですよね。オランダのトルコ料理屋もレストランタイプからファーストフードタイプまで様々ですが、ここ最近注目を浴びている人気のレストランがアムステルダムにあります。

この記事の続きを見る


桜の木が印象的なディスプレイ
  • テーマ:
  • ビューティー
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
オランダで大ブームのRITUALS(リチュアルズ)。ここ数年で飛躍的に店舗数を伸ばし、アムステルダムやユトレヒトなどの主要駅構内、さらにはスキポール空港にも店舗がある大人気の自然化粧品のブランドです。店舗の特徴として、店内は目に優しい間接照明、造花の大きな桜の木が中央に位置しています。主要な商品はスキンケア製品ですが、コスメの他にルームウェアやインセンス、さらにはお茶など生活に潤いを与えるプロダクトに力を入れています。なぜRITUALSがこんなに流行っているのか。筆者は美容に興味がなかったため、最初は全く理解できませんでした。しかしその理由は2019年の夏、ヨーロッパを襲った猛暑日にわかりました。

この記事の続きを見る


2019年6月、次なる100年の歩みに向けて出されたKLMオランダ航空の動画広告のトップ画面
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
夏から秋にかけて、巨大台風がどんどんやってくる日本。世界各地でも異常気象が続いています。その大きな原因と考えられる地球温暖化への対策として、ハイブリット車や省エネ型家電など、急速に環境保護への取り組みが進んでいますよね。航空業界にもこの波は押し寄せています。今年の10月19日で創立100周年を迎えるKLMオランダ航空は、今年6月末「フライ・レスポンシビリ(責任ある航行)」を提唱し、他航空会社や提携会社に向けて、持続可能な航空産業への協力を呼びかけました。自社のサステイナブル技術のノウハウもオープンにして、利害を超えて航空業界全体で「地球に無害な飛行」を進めていこうというのが狙いです。

この記事の続きを見る


「アンネの日記」は1947年にオランダ語で出版され、60以上の言語に翻訳されています。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
アムステルダムにある隠れ家といえば、世界的にも有名な『アンネ・フランクの家 (Anne Frank Huis)』です。第二次世界大戦中の1942年から約2年間、ナチスの迫害を逃れるために、アンネの家族や知人ら8人が暮らしていた隠れ家が、博物館として公開されています。回転式の本棚で隠された入口の向こうには、当時の生活が偲ばれる家具や調度品がそのまま残り、「アンネの日記」が綴られた屋根裏部屋も保存されています。穏やかな光が降りそそぐ室内に佇むと、ある日突然ゲシュタポに踏み込まれ、強制収容所に送られたアンネの不運に胸が締め付けられます。オランダには『アンネ・フランクの家』の他にも、数々の隠れ家がありました。ナチスのユダヤ人迫害に抗議したオランダ人が、ユダヤ人をかくまっていたのです。『アンネ・フランクの家』では、ユダヤ人迫害の歴史や人種差別に関する展示も行っています。

この記事の続きを見る


クールなインテリアデザインの児童室
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
オランダの首都であり、旅行者にとっては観光のハイライトでお馴染みのアムステルダム。有名な観光スポットは世界遺産でもある環状運河内に多々ありますが、新興開発地区にも意外な穴場が結構あるのはご存じでしたか?アムステルダム中央駅の東側、NEMOこと科学技術博物館の対岸にあるオーステルドク地区。オランダらしい大胆でモダンな建築が並ぶエリアです。オーステルドクの一端にそびえる威風堂々とした高層建築。ファッションビルのような趣ですが、実は公立図書館「アムステルダム中央図書館」なのです。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。アムステルダム オランダ料理に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介