page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「アメリカ南部」の見どころ情報

アメリカ南部に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「アメリカ南部」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果41

1 2 3 4 5 末尾 次へ


2階はジャズの展示室になっている「旧造幣局」。これはルイ・アームストロングが最初に使ったというコルネット
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ニューオーリンズ 
アメリカ南部にあるルイジアナ州随一の観光地といえばニューオーリンズでしょう。その観光の中心となる旧市街のフレンチクオーターには、多くの観光スポットがありますが、一つ一つ入ると入場料で結構お金が出て行きます。そんな中で今回紹介するのは、うれしい無料の観光スポット。現在は州立博物館として公開されている「旧造幣局」です。場所はフレンチクオーターの南東の角。フレンチマーケットの向かいなので、散歩がてら行ってみましょう。ジャクソン広場からだと徒歩、6、7分ぐらいでしょうか。

この記事の続きを見る


突然の激しい雷雨でフェスの開場時間が延期に。これでは街でも動けません
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ニューオーリンズ 
ああ、どうしよう。せっかく日本からはるばるアメリカにやってきたのに、楽しみにしていたフェスが中止だなんて。私は、会場へのシャトルバス乗り場に、一台もバスが止まっていないのを見て、絶望的な気持ちになりました。今年(2017年)の4月29日の日曜日、私は音楽フェスであるニューオーリンズ・ジャズ&ヘリテージ・フェスを観に、アメリカ南部の都市ニューオーリンズに来ていました。前日の土曜日は曇ってはいたものの、雨は降らずにフェスを楽しめたのですが、この日曜日は天気予報では降水確率が80%。朝から心配していましたが、問題は雨よりも風でした。朝から町を突風が吹き抜けていたのです。まるで台風の前触れで、雨もいつ降ってもおかしくないほど空は真っ暗です。

この記事の続きを見る


ヘッドライナー級が出る、一番大きなアクラステージのにぎわい。2017年はマルーン5やスティービー・ワンダーが出た
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ニューオーリンズ 
今年2017年も昨年に引き続き、アメリカ南部を代表する都市ニューオーリンズで行われるジャズ&ヘリテージ・フェスに参加して来ました! 昨年この「たびナレ」で、「ニューオーリンズ・ジャズフェス準備編」「楽しみ方編」「アクセスと服装編」と、詳細にこのフェスの概要や行き方を紹介して来ましたが、今回は「2017編」としてアップ・トゥ・デートな情報と、初参加のときは気がつかなかったことなどを書いていきたいと思います。

この記事の続きを見る


今もミシシッピ川を行く、外輪船「ナッチェス号」
  • テーマ:
  • 船・クルーズ
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ニューオーリンズ 
アメリカ南部のルイジアナ州ニューオリンズ。ここはアメリカを南北に流れるミシシッピ川がメキシコ湾に注ぐ場所にある港湾都市で、綿花や穀物などの積出し港として発展してきました。町を建設したのはフランス人で、当初は「新オルレアン」という意味の「ヌーベル・オルレアン」と呼ばれ、18世紀にはフランス領ルイジアナの首府でした。やがてルイジアナはナポレオンにより、アメリカ合衆国に売却されます。その時から、町の名前は英語読みのニューオリンズに変わったのです。

この記事の続きを見る


チキンサラダ専門店「Chicken
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/タンパ 
チキンサラダは、アメリカの南部の家庭の味。蒸した鶏ササミをマヨネーズとセロリ、調味料で味付けしたシンプルなもの。それがファストフードで気軽に味わえるのが「Chicken Salad Chick」もともとある主婦がスクールバザーや友人に販売していたところ、美味しいとの評判となり、レストランになったというもの。今ではアメリカ南部を中心にフランチャイズを含め50店舗以上展開しています。

この記事の続きを見る


奥のカウンターでコーヒーやペイストリーだけのオーダーもできる
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ロサンゼルス 
伝統的なアメリカ料理に、さまざまな国の食文化を融合した、ニューアメリカン料理のレストラン「The Hart and The Hunter(ザ・ハート・アンド・ザ・ハンター)」。古着で有名なメルローズ・ストリート沿いの「PALIHOTEL(パリホテル)」内にあり、ハリウッドだから、アマンダ・サイフリッドなど、ハリウッドセレブや映画、音楽関係者が多く訪れる。店内のインテリアは、1900年代初期のヴィンテージがテーマで、とてもカジュアルな感じだから、気軽に立ち寄れるのもいい。

この記事の続きを見る


新鮮なカニ、ホタテの舞い踊り!
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • アジア/マレーシア/クアラルンプール 
メニューはとにかく、豪快なシーフードづくし。料理は、手づかみで頂きます、これまた豪快!でも、レストランのエプロンをつけるため、洋服が汚れることはありません。また、テーブルの近くにきれいな手洗い台があるので、安心です。注文は、カニ、エビにホタテなどの新鮮な食材に、“バターガーリック”やカレー味の“カリー・カリー”を始めとした自家製ソースを選択します。すると、スタッフがテーブルいっぱいに敷いたテーブルペーパーの上に、注文したソースに絡めた食材を“どどん!”と乗せて行きます! カニは大きくて、なかなか食べ応えあり。

この記事の続きを見る


ホテルに隣接した商業施設ピーボティプラザ。道路標識の「B.B.King
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/メンフィス 
メンフィスのダウンタウンには、観光客が利用しやすいホテルがいくつもありますが、今回紹介するピーボディ・ホテルPeabody Hotelは、ホテルそのものが観光名所と言っていいでしょう。場所はダウンタウンの中心で、歩いて2ブロックのところにはブルースのふるさとでメンフィス随一の繁華街「ビールストリート」が、1ブロック半には小泉元首相も来店したというBBQリブの名店「ランデヴー」があるなど、ロケーションは抜群。遅くまで音楽を楽しんで飲んでも、歩いて帰って来られる距離です。しかし、このホテルを全国的に有名しているのはそのロケーションではなく、“カモ”なんです。

この記事の続きを見る


フレンチクオーターの2階以上には、アイアンレースのバルコニーが付いた建物が多い
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ニューオーリンズ 
アメリカ南部随一の観光都市、ニューオーリンズ。人によってはジャズ発祥の地であり、また南部グルメの中心地というイメージがあるでしょう。ニューオーリンズには、ここに観光で訪れたほぼすべての人が行く場所があります。それが「フレンチクオーター」と呼ばれる旧市街です。ここはスペインやフランス領時代の19世紀初頭の街並みが残る場所で、密集はしているものの、バルコニーがついた低い建物が並ぶエリアです。碁盤の目状の街区の道は狭く、車よりも歩行者が中心。カフェやバー、レストランが多く、散策が非常に楽しいところです。今回は、そのフレンチクオーターの町歩きガイドをしましょう。

この記事の続きを見る


古い建物が残る旧市街のフレンチクオーター
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ニューオーリンズ 
ニューオーリンズの歴史、前編からの続きです。さて、ニューオーリンズでは20世紀に入り輸送ルートが変わったため、ミシシッピ川沿いの現在の旧市街エリアは発展から取り残されますが、代わりに古い街並みが保存されることになります。その中心である「フレンチクオーター」の建物の多くは、1794年の火災後に建てられたもので、名前に「フレンチ」が付いていますが、これは当時の統治者だったスペイン風なのだそうです。建物は火災を考え、それまで木造そのままだった壁をレンガや漆喰で覆い、ベランダやバルコニーには装飾的な鉄のレースが造られました。しかし後から移住してきたアメリカ人移住者は、建物が密集したこの地域ではなく、その外側に一軒家が並ぶ住宅地を作りました。そのため、フレンチクオーターでは20世紀初頭までフランス語が聞けたといいます。

この記事の続きを見る


1 2 3 4 5 末尾 次へ


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。アメリカ南部に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介