page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「アルプスの少女ハイジ スイス旅行」の見どころ情報

アルプスの少女ハイジ スイス旅行に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「アルプスの少女ハイジ スイス旅行」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


1944年の日付のある新聞
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/レーゲンスブルク 
2007年の6月以来、毎年6月の第二日曜日に開催されている、大掛かりなアンティークマーケット。中世の町並みをそのまま残す、世界遺産都市レーゲンスブルクに、このアンティークマーケットは、よく似合います。旧市街内の歩行者天国など1400mにわたって、380ものスタンドが並びます。実は、オーストリア、ベルギー、スイス、ハンガリーなどの近郊の国やドイツの全連邦州から、プロのアンティーク業者が集まっての出店ということで、一般的なアンティークマーケットと一味違ったもののようです。

この記事の続きを見る


スイスに行くなら、あなたも『アルプスの少女ハイジ』の気分で、たっぷりハイジになりきろう!
  • テーマ:
  • テレビのあの場所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スイス/マイエンフェルト 
アニメ『アルプスの少女ハイジ』は、何度観てもいいものです。そしてスイスには、実際にこのアニメの舞台となった村があるのです。それがマイエンフェルトです。チューリッヒから列車で1時間少々ですから、今の時代、日本からでもチューリッヒ直行便に乗れば、アルムの山の麓まで、1日もかからず到着してしまうのです。ただマイエンフェルトはとても小さな村ですし、宿泊施設も数軒と限られてきます。宿泊先として一つ手前の駅のバード・ラガーツも視野に入れておくといいでしょう。またハイキングだけのためにマイエンフェルトに訪れる人は、荷物をバード・ラガーツ駅のコインロッカーに預けておきます。ハイジと言えば、やはり「藁のベッド」ですよね。現地では「Straw(ストロー)」となり、藁のベッドで寝泊まりするのを売り物にする農家民宿があります。マイエンフェルトでは『Hof Just』。『ハイジハウス』から徒歩5分です。

この記事の続きを見る


外せない!スイスのおすすめハイキング2 マイエンフェルト
  • テーマ:
  • トレッキング・登山
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スイス/マイエンフェルト 
スイスらしい風景、と聞いたとき、あなたはどのようなイメージを描きますか? どこまでも青い空。遠くから聞こえる、放牧馬や牛の啼き声。チーズとパンの、シンプルな食事のひと時。そんなのどかでおだやかなイメージは、名作アニメ『アルプスの少女ハイジ』のシーンによるものなのでしょうか。そう、広く愛され続けるハイジが「生きた」村が、このマイエンフェルトなのです。

この記事の続きを見る


「アルプスの少女ハイジ」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

雪山が真ん前に迫っているカンゼのメインストリート
  • テーマ:
  • 大自然
  • 行き先:
  • アジア/中国/成都(チェントゥ) 
甘孜(カンゼ)の細長い街から切り立った雪山を見られただけで、成都から1泊2日もかけて、カンゼに来たかいがあったというものです。カンゼは四川省の北部、カンゼチベット族自治州の大きな町です。カンゼ周辺は、標高が高い山が多く、幹線道路沿いにポツンポツンと宿場町が現れるようなところです。カンゼのメインストリートには、チベット族自治州らしく仏具屋さんが軒を連ねています。また、町ゆく人の多くが民族衣装に身を包んだチベット族です。このカンゼの町のどこからでも見える険しい雪山が、アニメの「アルプスの少女ハイジ」が住んでいたスイスの雪山にそっくりなのです。

この記事の続きを見る


アニメ「アルプスの少女ハイジ」のあのブランコに乗れる、エクアドルのバニョスへ
  • テーマ:
  • 物語のあの場所
日本人ならほとんどの人が知っているあの有名なアニメ「アルプスの少女ハイジ」のオープニングでハイジが乗っているブランコに乗ってみたいと思いませんか?アニメでは空から吊るされたブランコですが、CGではなくあんな風に乗れる実物のブランコがあるのです。誰しも一度は乗ってみたいと夢見たあのブランコがエクアドルのバニョスという町の近郊にある「カサ・デ・アルボル」という場所にあります。どんな場所なのか紹介しましょう。

この記事の続きを見る


「スイス旅行」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

宝物館で1番目の部屋に展示されている王冠、王笏、宝珠
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/ウィーン 
ウィーンを旅行する人々が必ずと言っていいほど訪れる観光ポイントはホーフブルク。歴代ハプスブルク家当主の住居カイザーアパートメントや食器博物館、礼拝堂、宝物館、スペイン馬術学校、図書館などが翼でつながっている場所だ。大公や皇帝が住んでいたカイザーアパートメント(皇帝の住居)は必見で、銀食器博物館と共通チケットで見学できる。もう一つ、是非訪れて頂きたいのが礼拝堂の隣にある宝物館だ。宝物館は礼拝堂の左隣の建物で、スイス門をくぐった中庭に入口がある。名前の通り、宝石類や王冠などハプスブルク家の遺産が豊富に展示されており、ここを訪れるとハプスブルクの繁栄を知ることができる。館内に入って最初に目にするのがあの、オーストリア皇帝の冠と王笏、そして宝珠だ。

この記事の続きを見る


photo:
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スイス/チューリヒ 
ヨーロッパのクリスマスは、1年で1番重要といわれる行事です。スイスでも、子どもも大人も、学校や家や職場や地域で様々に祝います。クリスマス商戦は早く、10月後半ごろからクリスマス関連用品が出回りますが、本格的に盛り上がるのは、やはりクリスマスマーケットが開催されるころ(2019年は11月21日から)です。チューリヒ市内では、あちこちに、食べ物やデコレーション、小物のスタンドが出て、町の雰囲気が変わります。オペラハウス(歌劇場)前のゼクセロイテン広場には、約100のスタンドが立ち、昼も夜もたくさんの人を迎え入れます。このマーケットの中心にある巨大ツリーのところで食事したり、ほかにも座れる場所はあります。チーズフォンデュのレストランもあり、人気です(予約した方がベター)。何か買わなくても、見るだけでもとても楽しいです。日本にもファンが多いフライターグのバッグも、ここに出店しています。ここではパフォーマンス(サーカス系)、スケートショー、コンサート(オペラハウスで)、チョコレートのワークショップなど、イベントも目白押しです。

この記事の続きを見る


最寄りのバス停で降りて、すぐです。赤い看板を探しましょう
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スイス/ローザンヌ 
スイスのローザンヌといえば、オリンピック博物館がとても人気です。もう1つ、ローザンヌで高い人気を誇るのは、アール・ブリュット美術館ーLa Collection de l'Art Brut (1976年開館)です。その名の通り、特別な芸術教育を受けていない人たちが、密かに、ひたすら自分のために作る「磨かれていないダイアモンド」とも説明される「アール・ブリュット」の作品を世界中から収集した特別な美術館です。目下、1000人の作家たちの7万点以上もの作品を保管しています。オリンピック博物館とは対照的で小さい美術館ですが、この種の美術館としては、アール・ブリュットの総本山とも呼ばれ広く知られていて、地元の人たちはもちろん、国外観光客もたくさん訪れています。

この記事の続きを見る


関空からスイスインターナショナルエアラインズが飛びます
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スイス/チューリヒ 
関西地区からヨーロッパへの旅行を考えている方にビッグなお知らせです! 関空からスイスのチューリッヒへの便が2020年3月から運航されることが決定しました。2001年にスイス航空が撤退してからおよそ18年ぶり、関空=チューリッヒ間の便が復活します。週5往復も飛ぶそうなので、便利になりますよ。もちろんスイスへの旅行には、このスイスインターナショナルエアラインズの便が一番便利です。スイスの航空会社なので、機内からスイスの気分が味わえます。乗り継ぎなしで関空からチューリッヒに行けますので、ユングフラウヨッホ、マッターホルンなどスイスの名所へも行きやすくなります。

この記事の続きを見る


北欧の人気路線ベルゲン鉄道。
  • テーマ:
  • 鉄道
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イギリス/ロンドン 
ヨーロッパ内はシェンゲン協定(※)加盟国であれば国境を超えるのに入国審査の必要がなく、楽々と各国周遊の旅が楽しめます。島国の日本にいると、海外旅行は一大イベント感がありますが、たとえば中欧などは国が小さいために、各都市の距離も近く、日本の国内旅行のような感覚で旅できます。ただ、日本ほどではないにしても鉄道料金はそれなりにかかります。2区間でもあっという間に100ユーロは行ってしまうので、ぜひ活用したいのが欧州鉄道の乗り放題パス「ユーレイルパス」です。このパスが1枚あれば、どの国でも町でも乗り降り自由。個人旅行には欠かせないパスでしょう。1959年に誕生して、今年で60周年を迎えました。(※)シェンゲン協定とは、ヨーロッパ各国間の人や物の移動に関して、国境検査なしで越えることを許可するもの。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。アルプスの少女ハイジ スイス旅行に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介