page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「イタリア ギリシャ トルコ 周遊」の見どころ情報

イタリア ギリシャ トルコ 周遊に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「イタリア ギリシャ トルコ 周遊」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


港を出港するイタリアの客船コスタ・クルーズの船。コスタ・クルーズには地中海やエーゲ海を航路とするコースがたくさんあります
  • テーマ:
  • 船・クルーズ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ギリシア/アテネ 
ギリシャの海にはクルーズ船が目立ちます。クルーズはスペイン、イタリア、クロアチア、トルコなどギリシャ近隣諸国と一緒に航路が組まれているものや、エーゲ海に絞られた航路など、クルーズ会社によって毎年いろいろなスケジュールが組まれています。期間としては、3−4日程度のものから7日以上に渡る旅など。キャビンは海の見えない内側の部屋は安く、海の見える部屋にもバルコニーつきや、スイートルームまであって、多種のグレードに分かれています。以前はクルーズというと大変高いイメージでしたが、最近はいろいろとお手頃なお値段のものが組まれてきているので、若者でも気軽に初クルーズを体験できるようになってきました。料金を考えるとき、クルーズの料金には、キャビン代、一日3食の食事代などが含まれているのが普通なので、一般旅行のホテル代や外食費、交通費が全部含まれていると考えると、特別高いということはないんですよ。

この記事の続きを見る


「イタリア ギリシャ トルコ」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

レパントの海戦を再現!ショーのクライマックスの戦闘シーン。
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ギリシア/パトラ 
パトラから車で30分。リオ・アッディリオの橋を渡って少し海沿いに走ると見えてくるのが小さなナフパクトスの街です。ここが、サラミナの海戦などと並ぶ世界史で知られる海戦の舞台となったレパントです。「レパント」というのはナフパクトスのイタリア語、スペイン語名称です。オスマン朝トルコ帝国が絶大な勢力を誇っていた時代の1570年〜1571年に、当時ヴェネツィアが支配していたキプロス島をオスマン朝トルコ帝国が占領しました。町は破壊され、ヴェネツィア、ギリシャ両軍の兵士はもちろん一般市民も大変残酷な方法で殺されたそうです。そして同じ時代、スペインもイスラムの勢力の拡大を恐れていました。同時にヴェネツィアにとっては、東地中海からアドリア海にかけての貿易を手中にしたいという思惑もあり、様々な要因がカトリック教会側の国々を結び付け、オスマン朝トルコ帝国に対抗する協力体制を生み出すこととなりました。

この記事の続きを見る


ホテルの客室から眺めるエーゲ海。ホテル前の広場から右手に長く緑地帯が続いている
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/トルコ/イズミール 
イズミルIzmirで1、2を競う高級ホテルと言えばヒルトン・ホテルとスイスホテル・ブリュック・エフェスだ。この2つのホテルは並ぶように建っている。イズミルのオフィス街にあり、近くには高級ブティックなどの店も多く見られる。エーゲ海は目の前で、海に沿った緑豊かなプロムナードが長く続いている。ヒルトンは1991年にオープンしたが、スイスホテルの方はその前身であるブリュック・エフェス・ホテルが1964年オープン、とかなり早い時期に建てられている。ブリュックは大きいという意味なので英語でグランド・エフェス・ホテルと訳されていた。長い間イズミル随一の高級ホテルで、トルコ人が理想としたホテルだった。1万2千平方メートルという広大な敷地の中にあり、樹木の茂る前庭と中庭が美しい。

この記事の続きを見る


発掘現場に,当時と同じように再現されたオリーブオイル製造所
  • テーマ:
  • 遺跡
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/トルコ/イズミール 
トルコはスペイン、イタリア、ギリシャに次いで世界で4番目のオリーブ生産国。オリーブの木は乾燥した大地に強いので、トルコ内陸部でもよく見かける。トルコではオリーブをよく食べるが、特に朝食にはオリーブが欠かせない。トルコ人はみんな、オリーブが大好きだ。そんなトルコに、世界初のオリーブオイル製造所跡があるという。オリーブオイルはギリシャのクレタ島で最初に造られた、との説もあるが、かなりの量を造っていた製造所の中で最も古いのが紀元前6世紀の都市クラゾメナイKlazamenaiだ。クラゾメナイは、イオニア式列柱でお馴染みの古代ギリシャのイオニア地方のひとつの都市で、現在はトルコ西部イズミル県の、エーゲ海に面したウルラUrlaにある。

この記事の続きを見る


スアジュクの旧市街はこんなに可愛らしい
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/トルコ/イズミール 
トルコの町と言えば、高いミナレットが聳えるモスクがあるイスラム教的な町、あるいは古代ギリシャ・ローマ時代の遺跡が残るどっしりとした世界遺産の町、というイメージが強い。ところがエーゲ海に面した小さな町スアジュクはそのどちらでもない。ここは本当にトルコなのだろうか、と初めて訪れた人は不思議に思うほど、思い描いていたトルコとは異なるのだ。イタリア的?あるいはギリシャ的?それともスペイン的?・・・・いや、どれか一つに当てはまることはなく、やはりトルコ的。つまりイズミルのエーゲ海沿岸地方特有の町なのである。スアジュクはイズミル県のセフェリヒサル市に属している9つの町村の一つで、海に面した小さな港町だ。

この記事の続きを見る


アクロポリスの丘にあった図書館の場所から、隣のトラヤヌス神殿跡を眺める
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/トルコ/ベルガマ 
羊皮紙、と聞くと、修道院で筆写している修道士たちの姿が目に浮かび、なんだか急に中世の世界へ引き込まれた気持ちになる。この羊皮紙、実はトルコのベルガマ(古代ペルガモン)が発祥の地とされている。羊皮紙というから当然、羊から作ると思っていたが正しくは山羊だそうだ。もちろん、動物の皮に文字を書く習慣はそれ以前からあり、牛や鹿、豚、羊の皮が使われていた。写本用にベルガマで開発された山羊の皮は非常に高品質な羊皮紙だった。ペルガモン王国はアクロポリスの丘に大きな図書館を建設し、写本することで蔵書を増やしていった。ただでさえ見どころの多いベルガマが羊皮紙発祥の地だったとは驚きで、もう一つベルガマを訪れる楽しみが増えた。現在は一見、普通のトルコの町だが、非常に高度な文化と長い歴史を持つ町なのである。

この記事の続きを見る


ギリシャで食い倒れ! 名物料理をランキングでご紹介! その3
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ギリシア/アテネ 
その2の続きです。どこで食べても、何度食べても美味しいと思ったのが、ムサカ。この国の代名詞的な料理なので、ギリシャを訪れたことがない人でも知っているのではないでしょうか。ナスなどの野菜に、ミートソースを重ねて敷いていき、上にはベシャメルソースとチーズをかけて、オーブンで焼いたもの。ムサカはギリシャだけでなく、トルコやエジプトでも似ている料理がありますし、イタリア料理のラザニアにも似た料理。パスタは使わないのでヘルシーのようですが、ボリュームは十分でした。

この記事の続きを見る


最高の景色を眺めながら滞在できる、ちょっと贅沢なホテルをこの機会に選んでみてください。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ギリシア/アテネ 
数年前までは、ギリシャといえばホテルの値段もずいぶん高くなり、お隣りのトルコなどのほうが安く旅行できる、というイメージが続いていましたが、実はこのところの経済危機の影響でトルコよりほんの少し安いレベルに下がっています。ギリシャの新聞などでも取り上げられていましたが、2009年から毎年少しずつさがって来ていて、特にアテネのホテルがお得で、2008年と比べると37パーセントも下がっているとか!経済危機の影響を受けている国内のギリシャ人や近隣のイタリア人などの観光客が減っているため、今年、2013年はさらにお得になる可能性が高いです。

この記事の続きを見る


暑い夏のギリシャ観光では、つめた〜いアイスクリームが美味しくてたまりません!
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ギリシア/パトラ 
ギリシャでアイスクリームを買いたい、と思ったら、ケーキ屋さんへ行きましょう!ギリシャ人といえば、老若男女問わず甘党です。そのせいか、どこへいっても目に付くのがケーキ屋さんの数々・・・。ケーキ屋さんは他の店が閉まっている日曜や祝日も開いていて、夜も結構遅くまでやっています。その中に大抵ある、充実したアイスクリームのコーナー。好きなアイスクリームの種類と、コーンはもちろんシロップやトッピングなども選べたりします。アイスクリームは大きな容器に入れてもらって、グラム単位でまとめて買うこともできます。特においしいケーキ屋さんは、アイスクリームも材料がよくてさらに美味しいです。

この記事の続きを見る


ギリシャ特産のからすみ。きれいなオレンジ色で濃厚な味わいです。
  • テーマ:
  • 歴史
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ギリシア/アテネ 
なかなか日本でも普段買うことがない高級食材の一つ、からすみが、実はギリシャのメソロンギの名産品だというのをご存知ですか?伝統的な手法で丁寧に作り上げられるメソロンギのからすみは、蝋で包まれていて乾燥しないことから、きちんと処理されたものは一年以上保存できるのが特徴です。ギリシャのからすみはギリシャ語でケファロス(ボラの一種)と呼ばれる魚の卵巣です。これを、魚の腹から一つ一つ破れないように指を使って取り出していて、それには手術を執り行う医者のように熟練した技術が必要だそうです。1年の間でからすみが取れるのは、たった60日間だけ。ということで、この時期メソロンギでは漁師たちが昼も夜も休まず働いてケファロスを捕獲するのです。取れたからすみは、まず海の水で洗ってから、海からとれる天然の荒塩(この海の塩もメソロンギの特産物です。)に漬けられます。そして天日に干した後、何層かの蜜蝋でコーティングされます。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。イタリア ギリシャ トルコ 周遊に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介