page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「イタリア 料理」の見どころ情報

イタリア 料理に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「イタリア 料理」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果371

1 2 3 4 5 末尾 次へ


ラグメンの麺は、細麺と幅広の平打ち麺がある。使用する野菜には決まりはなく、なんでもオッケー。ラグメンは色が赤いほうが美味しいと言われ、トマトが少なくなる冬は赤ピーマンなどが入る
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/中国/ウルムチ 
イタリア料理によく似たトマトと食べる麺、ぶつ切りの羊肉や鶏肉を使ったがっつり系の肉料理は、新疆料理を代表する料理です。新疆料理は、中国料理の一つですが、「新疆料理って、何? どこの国の料理?」と言う日本人がほとんどの気がします。新疆料理は広東料理や四川料理と比べると、とてもマイナー。でも、食べたことがある日本人には、意外なほど新疆料理ファンが多いのです。中国在住の日本人には、「カオ羊肉(ヤンロウ)」と呼ばれるシシカバブとビールを夏の楽しみにしている人は、少なくありません。日本国内には、まだ、数えるほどしかありませんが、東京と大阪に新疆料理のレストランがあります。口にあう人は、本当に大好きという新疆料理って、いったいどんな料理なんでしょう?

この記事の続きを見る


地元に愛されるお店
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ニューヨーク 
今回ご紹介するおすすめピザ屋さんは、地元民から人気の高い"Casa Theodoro(カサ・セオドア)"です。同店は、ニューヨーク市クイーンズ区ウッドサイドにあり、 「New York Pao de Queijo」 のオーナーが手がけたブラジルの味が自慢のイタリアンとブラジル料理が楽しめるお店です。ボリュームいっぱいで値段も安く、美味しいと人気で地元の人たちから高評価を得ているお店です。ブラジル料理もありますが、ピザやパスタが美味しいと評判を聞いて、筆者もデリバリーオーダーで試してみることにしました。

この記事の続きを見る


イタリアンなランチを海を眺めながら♪
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • オセアニア/オーストラリア/ケアンズ 
ケアンズの街の海岸沿いにある新しいイタリアンレストラン、Vitalia's Italian Restaurant(ビタリアズイタリアンレストラン)は、なんと伺ったこの日が開店日!以前は、ケアンズの郊外にあったレストランが街の中に移転し再オープンしたのでした。この日は、コロナウィルスによる制限解除によりレストランやカフェにも行けるようになってからまだあまり間もない頃・・・しかもなんだか雨模様・・・こんな日に開店日で大丈夫かな・・・なんて心配は、ご無用でした!これまでもケアンズのみんなの愛されていただけに、ランチタイムが大賑わい、ピザベースを伸ばすパフォーマンスもあったりと大盛況でした!

この記事の続きを見る


「ステージ・レストラン」の入り口
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ハワイ/ハワイ/オアフ島 
ハワイ州の新型コロナウイルス対策特別措置法に基づきホノルル市ではレストラン内での飲食が2ヶ月以上にわたって禁止されておりました。しかし、6月5日から店内での飲食が解禁され、多くのレストランでは店内サービスが再開されました。私もこの日を待ちに待っていましたので、早速ホノルルでお気に入りのレストラン「Stage Restaurant(ステージ・レストラン)」を訪れました。「ステージ・レストラン」はアラモアナ・ショッピング・センターの近く、人目を引くオレンジ色の建物、ホノルル・デザイン・センターの2階にあります。同建物の内にはインテリアショップが併設されており、そのオーナーが「ステージ・レストラン」も経営しています。

この記事の続きを見る


パーマをかける時に使われていたローラーボールやブラシ、ヘアクリップetc..がトイレに(笑)
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/フィレンツェ 
壁に貼られた古いポスター、棚の上には形の古い三輪車や、動くのかどうか怪しい卓上ピンボール。たくさん働いてきた形跡のある荷車の車輪に、救命用の浮き輪。傷のついた鏡は映りが悪くて、いつの日か時が止まってしまった時計に、廃棄物に見えなくもない用途不明の品々。。。と、これらはメインホールを彩るオーナメント(笑)。そして上の写真の小部屋には今では見かけなくなった年代物のローラーボール。でもココ、美容院じゃないんですよね。トイレットペーパーが分かりますか?あるお店のトイレです(笑) イタリア人のセンスにはいつも唸らされっぱなしですけれど、ココのインテリアコーディネートのオリジナリティは突出してて、ホント笑わずにはいられません。

この記事の続きを見る


お店の外には、植物が並んでいて目を引きます
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イギリス/ロンドン 
イギリスで人気の、フランスから来たイタリアンレストラン?そう聞くと、ちょっと複雑な感じですが、ロンドンのクールなエリア、ショーディッチにある「Gloria」は、2019年2月の開店以来、勢いを保っています。この店は、パリに9店(East MammaやPink Mammaなど、各店の名前は違う)、リールに1店、リヨンに1店を構えるBig Mammaグループが作りました。Big Mammaを設立した友人同士の男性2人は、料理と親切なおもてなしに興味があって、ある日、仕事をやめ、レストラン事業に参入することにしたといいます。「おいしい料理」「手頃な値段」「徹底したデザイン」「笑顔で接客」の、基本的かつ重要な4つのポイントを徹底して守り、誰もが楽しめるトラットリア(大衆食堂)を展開していくことを目指しています。コンセプトとしては、カジュアル・イタリアンで長年人気の日本のチェーン店「カプリチョーザ」と似ています。

この記事の続きを見る


SPAGHETTO
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/ローマ 
見てください!この食欲をそそる完璧な色合い!香りが漂ってきそうじゃありません?黒トリュフの載った究極のカルボナーラ・スパゲッティ。カルボナーラはローマ発祥のパスタで、本来は麺に卵黄だけを絡ませたもの。それに豚の頬肉のベーコンから出る旨みと塩気がいい味付けをするんです。ときおり無性に食べたくなるその正統派カルボナーラがまさか黒トリュフとの相性が抜群だったなんて、初めて口にした時これはもう世紀の大発見だと感激しましたよ。

この記事の続きを見る


ここのダンプヌーデルは天下一品。それは誰もが認めること。でも、それしか知られていないのはちょっと悲しい。
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/レーゲンスブルク 
ダンプヌーデルで有名なお店。ただ巷の日本語の情報ではそれ以上知ることは不可能。なのでもう少し追求してみることにしました。ダンプヌーデルとは、イースト生地をミルクで蒸した、バニラソースをたっぷりかけたもの。店主のウリさんは、チェコ北西部にある日本人にも人気の温泉地カルロヴィ・ヴァリの出身。ウリさんにお話を伺うことが出来ました。2020年5月5日でちょうど開店45周年だそうです。水曜日から日曜日までの営業を、1日も欠かしたことがないというのは驚きです。とても魅力的に思ったのは、オーバープファルツ県の昔ながらの料理を提供する数少ない(または唯一の)お店だと言うこと。それが多分、年配のお客様が多い理由の一つでしょう。一人でふらりと立ち寄る客も多く、私が観察した1時間半の間でも、ダンプフヌーデルとそれ以外のメニューの注文数はおよそ半々でした。勿論ダンプフヌーデルは絶品。バイエルン州で有名な、テレビ出演も多い料理人シューベッカーさんも、真似して作ったけれどとてもとても、と感嘆したそうです。「バイエルン一のダンプフヌーデル」、「ダンプフヌーデルの首都」と言われる所以です。

この記事の続きを見る


トラキア地方の小さなワイナリーで作られている赤ワイン
  • テーマ:
  • お酒・バー
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/トルコ/チャナッカレ 
トルコワイン、といっても日本人にはあまり馴染みがない。近年、世界中の至る所からワインが輸入され、低価格でおいしいワインが手軽に飲めるようになった。トルコからも色々なワインが輸入されているけれど、トルコに行ったことがなければ余り気にならないワインかも知れない。しかし今、トルコワインは急速に知名度を上げて世界を脅かしつつある。まず葡萄の栽培面積がかなり広く、フランスやイタリアに迫っている。歴史的にはアナトリア(小アジア)では紀元前から葡萄が栽培されており、フランスやドイツ、イタリアよりずっと先輩だ。オスマントルコ時代もアナトリアにギリシャ系住民が多かったことでワイン造りが盛んだった。トルコはイスラム教徒の国だがアルコールに関しては極めて寛容。ビジネスマンや若い人たちの間で、特にイスタンブールのような大都市でワインが飲まれている。

この記事の続きを見る


サイゴン川を一望できるのは最高の贅沢。角部屋は壁2面が大きな窓になっているのでかなりの人気だそう
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • アジア/ベトナム/ホーチミン 
2015年にオープンして以来、サイゴン(ホーチミン市)きってのゴージャスホテルとして知られている『ザ レヴェリー サイゴン』。オープンの翌年には旅行誌『コンデナスト トラベラー』から「注目の新ホテル」として取り上げられ、その翌年2017には同誌が開催する「The Best 50 Hotels in the World」アワードで4位を取得するという実力の持ち主で、一気にワールドクラスのホテルにカウントされるようになりました。ショッピングにも便利なホーチミン1区に位置し、サイゴン川に面しているというその立地の良さから、すでに素敵ぶりがうかがえます。

この記事の続きを見る


1 2 3 4 5 末尾 次へ


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。イタリア 料理に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介