page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「アメリカ クリスマス 観光」の見どころ情報

アメリカ クリスマス 観光に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「アメリカ クリスマス 観光」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果36

1 2 3 4 末尾 次へ


充実の展示内容!
  • テーマ:
  • スポット
  • 行き先:
  • 北アメリカ/カナダ/オタワ 
植民地時代から現代までの歴史を「戦争」という視点を元に展示してある博物館。戦うことだけではなく、それぞれの時代の背景や、人々の生活の様子などまで細かく展示/解説してくれているので、色々な事を学ぶことができ、考えさせられます。それぞれの時代や戦争ごとに分けて展示してあるので、とても見やすく限られた時間内でも展示を選んで見学する事が出来ます。

この記事の続きを見る


ピエタ像が安置されたグロット
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ポートランド 
ポートランドにある庭園「ザ・グロット(The Grotto)」は、正式名称を「ザ・ナショナル・サンクチュアリー・オブ・アワ・ソローフル・マザー(The National Sanctuary of Our Sorrowful Mother)」というカトリック教派のサンクチュアリーです。通称となっている「グロット」とは、日本語で窟(いわや)、つまり岩壁にできた洞穴のこと。創立者のメイヤー神父は、110フィート(約33.5メートル)もの高さになる岩壁のあるこの場所が「自然の大聖堂」だと考え、母を救ってくれた神に捧げる祭壇を作るべく、15メートルほどの巨大な洞窟を整備しました。そしてミケランジェロの 「ピエタ(キリストを抱く母マリアの彫刻)」 を模した大理石の彫像を安置したのです。

この記事の続きを見る


名前に藤が付いているけれど、藤の仲間ではない?
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • 北アメリカ/カナダ/バンクーバー 
春の花が見られる海外のスポットを紹介してきた「海外へ旬の花を見に行こう!」シリーズ。今回はカナダのバンクーバーとその近郊の、春の花スポットを紹介します。カナダの西海岸の都市バンクーバーまでは、東京からなら直行便で8時間半から9時間です。ここでまず紹介するのは、市内にあるバンデューセン植物園のキバナフジです。英語では「ラバーナム」、または「ゴールデンチェーン」と呼ばれるキバナフジ(キングサリ[金鎖]とも)はマメ科の樹木で、5〜7メートルの高さについた葉の脇から垂れ下がった枝に、小さな黄色い房状の花を密集してつけて咲きます。その見た目が藤の花のように見えることから、「キバナフジ」と名がついたのですが、マメ科の植物です。もともとはヨーロッパ原産の植物で、寒さに強く、向こうでは街路樹として植えられることもあるようです。

この記事の続きを見る


グランドセントラル駅のプラットホームは、すべて地下にあります。様々な映画の舞台になりました
  • テーマ:
  • 映画のあの場所
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ニューヨーク 
ニューヨーク市マンハッタンで、一番大きなターミナル駅のグランドセントラル駅。ここにはニューヨーク郊外とマンハッタンを結ぶ路線が集まっていますが、今回はその中の一つであるメトロノース鉄道のハドソン線を紹介しましょう。これはその名の通りハドソン川沿いに走る路線で、郊外に出るととてもニューヨークとは思えない自然に溢れた景観になります。終点はポキプシー駅で、駅数は29駅。長さは約119km。終点まで乗ると、2時間弱かかり、急行と普通列車があります。バブル期には、このニューヨーク郊外に日本人ビジネスマンが多く住んでおり、電車の中で彼らが皆、日経新聞を読んでいる姿がアメリカ人には奇妙に映ったとか(まだネット以前の時代です)。

この記事の続きを見る


ハムはプレートに乗り切らなかったので別皿で来た。サイドティッシュだけでもお腹がいっぱいになりそう
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ニューオーリンズ 
「ニューオーリンズの庶民派おすすめレストラン マザース」前編からの続きです。メニューは、アメリカでは軽食の部類に入るのでしょうが、日本人にはボリュームたっぷり。ニューオーリンズ名物のサンドイッチ「Po’Boy(ポーボーイ)」は、レギュラーが11〜18ドル、スモールが10〜17ドル。パンはフランス領だった影響か、バゲットになっています。レギュラーもスモールも値段はあまり変わらないので、正直言って2人ならレギュラーにして半分ずつで丁度いい量です(笑)。もしくはそれにポテトサラダやフレンチフライ(3.5ドル〜)といったサイドディッシュをつけてもいいでしょう。値段が安いのはチキン、高いのはオイスターやシュリンプなどが具です。

この記事の続きを見る


オレゴントレイルの終着点、ウィラメット滝
  • テーマ:
  • 歴史
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/オレゴンシティ 
オレゴンシティは、ポートランドから車で南に30分ほどの距離にあるオレゴン州最古の街。ウィラメット川沿いにあるこの街は、19世紀、西部開拓時代にアメリカの開拓者達が旅した主要道の一つ「オレゴントレイル」の終着点としても知られています。当時のオレゴントレイルの旅は幌馬車によるもので、始発点のミズーリー州カンザスからオレゴンシティまで、大陸の半分にあたる2,170マイル (3,500 km)の距離を半年ほどかけて旅したそうです。そんな歴史を感じられるこの街に足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

この記事の続きを見る


現在もコンサートやショーなど、様々なイベントが行われるラジオシティミュージックホール
  • テーマ:
  • 映画のあの場所
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ニューヨーク 
「スケートリンクと展望台が人気! ロックフェラーセンター」その2からの続きです。もう一つ、観光名所となっている建物があります。それは1932年に開場した「ラジオシティミュージックホール」です。建物は、のちにモダニズム建築を多く造る建築家エドワード・ダレル・ストーンの初期の作品で、まだアールデコ様式です。収容人数は約6000人で、劇やショー、コンサートホール、映画館などに使われています。ミュージカルのアカデミー賞ともいうべき、トニー賞の受賞式もここで行われています。また、クリスマスシーズンに行われる「ラジオシティ・クリスマス・スペクタキュラー」というショーは、1933年から続くという伝統あるもの。ダンスチームのロケッツによるラインダンスは有名です。12月上旬から1月最初の週ぐらいまでがショー期間なので、この時期にニューヨークを訪れるなら、チェックしてみてください。また、普段は劇場内部を見学する「ステージ・ドア・ツアー」も行っています。●ラジオシティミュージックホール公式サイトwww.msg.com/radio-city-music-hall

この記事の続きを見る


センターの中心となるコムキャストビルが完成したのは1933年
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ニューヨーク 
「スケートリンクと展望台が人気! ロックフェラーセンター」その1からの続きです。19のビル群からなるロックフェラーセンターですが、そのメインの建築家は、1920年代から30年代にかけてアメリカの多くの高層ビルを手がけた、レイモンド・フッドです。彼により、アールデコ様式の摩天楼がアメリカ各地で定着するようになりました。彼による新聞社のデイリーニュースビルは、スーパーマンがクラーク・ケントとして働いているデイリー・プラネットビルのモデルとして知られています。さて、そのレイモンド・フッドが手がけ、このセンターの中心となるコムキャストビルが完成したのは1933年のこと。このビルは所有者によって名前が変わり、1988年まではRCAビル、そして2015年まではGE(ゼネラルエレクトリック)ビルと呼ばれていました。この中には、米テレビの3大ネットワークであるNBCの本社が入っており、NBCスタジオツアーも行われています。

この記事の続きを見る


できれば避けたい混雑時期を知る
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/アナハイム 
「カリフォルニアのディズニーランドへはじめて行くなら、これは知っておこう」前編からの続きです。日本でもそうですが、ディズニーランドが混雑する時期の待ち時間は半端じゃありません。そこでできるだけ、そうした時期に行くことは避けたいのですが、日本とアメリカでは祝日や学校の休みが違うので、当然ピークシーズンが異なります。着いてから「あれ?なんでこんなに混んでいるのだろう」ということにならないように、混雑シーズンは知っておいた方がいいですね(もちろんそんな時期はホテルも混み、料金も値上がります)。まずは年末年始。アメリカはクリスマス休暇が長いので、クリスマスの1週間前の週末から年内いっぱいは混雑が続きます。ただし年始はあっさりしているので、ピークは1月2日までです。次に混むのはハロウィーン時期、7月4日の独立記念日、6月中旬から8月中旬の夏休み(日本と一ヶ月ほどズレているので注意)の2ヶ月。この時期は、早めに入場できる特典も、人が多すぎてあまり効果がありません。

この記事の続きを見る


食虫植物が群生するダーリングトニア・ステートナチュラル・サイト
  • テーマ:
  • 大自然
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ポートランド 
オレゴンコーストは、約600kmも続く太平洋を望む海岸線。「オレゴンの七不思議」の1つとしても選ばれている人気観光地です。そんなオレゴンコーストを旅する機会があるならば、アストリア、キャノンビーチから南に下り、ニューポート、フローレンスの方まで足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。オレゴンの自然を体感できるスポットがいくつもありますよ。例えば、それほどメジャーではないのですが、私のお気に入りはコブラユリが群生する「ダーリングトニア・ステート・ナチュラル・サイト」です。

この記事の続きを見る


1 2 3 4 末尾 次へ


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。アメリカ クリスマス 観光に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介