page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「アルベロベッロ」の見どころ情報

アルベロベッロに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「アルベロベッロ」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


外壁に石灰乳を塗った白い街並みの印象的な町が多い
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/アルベロベッロ 
昨今大人気の南イタリア。世界遺産のアルベロベッロのトゥルッリがメディアに注目され始めたのをきっかけにその人気は急上昇!イタリア最南東端のプーリア州は、イタリア半島をハイヒールのロングブーツに例えたならアキレス腱からヒール全体にあたり、その細長〜い州の南半分に町は位置しています。ところで南伊というとちょっと怖いイメージもありがち? いえいえ、むしろこのヒール部分は整然として平和でのんびりとした町が多く、アルベロベッロに引けをとらない古い独特の歴史や文化がとても興味深くて、温かい人々との出逢いにも癒されるというお薦めの旅エリアなんです。

この記事の続きを見る


宿泊施設「trullo
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/アルベロベッロ 
日本人のみならず、世界中の観光客に大人気のアルベロベッロ。ブーツ型のイタリア半島のかかとの付け根あたりに位置するこの世界遺産の町は、一度は行ってみたい憧れの場所ですよね。トゥルッリと呼ばれる円錐形の屋根はあまりにも有名ですね【町については2010/08/30に紹介】。ここに来たならそれを眺めるだけじゃもったいない! この世界遺産地区に、それもトゥルッリ屋根の家に宿泊してみたい☆今日はそんな方々へのインフォメーションです。

この記事の続きを見る


モニュメントのようなこの円錐形の石積みが”トゥルッリ”
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/アルベロベッロ 
薄い石の積み重なるこの物体、何だかお分かりですか!? これだけじゃ分からない!? では次の写真を! 白塗りの壁に三角帽の屋根がポコンと載った住宅、そう、1996年にユネスコの世界遺産に登録された南伊のアルベロベッロです。イタリアの形をブーツに例えると、ちょうどヒールの付け根の辺り。これが本当に家かと疑ってしまう、表現が貧困ながらもやっぱり“可愛”くて、胸が躍ってしまう街並み。イタリアで赤褐色やベージュの景色を見慣れた目には、真っ白とグレーのコントラストもとっても新鮮ですね。

この記事の続きを見る


「アル」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

デッサウ校の校舎に配されたロゴは古さを感じさせない
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/ベルリン 
「バウハウス」を知っていますか? 第一次世界大戦後のドイツで、たった14年間だけ存在していた造形美術学校です。そのわずかな活動期間にもかかわらず、バウハウスの残したデザインの潮流はいまだにまったく色褪せません。開校100年だった2019年には、日本を含む各国で記念の展覧会が開催されました。今回は、バウハウスの歴史やその功績をふりかえってみましょう。予習してから現地を訪れれば、感激もひとしおになることでしょう。

この記事の続きを見る


  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • アジア/ウズベキスタン/ブハラ 
女性がひとりで海外旅行をする時、緊張することの一つに「知らない男性と長時間二人きりになる」ことが挙げられます。もちろん、ほとんどの男性はあなたに危害を加えようと狙っているわけではありませんが、用心に越したことはありませんよね。私が若い頃ウズベキスタンに行った時、約450キロの道のりをタクシーで移動したことがあります。ハラハラドキドキの珍道中。その体験をお話ししましょう。

この記事の続きを見る


ゴシック様式の聖バルバラ教会
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/チェコ/プラハ 
チェコには現在14件の世界遺産がありますが、首都プラハから鉄道で約1時間と簡単に日帰り観光ができるのが「クトナー・ホラの聖バルバラ教会とセドレツの聖母マリア大聖堂のある歴史都市」です。その名称からわかるように、この世界遺産は2つの場所に分かれています。今回はそのうち、クトナー・ホラ旧市街にある聖バルバラ教会を紹介します。聖母マリア大聖堂や納骨堂のあるセドレツからは約3kmと遠くないので、4、5時間あれば両方共訪れることができます。セドレツの聖母マリア大聖堂については、別記事「クトナー・ホラのセドレツにある世界遺産の教会、聖母マリア大聖堂を訪れる」に詳しく書いてあるので、そちらをご覧ください。順番的には、先にセドレツを見ておいた方が回りやすいと思います。

この記事の続きを見る


クトナー・ホラにある中世のゴシック教会・聖バルバラ教会
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/チェコ/プラハ 
中欧の国チェコの世界遺産は2019年から新たに2件が加わり、現在は14件が登録されています。今回紹介するのはそのうち1995年登録で、首都プラハから簡単に日帰り観光ができる「クトナー・ホラの聖バルバラ教会とセドレツの聖母マリア大聖堂のある歴史都市」です。市の名前はクトナー・ホラですが、世界遺産に登録されている2つの教会はそれぞれ3kmほど離れており、タイトルのようにひとつはクトナー・ホラの隣町のセドレツにあります。

この記事の続きを見る


3本の十字架の丘Vyhlidka
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/チェコ/カルロビバリ 
テプラー川の谷間に広がる目の覚めるような美しい町、カルロヴィ・ヴァリ。鉄道駅は高台にあるので町に降りてくる途中で美しい町並みが見える。感動の瞬間だ。カルロヴィ・ヴァリとはカールの源泉、という意味。チェコの国王でもある神聖ローマ皇帝カール四世が14世紀半ば、狩りでこの地にやってきた。王が撃ち損じた鹿を追いかけて行くと、鹿が温かい泉で傷口を癒しているのを発見。王はこの泉に治療効果があることに気づき、ここに湯治場を建設した。それが温泉保養地カルロヴィ・ヴァリの始まりだった。北西ボヘミアの端にはフランチシュコヴィ・ラーズニェとマリャーンスケー・ラーズニェという温泉地があり、そこを結ぶと三角形になるので「ボヘミアの温泉三角地帯」という呼び名が生まれ、世界有数の温泉地になっている。

この記事の続きを見る


アウグスティンと書かれた金文字が目立つファサードの装飾
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/ウィーン 
ウィーンの旧市街に、中世ウィーンの街並みをイメージさせる場所がある。シュテファン大聖堂の裏手にあるモーツァルトが住んでいた家の辺りから北へ、ドナウ運河へ向かう一区画だ。有名なケルントナー通りがシュテファン大聖堂広場を通り抜けるとローテントゥルム通りが始まる。通りから一歩東へ入ると、そこかしこに比較的古い家屋が現れ、戦前からの家並が保存されている道もある。その一つがフライシュマルクトと呼ばれる通りだ。フライシュは肉でマルクトは市場なので、かつてここに肉の市が立っていたのだろう。通りでひときわ目立っている建物がグリーヒェンバイスルという名のレストラン。創業は1447年、と驚くほど古い。双頭の鷲の突き出し看板も出ているのですぐ分かる。有名なので通常ならば観光客でいっぱい。満席で座れないこともあるほどだ。

この記事の続きを見る


ポツダムの夏は花盛り!
  • テーマ:
  • スポット
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/ポツダム 
ベルリンから電車で約30分の都市ポツダムは歴史を動かした「ポツダム会談」が行われた場所として世界的に有名です。また、旧市街のまわりには歴史的建造物のほかにも宮殿がある広大な庭園や湖があり、「ポツダムとベルリンの宮殿群と公園群」としてユネスコの世界遺産にも登録されています。ポツダムのハイライトはやはりこの庭園で、夏は緑で生いしげり、綺麗に手入れされた花壇を花が埋め尽くします。美しい景観を楽しむ観光客だけでなく住民がピクニックをしたり、ひなたぼっこをしたりと思い思い過ごしている様子もみられ、人々の憩いの場になっています。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。アルベロベッロに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介