page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「アメリカ 南部 治安」の見どころ情報

アメリカ 南部 治安に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「アメリカ 南部 治安」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


独立記念日を祝う特設会場「フォンダ」にて男女対になって国民舞踊「クエカ」を踊る人々
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • 中南米/チリ/サンチアゴ 
毎年9月18日はスペインからの独立を果たしたチリの記念日。そして2019年もやってきましたチリの独立記念日週間!そこら中にチリの国旗が飾られ、学校や会社も1週間近く休みになって国をあげて祝います。学校では、休みが始まる前に、保護者を学校へ招いて子供達がチリの各部族の舞踊を披露する発表会が行われます。また会社勤めをしている人たちは、休暇前に会社で社員が全員揃って巨大なお肉を焼いて食べる独立記念日を祝うバーベーベキューパーティーをしたりしてお祝いをします。

この記事の続きを見る


アティトラン湖と山
  • テーマ:
  • リゾート
  • 行き先:
  • 中南米/グアテマラ/パナハッチェル 
グアテマラの南部に位置するアティトラン湖は、周囲を3000メートル級の山々に囲まれた、風光明媚な高原のリゾート地です。日本ではあまり知られていませんが、欧米人にはそれなりに知られています。グアテマラの治安は、首都グアテマラシティを筆頭に、都市部ではあまり良くないのですが、そこから離れたアティトラン湖周辺の村々はいたって平和。のんびりとし、さらに安宿やレストラン、バーやカフェ、土産屋なども充実しており、長期滞在の旅行者が多くいます。標高は1500メートルほどと年間を通じて気候も穏やかで、空気も澄んでいるのです。僕も一週間ほど滞在しましたが、いるだけで気持ちがいい所なのですね。どの村もこぢんまりとして、きれいでゴミも落ちていません。きれいなところは治安がいいのも、世界的な傾向で、そんな村々で旅行者たちはのんびりとくつろぎ、スペイン語学校に通ったり、ヨガスクールに通ったりしているのです。

この記事の続きを見る


大通りから一本裏にレストランの入り口がある
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/メンフィス 
アメリカ南部、テネシー州の大都市メンフィスは、国際バーベキュー(以下BBQ)大会が開催されるほど、BBQ料理が盛んな都市です。BBQはもともと豚や牛のリブなどの柔らかくない肉を、低温で長時間かけて蒸し焼きにし、柔らかくして食べる料理です。これはアメリカ南部で始まった料理と言われ、調理には煙や臭いが出るのでふつうは屋外で行われます。時間をかけて焼くのがBBQで、半日以下で焼く場合はBBQではなく「グリル」に分類されるのだそうです。私は屋外で焼けば、みなBBQだと思ってました。とすると、日本のキャンプ場でしているのはBBQというよりグリルなんですね。それはさておき、メンフィスにはBBQの店がたくさんありますが、今回紹介するのは1948年創業という老舗「ランデブー Rendezvou」です。メンフィスを訪れた有名人が必ず訪れるような名店で、2006年には小泉元首相もブッシュ元大統領と昼食に訪れたんですよ(店内にはその写真も飾ってあります)。

この記事の続きを見る


毎夜、ゴギゲンな演奏が聴けるB.B.King
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/メンフィス 
メンフィスのビール・ストリート、その1からの続きです。B.B.キングの店の名は「B.B.King Blues Club」。そのままですね(笑)。B.B.が亡くなった今も、この通りの超人気店で、メンフィスに来たら一度は訪れたい店です。場所はビール・ストリートの西端。ちょうど歩行者天国になるあたりで、いつも警官が立っているので治安も問題ありません。開店時間は11:00〜24:00まで。金と土曜の夜は翌2時までです。ステージでのライブは夜の19時ごろから。だいたい40分演奏して、20分休み、また始めるといった具合。ひと晩に2グループが出ます。この通りの店にしては珍しくチャージがかかるのですが、それでも5〜10ドルといったところ。バーエリアとテーブル席があるので、食事をしたい方は入り口で「食事をする」というとテーブルに案内してくれます。

この記事の続きを見る


一人旅ならさらなる注意を! アメリカ南部最大の都市、アトランタの治安について
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/アトランタ 
アメリカ南部最大の都市と言えば、ジョージア州・アトランタ。1996年に夏季オリンピックが開催されたことでも有名ですよね。コカ・コーラやデルタ航空、CNNなどの世界的大企業が本社を構えるアトランタは、南部の商業や経済の中心地でもあります。しかし大都会ならではの華々しい雰囲気がある一方で、残念ながらアトランタの治安は決して良いとはいえません。

この記事の続きを見る


ガイド記事

掲載日:2013-10-29
ペルー旅行の準備情報
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • 中南米/ペルー/リマ 
■治安日中のリマ新市街は比較的安全だが、スリや置き引きは日常的に発生しており、荷物の管理には細心の注意が必要。旧市街のアルマス広場周辺には観光ポリスがいるが、表通りから逸れると犯罪発生率がぐっと上がる。夜間の外出には特に注意。また、流しのタクシーによる強盗や誘拐事件もある。空港からの移動は、旅行会社や宿泊予定のホテルに依頼するのが望ましい。■トラブルに巻き込まれた時強盗に遭遇した場合は絶対抵抗せず、すぐに荷物を渡すこと。抵抗したために銃で撃たれるケースが多発している。荷物を盗まれた場合は、最寄りの警察署で「盗難証明書」を発行してもらうこと。二次被害を防ぐため、日本大使館(+51-1-219-9500/代表)に連絡するのが望ましい。■マナーや宗教・チップホテルやレストランを始めチップの習慣あり。ポーターやルームサービス、ベッドメイキングに対してのチップを忘れずに。町の定食屋ではチップは不要だが、レストランでは10%前後のチップを置くのがマナー。また、民族衣装を着た地元の人を撮影しお金を要求された場合には、1ソル〜1US$を払おう。彼らにとってそれは仕事であり、外貨獲得の貴重な手段だからだ。

この記事の続きを見る


「アメリカ 南部」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

ショーケースの中でひときわ目をひくレッドベルベットクロワッサンは、ビーツの赤が鮮やかなパリパリのクロワッサンにクリームチーズのアイシングをトッピング
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スウェーデン/ストックホルム 
石畳の広場、オブジェの向こうに佇む建物の1階にあるのがカフェ、Mr. Cake。店内の第一印象は、間接照明が落ち着いた雰囲気だ。そして、入り口から店内を見渡すと真っ先に目に入るのがカラフルなスィーツの並ぶショーケース。グレー一色の無機質な店の外観とは対照的な、ピンクやオフホワイトの鮮やかなケーキの彩が強いインパクトで迫ってくる。ボリューム満点のアメリカ風お菓子とスウェーデンの味を融合させたスイーツと、環境にやさしく家にいるようにくつろげる場所をコンセプトに2017年にオープンしたカフェだ。創始者のひとりロイ氏はケーキの本を出版するなど、また、もうひとりのマティアス氏は国際大会でも優勝するなどケーキ作りもトップクラスの実力者たちだ。彼らが作り出すケーキは見て目もほれぼれするように美しく、スイーツへの愛情が感じられ、食べてしまうのがもったいないほど。

この記事の続きを見る


皆既直前は肌寒くなり、まるで夜になる直前の暗さ。皆既が終わるとどこからともなく風が吹き、なんとも不思議な感覚。
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • 中南米/チリ/サンチアゴ 
みなさんこんにちは、チリの首都サンティアゴに住む特派員鰐部です。7月2日にサンティアゴからバスで6時間ほど北上した場所にある海辺の町、ラ・セレナ近辺へ皆既日食を見に行ってきました。今まで「皆既日食」と聞いても特に見に行こうと思ったことはなかったのですが、「子供の成長と同じように人生は長いようであっという間。人生に一度は皆既日食を見てみたい!」と突然の思いに駆られて急遽子供達を連れて見に行ってきました。

この記事の続きを見る


カモーテの優しい甘さや、サルサ・クリオージャのさっぱりとした酸味とのハーモニーが絶妙なチチャロンサンド
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • 中南米/ペルー/リマ 
朝食はそれぞれのお国柄を色濃く反映する。食文化が豊かな国ほど、バラエティに富んだ朝食にお目にかかれる機会が増すだろう。ラテンアメリカ一のグルメ国家と謳われるペルーの朝食は、どれも美味しい上に種類が豊富。地域色も強く、訪問先ごとにさまざまな朝食を味わうことができる。首都リマでの人気といえば、豚肉のサンドイッチ「PAN CON CHICHARRON(パン・コン・チチャロン/チチャロンサンド)」。2010年にスペインの新聞社が行った投票で「世界一人気の朝食」に選ばれたサンドイッチだ。下味をつけた豚肉をラードでじっくり揚げ、ペルーのサツマイモ「カモーテ」や、スライスタマネギのレモン和え「サルサ・クリオージャ」と一緒にパンに挟んで食べる。一度食べたら病みつきになること間違いなしの美味しさだ。

この記事の続きを見る


カバンチャ半島から見渡したカバンチャビーチ。カバンチャ半島にはカジノ、レストラン、ホテルも多く観光客で賑わう。
  • テーマ:
  • ビーチ
  • 行き先:
  • 中南米/チリ/サンチアゴ 
チリは南北に細長い国のため北と南では地形が全く違い、南部へ行けば気温が下がり、雨が多く降る森や湖が広がる緑豊かな地形が広がる一方で、北部は気温が上がり、雨がほとんど降らない辺り一面の砂漠が広がる地域が続いています。先日、私は夏休み最後の思い出作りにサンティアゴから飛行機で約2時間北上した、海沿いの街イキケへ行ってきました。チリは海に面した国ですが、海水温度が低すぎてなかなか海水浴を楽しむことはないのですが、イキケの海は海水温度も高く波も穏やかで、白い砂浜が遠くまで続くロングビーチは夏場の旅行先にぴったりの場所でした。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。アメリカ 南部 治安に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介