page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「イギリス 乗り物」の見どころ情報

イギリス 乗り物に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「イギリス 乗り物」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


かわいすぎる!小さなおもちゃたちに心奪われます
  • テーマ:
  • スポット
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イギリス/ロンドン 
東ロンドンのBethnal Greenに位置するこのミュージアムは、South Kensingtonにあるアート博物館「Victoria and Albert Museum」の分館です。こじんまりとした建物内にはブリキのぜんまい式おもちゃやテディベア、パペット人形などが所狭しと並び、どのショーケースも足を止めてじっくり覗き込みたくなるかわいさ。展示の仕方に特徴があり、古くは19世紀のものから20世紀、そして2000年以降の現代のものまで幅広い年代のアイテムを揃えていますが、時代ごとにまとめて展示するわけではなく、似たカテゴリーのアイテムが年代問わず隣り合うようにして陳列されています。また、小さな子供でも見やすいように展示棚が低くされているのもポイントです。

この記事の続きを見る


ケンジントン・ハイ・ストリートにあるデザイン・ミュージアム
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イギリス/ロンドン 
内容が充実した美術館や博物館が数多く存在するロンドン。限られた時間の中で美術館や博物館巡りをするためには、場所や目的も選択肢の1つになるでしょう。20世紀以降の産業デザインに興味があるなら、デザイン・ミュージアムは外せません。以前はタワー・ブリッジのすぐ側、テムズ川沿いにあった博物館ですが、展示スペースを拡大するために、ケンジントン・ハイ・ストリートに移転。旧コモンウェルス・インスティチュート/英連邦協会の建物を大改築して、昨年秋に再オープンしました。

この記事の続きを見る


レストランの大きな窓からはIglesia
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • 中南米/チリ/サンチアゴ 
サンティアゴの街は大きく分けて現代的な高層ビルが立ち並ぶ新市街と、古い歴史的建造物が立ち並ぶ旧市街とに分かれています。新市街と旧市街を比べるとまるで別の国といったほどに違いが目立ちます。今回ご紹介する「La Diana」は、雑然とした旧市街のゴミゴミとした中心部に位置する18世紀初頭に完成した壮大な教会「Iglesia de los Sacramentinos」の隣に位置します。話によると、その教会の隣に作られたLa Dianaはかつて、教会の一部で修道士などが生活する施設として利用されていたそうです。

この記事の続きを見る


大人気都市ロンドンで乗ってみたい、3つの乗り物 前編
  • テーマ:
  • 船・クルーズ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イギリス/ロンドン 
イギリスの首都ロンドンは、映画にもよく出てくるので、行く前からどんな所なのか想像することも難しくない町のひとつではないでしょうか。誰もが知っている世界的にも有数の巨大都市。大きな町を訪れたなら、交通機関の利用は不可欠となります。そこで、観光客が利用したい、3つの乗り物をご紹介したいと思います。2階建ての赤いバス、市内を横断するテムズ川のクルーズ船、そして小回りのきく自転車。さて、あなたはどれを利用して観光しますか。

この記事の続きを見る


2014年開通の路面電車「エディンバラ・トラム」は、旅行者に便利?
  • テーマ:
  • 鉄道
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イギリス/エジンバラ 
海外の町中で、いろいろな交通機関を試してみるのはおもしろいですね。とくに、まだ開業まもない乗り物だと、「乗ってきた!」という自慢にもなります(旅行好きは乗り物好きな人が多いのです)。私も旅行中には乗り物に目がありません。今回は、2014年に開業したばかりの、空港とエディンバラの中心部ヨーク・プレイスを結ぶ路面電車「エディンバラ・トラム」に乗車してみました。

この記事の続きを見る


ファミリー向けのおすすめスポット【ロンドン編】
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イギリス/ロンドン 
ロンドン観光の王道といえば、大英博物館です 。世界各国から集められた、貴重な発掘品や美術工芸品など約800万点を収蔵している、文字通り世界最大級の博物館です。歴史や美術の教科書に出てくるホンモノと出会える絶好の機会!  きっとお子さん達の記憶にも鮮明に残るはずです。特にエジプトの発掘品の展示室には、神秘的なミイラや様々な動物の神様など興味深い展示品がたくさんあり、おすすめですよ。また館内にあるカフェやレストランが充実しているのもファミリーには嬉しいポイントです。

この記事の続きを見る


「イギリス」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

シュロップシャー・ユニオン運河沿いにあるバーブリッジ・イン
  • テーマ:
  • お酒・バー
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イギリス/チェスター 
チェシャー州やスタッフォードシャー州を流れるシュロップシャー・ユニオン運河。産業革命の前後から様々な物資を運ぶ交通網として発達した運河の1つですが、他の運河と同様に現在はカナル・ボート/ナロウ・ボートのレジャーを中心として利用されています。運河沿いには、当時から旅人が気軽に立ち寄れるようにとパブが点在していますが、中には地元ビールだけでなく食にもこだわりを見せるパブも少しずつ増えてきました。チェシャー州にあるバーブリッジ・インも、美味しいランチやディナーが楽しめるパブの1つです。

この記事の続きを見る


イギリスのホテルやレストランでのアフタヌーン・ティーは美味しい体験!
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イギリス/ロンドン 
コロナ禍で混乱していたイギリスでも、イングランドでは7月4日からパブやレストランが再びオープンし始め、8月中には飲食店を助けるのを目的とした政府の割引支援策(最高50%まで)も登場し、少しずつ回復の兆しを見せ始めています。3ヶ月以上の不要不急の外出禁止/ロックダウンを通して品薄になったものが小麦粉やイースト。ケーキやパンなどのベーキングの腕を競う「ブリティッシュ・ベイクオフ」など人気テレビ番組に影響を受けた国民が、コロナ禍で自宅に篭ったのをキッカケに、パンや焼き菓子などを焼いておうちカフェを楽しんでいたようです。

この記事の続きを見る


  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
筆者は、アジア方面をメインにさまざまな国を旅してきました。ヨーロッパ方面は学生時代にバックパッカースタイルで2か月程旅して以来、訪れる機会がありませんでした。そんな中、インドでフランス人とイギリス人夫妻と仲良くなり、彼らの住んでいる南仏に2回ほど滞在する機会に恵まれました。今回は、フランス人の日本に対する印象について、筆者が体験したことをお伝えします。友人夫妻の住む南仏へ行く前、筆者はパリ近郊で10日間のセミナーに参加しました。参加者のほとんどがフランス人だったのですが、筆者が日本人と知ると皆口々に話しかけてきてくれたのです。その中には、日本を訪問して素晴らしかったこと、日本食の美味しさ、村上春樹さんのファンであること、日本のアニメや映画の素晴らしさを語る人などが多かったのです。特に印象的だったのは、樹木希林さん主演の映画「あん」を絶賛する人の多さでした。筆者が「あん」を見たことがないというと皆一様に信じられないという表情で、鑑賞を勧められ、その後見ましたが素晴らしい映画でした。

この記事の続きを見る


  • テーマ:
  • 語学
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イギリス/ロンドン 
英語でコミュニケーションをとれるようになりたいと思う人は、きっと多いと思います。筆者も世界が広がると思い、そう願った一人です。大学時代に休みを利用してバリ島やタイへ友人と旅行した後、その想いはますますふくらみました。そして、2か月の春休みを利用し、バックパッカースタイルで一人で行く海外旅行を計画しました。しかし両親に心配され、ロンドンの語学学校の短期講座を受けることにして旅立ちました。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。イギリス 乗り物に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介