page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「イギリス 映画 リバプール」の見どころ情報

イギリス 映画 リバプールに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「イギリス 映画 リバプール」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


ヴィンテージ・ファッションならビヨンド・レトロ
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イギリス/ロンドン 
ロンドン東地区に位置するBrick Lane(ブリック・レーン)はファッションやデザインの発信地。この周辺には、セレクトショップや新鋭デザイナーショップなどのオシャレなお店がたくさんあり、ロンドンっ子にも大人気です。最近歩いていると目につくのは、ヴィンテージを上手く活かした個性的なファッションを応援するヴィンテージのお店。その数多くあるヴィンテージのお店の中でもオススメなのがBeyond Retro(ビヨンド・レトロ)。雑誌タイム・アウトのベスト・ヴィンテージ・ストア2008にも輝いています。

この記事の続きを見る


雰囲気満点のマジカル・ミステリー・ツアー!
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イギリス/ロンドン 
マジカル・ミステリー・ツアーは、世代を超えたアイドル・ビートルズのメンバー4人が育った家や出会った場所、歌詞の中に登場するところなどを巡る、約2時間のツアー。このツアーは、1967年に公開されたビートルズのテレビ映画、「マジカル・ミステリー・ツアー」で使われたバスと同じ模様が描かれたバスを使用しているので、雰囲気満点です! もちろんツアーバスの中は、ビートルズの曲を聴きながらツアーガイドの詳しい解説付き(英語のみ)と、どっぷりビートルズに浸れるひと時。ビートルズのファンにオススメのツアーです!

この記事の続きを見る


ウォーター・フロントのアルバート・ドックからすぐ側のリバプール・ワン
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イギリス/ロンドン 
世界遺産にもなっているリバプールのウォーター・フロント、アルバート・ドック。アルバート・ドックは、レストラン、カフェ、雑貨店、現代美術館のテート・リバプール、マーシーサイド海事博物館、国際奴隷博物館やビートルズ・ストーリーなどがある大人気の観光地。そこからすぐ側に開発されたショッピング・エリアがLiverpool ONE(リバプール・ワン)です。2008年10月に全館オープンしたリバプール・ワンには、イギリスを代表する大きなデパートやハイストリート・ショップが揃っています。

この記事の続きを見る


ブラックプール・タワー
  • テーマ:
  • 映画のあの場所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イギリス/リバプール 
1996年に公開された役所広司主演の「Shall we ダンス? 」は大ヒットして、日本アカデミー賞をはじめとしてその年の各映画賞に輝いた。アメリカでは200万人を動員して、アニメを除く日本映画としては最高の興行収入をあげ、2004年にはリチャード・ギア主演で忠実にリメイクされた。

この記事の続きを見る


「イギリス 映画」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

お花で家の中の雰囲気をアップ
  • テーマ:
  • ライフスタイル
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イギリス/ロンドン 
自宅にいる時間が長くなり、家の中のデコレーションに力を入れているという方も多いのではないでしょうか?イギリスでは、こじんまりとしたスーパーでも季節のお花や、数種類のお花がミックスされた花束を手軽に購入できるところが多いので、お部屋に明るさをプラスしたいときにとっても便利です。気分に合わせて、色味を香りを変えてみるのも〇。

この記事の続きを見る


正面玄関にはルイドルレアンの騎馬像が
  • テーマ:
  • 遺跡
城に訪れた時、絶対に行ったことがないはずなのにどこかで見たような感覚に襲われる人は多くいます。それもそのはず、リュック・ベッソン監督による「ジャンヌ・ダルク」、イギリスのテレビドラマシリーズ「魔術師 MERLIN」など、ピエールフォン城は有名な映画やドラマのロケ地として人気があります。保存状態が良い幻想的で中世の雰囲気を持つことがポイントになっています。15世紀にフランス王シャルル5世と王妃ジャンヌ・ド・ブルボンの子で、シャルル6世の弟であるルイドルレアンによって建てられました。しかし17世紀に壊滅的な被害を被り、2世紀近く放置されていました。19世紀、ナポレオン3世の命令で改修工事が開始されます。そのお陰で今なお見ることができる素晴らしいピエールフォン城が完成したのです。

この記事の続きを見る


ビルケナウ収容所を代表するイメージとも言える、貨車の引込み線
  • テーマ:
  • 映画のあの場所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ポーランド/オシフィエンチム 
第二次世界大戦中、ナチスドイツが行った人類史上まれにみる大虐殺。それがホロコーストです。ナチズムは単なる全体主義ではなく、今でいうレイシズム(人種差別主義)団体でもありました。それが選挙で勝利し、独裁国家を築いたのです。政権をとると、ナチスは自分たちアーリア民族以外を「劣等民族」とし、奴隷状態にするか虐殺するかを最終目標としました。こう書くとSF映画みたいですが、当時も突飛すぎて他国はあまりこの思想を真剣に取り合ってなかったようです。近年、ユダヤ人ホロコーストを扱った映画が頻繁に作られるようになりました。すでに収容所の生存者が残り少なく、いても高齢なので、語り継ぐなら今が最後ということがあるのかもしれません。今回はそんな映画の代表作を紹介してみます。アウシュヴィッツ・ビルケナウ強制収容所の訪問を考えているなら、予習にもなるでしょう。

この記事の続きを見る


当時のままの姿で再現され現在に至るジョン・フロスト橋
  • テーマ:
  • 映画のあの場所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アーネム 
ヘルダーランド州の州都アーネム。自然豊かで風光明媚な街です。町の南部のネーデルライン川にはのんびりと航行するボート、河川敷をワンコを連れて散歩している地元の人々。そんなゆったりとした光景を眺めてると、ここが第二次大戦下の激戦区だったことが全く想像がつきません。「アーネムの戦い」は、マーケット・ガーデン作戦の最終地点での戦いでした。このネーデルライン川にかかる鉄橋で現在は「ジョン・フロスト橋」と呼ばれる鉄橋が、映画のタイトルにもなった「遠すぎた橋」です。

この記事の続きを見る


ライム・リージスの防波堤コブ
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イギリス/エクセター 
ドーセット州の特別自然美観地域に位置する海辺の町ライム・リージス。ライム・リージスは、ドーセット州からデボン州東部まで続く約153kmの海岸線、ジュラシック・コーストと呼ばれる世界遺産の一部でもあります。ジュラシック・コーストからは数々の化石が発見されたり迫力のある海岸線が見られるので、アウトドア派にもぴったりなエリアです。(以前のジュラシック・コーストに関する記事はhttps://www.ab-road.net/europe/uk/london/guide/04948.html)

この記事の続きを見る


ビル・クリントンやダライ・ラマも訪れたことがある壁
  • テーマ:
  • 家族で海外旅行
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イギリス/ベルファスト 
アイルランド島の北部にある北アイルランドはイギリス領のため、使用される通貨はポンドとスターリン。現在ではダブリンからベルファストに行くのにパスポートは不要です。北アイルランドではアイルランドの独立を望むカトリック系住人と、イギリス側のプロテスタント住民の間での宗教が対立しており、北アイルランド紛争が終わった現在もベルファストの街には隔てる壁があります。この壁には観光客がペンで平和のメッセージを書くこともできます。高さ7メートルの壁の上にさらにメタルや有刺鉄線のフェンスがあるところも。両サイドを行き来するにはゲートは全部で27か所あり、毎朝7時に開き、毎晩8時には閉まるそうです。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。イギリス 映画 リバプールに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介