page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「アルベロベッロ 英語」の見どころ情報

アルベロベッロ 英語に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「アルベロベッロ」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


外壁に石灰乳を塗った白い街並みの印象的な町が多い
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/アルベロベッロ 
昨今大人気の南イタリア。世界遺産のアルベロベッロのトゥルッリがメディアに注目され始めたのをきっかけにその人気は急上昇!イタリア最南東端のプーリア州は、イタリア半島をハイヒールのロングブーツに例えたならアキレス腱からヒール全体にあたり、その細長〜い州の南半分に町は位置しています。ところで南伊というとちょっと怖いイメージもありがち? いえいえ、むしろこのヒール部分は整然として平和でのんびりとした町が多く、アルベロベッロに引けをとらない古い独特の歴史や文化がとても興味深くて、温かい人々との出逢いにも癒されるというお薦めの旅エリアなんです。

この記事の続きを見る


宿泊施設「trullo
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/アルベロベッロ 
日本人のみならず、世界中の観光客に大人気のアルベロベッロ。ブーツ型のイタリア半島のかかとの付け根あたりに位置するこの世界遺産の町は、一度は行ってみたい憧れの場所ですよね。トゥルッリと呼ばれる円錐形の屋根はあまりにも有名ですね【町については2010/08/30に紹介】。ここに来たならそれを眺めるだけじゃもったいない! この世界遺産地区に、それもトゥルッリ屋根の家に宿泊してみたい☆今日はそんな方々へのインフォメーションです。

この記事の続きを見る


モニュメントのようなこの円錐形の石積みが”トゥルッリ”
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/アルベロベッロ 
薄い石の積み重なるこの物体、何だかお分かりですか!? これだけじゃ分からない!? では次の写真を! 白塗りの壁に三角帽の屋根がポコンと載った住宅、そう、1996年にユネスコの世界遺産に登録された南伊のアルベロベッロです。イタリアの形をブーツに例えると、ちょうどヒールの付け根の辺り。これが本当に家かと疑ってしまう、表現が貧困ながらもやっぱり“可愛”くて、胸が躍ってしまう街並み。イタリアで赤褐色やベージュの景色を見慣れた目には、真っ白とグレーのコントラストもとっても新鮮ですね。

この記事の続きを見る


「英語」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

ビジターセンター入り口。写真一番手前にある柱のようなものは、石橋の付け根にある時計台のアーチの部分。ここに昔は扉があったのでしょうか。施錠できるようになっていたのかな?と歴史に引きつけられます。
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/レーゲンスブルク 
レーゲンスブルクのシンボルである、ドナウにかかる石橋の脇に、このビジターセンター(2011年開館)はあります。ここは、2006年に世界遺産となった(自由都市)レーゲンスブルクと(バイエルン州)シュタットアムホーフについて、ドイツ語と英語にてわかりやすく説明するための施設です。ツーリストインフォメーションも併設されており、係りの人がカウンターに座っているので、質問したいことがあれば、どんどん利用しましょう。旅行で到着したのが土日であっても大丈夫。ここは毎日オープンしているので、非常にありがたい施設。旅行者の味方です。

この記事の続きを見る


カナダの総督公邸、内部はガイドツアーで見学可能
  • テーマ:
  • スポット
  • 行き先:
  • 北アメリカ/カナダ/オタワ 
先述の通り、ここはカナダ総督の住居とされ、公邸として様々な仕事をしている場所でもあります。2020年1月現在、29代目のカナダ総督を務めているのは2017年10月から就任しているジュリー・ペイエット氏。宇宙飛行士で、2回宇宙に行ったこともある、モントリオール出身の方です。公邸内部は通年ガイドツアーで見学することが出来ます。5,6,9,10月の週末と、7,8月の毎日は予約なしでガイドツアーに参加出来ます。それ以外の時は要予約ですので、HPで確認の上、電話などでガイドツアーの予約をしてください。ガイドツアーは無料で、約45分間、英語かフランス語での開催となります。ガイドツアー開催詳細スケジュールhttps://www.gg.ca/en/visit-us/rideau-hall/what-see-and-do/residence

この記事の続きを見る


ソフィアの町のなにげない通り
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ブルガリア/ソフィア 
ブルガリアの首都、ソフィア。初めて行くとなると、どの程度の都会なのか、物価や治安はどうなのか…わからないこともありますよね。ここでは実際に行って感じた、町や人々の印象をまとめてみたいと思います。訪れた感想をひと言でいうと、ソフィアはとてつもない歴史をもつ、のんびりした都会でした。紀元前から栄えていたという歴史の深さ、そのさまざまな痕跡が残ることに驚きつつ、首都としては静かで、ゆったり過ごせました。美しい街並みには緑も多く、利便性と安らぎを併せもった都市です。

この記事の続きを見る


プラハ城の聖ヴィート大聖堂にあるムハのステンドグラス
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/チェコ/プラハ 
2019年7月から9月まで東京渋谷のBunkamuraで開催されていた「みんなのミュシャ展」は、今から思えばかなり充実した展示でした。ミュシャはいろいろなタイプの絵を描いていますが、ここでは「日本人が好きなミュシャ」「ミュシャのフォロワー」という点で絞り(イラストレーターとしてのミュシャ)、筆者にとっても好みの作品が多かったのです。今回はそのミュシャの作品を訪ねて、彼が人生の多くを過ごしたチェコのプラハを訪れてみたいと思います。

この記事の続きを見る


絶妙な力加減で疲れた足をグイグイと指圧。終わったときにはむくんだ足がほっそり!
  • テーマ:
  • 癒し
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
リバーサイドに高級ホテルが立ち並ぶBTSサパーンタクシン駅。ナイトマーケットの「アジアティーク」や川の反対側にできた巨大ショッピングモール「アイコンサイアム」に行く無料ボートの乗り場でもあり、チャオプラヤエクスプレスの始発駅ともあって連日多くの人で賑わう場所です。この近くにあるジャルンクルン通りは知る人ぞ知るマッサージの穴場ストリート。高級ホテルでは1時間1000バーツ超えも当たり前なフットマッサージが300バーツ程度で受けられる激安マッサージエリアなのです。今回はその中でもローカルの支持が圧倒的に高い「Enjoy Massage(エンジョイマッサージ)」をご紹介します。

この記事の続きを見る


世界一の規模を誇る収蔵品が展示されているベートーヴェンハウス
  • テーマ:
  • オペラ・音楽
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/ボン 
2020年は「楽聖」と称されるベートーヴェンの生誕から250周年を迎えます。彼の生家は1949年から東西ドイツが統一した1990年まで旧西ドイツの首都だったボンにあり、現在、彼の生涯を知る博物館「ベートーヴェンハウス」として一般公開されています。楽譜や補聴器など世界一の規模を誇る収蔵品が展示されており、観光客が必ず足を運ぶスポットとして大好評です。ちなみに旅行ガイドブックによると、2020年お薦めの旅行先としてボンはトップ5にあがっています。ボンは、旧首都時代に比べると政界人の往来が少なくなったものの、芸術の首都としても有名な街として、充実した博物館や美術館などを訪れる見学客が後を絶えません。なかでも音楽ファンにとっては、ベートーヴェンの生地、ロベルト・シューマンの住居や妻クララと眠る旧墓地などを巡る旅行先として注目を集めています。毎年9月恒例のベートーヴェンフェスト(音楽祭)は彼の音楽を満喫する絶好のチャンス。コンサートのゲストも毎年異なるため、リピーターも多いそうです。2020年の音楽祭は、生誕250周年の行事に組み込まれ、例外的に3月13日から22日に行われます。

この記事の続きを見る


Jubilee
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/マルタ/ゴゾ 
地中海に浮かぶマルタ共和国は、首都バレッタ自体ほか、2つの世界遺産(計3つ)があり、海と石造りの建物の美しさにあふれています。史跡好きのツーリストにはもちろん、モダンな世界とは違う空間にひたりたい人たちにも人気です。首都のあるマルタ島の西北側にゴゾ島があります。ゴゾ島にも遺跡があり、たくさんのツーリストが訪れます。バレッタからは「バスで1時間強⇒フェリー渡航⇒ゴゾ島到着、バスで中心地のビクトリアまで25分」と少し時間はかかりますが、日程に余裕があればゴゾ島訪問はおすすめです。マルタ島とは、少し違った雰囲気が楽しめます。(ゴゾ島訪問ツアーもありますし、バスやフェリーの本数が多いので個人でも行けます)このゴゾ島・ビクトリアにある要塞チタデル(Citadel)のすぐそばにあるショップ「Jubilee Foods ジュビリー・フーズ」は、ゴゾ島の特産品(食品)を販売しています。特産品を売る店はほかにもありますが、Jubilee Foodsでは、スイカジャム、レモンジャム、オレンジマーマレードなどのジャム類を試食することができます。ウチワサボテンやイナゴマメ(キャロブ)のリキュールやコーヒーも試飲できます。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。アルベロベッロ 英語に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介