page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「イタリア 有名な 動物」の見どころ情報

イタリア 有名な 動物に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「イタリア 有名な 動物」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


もっとも有名な石像がこの巨大な「人食い鬼」でしょう。口の中に入るとベンチとテーブルまであります。当時の人たちはこの中に入ってワインを片手におしゃべりでもしたのでしょう。とにかく迫力満点です!
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/オルヴィエート ローマ 
イタリアの中部、ウンブリア州にある小さな町「ボマルツォ」に、世界でも有数の奇妙な公園があります。それが「怪物公園 Parco dei Mostri」です。その不気味さ、奇妙さは写真を見ると一目瞭然、怖い形相の彫刻、傾いた建物、伝説の動物、戦う巨人などが広い敷地に点在していて、訪問する人たちを驚かせるのです。日本の安土桃山時代に作られたこの公園の意図はなんなのでしょう? その不気味で不思議な公園を楽しんできました。

この記事の続きを見る


これがミケランジェリが得意とする動物たちの置物。犬、猫、オウムなどなど、様々な可愛い動物たちが出迎えてくれます。僕のお気に入りは巨大なオランウータン。いつか家に飾りたいです
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/フィレンツェ ローマ オルヴィエート 
オルヴィエートにミケランジェリという工房があるのをご存知だろうか? 1798から200年以上も続く、デザイン木工作品を作っている有名な工房で、その可愛く、魅力的な作品は世界中に愛好家がいるほどです。オルヴィエートに生まれ、家具や建具が起源の工房は今や5代目。その木工の置物や家具は一度見たら忘れられない、他の工房作品と見間違えることのない独特のスタイルを持っています。シンプル・モダンで、ラインが強調されたフォルムが時代に流されず今もなお愛されている理由でしょう。

この記事の続きを見る


シエナの時期は町中がパリオ一色になります。世界一有名な競馬競技を見ようと世界中から観光客が集まります
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/シエナ 
パリオはシエナで1147年から800年以上続いている伝統行事、「競馬レースのお祭り」です。でも普通のお祭りやレースを想像したら大間違い。パリオは毎年7月2日と8月16日、たった年2回行われるレースで、セネーゼ(シエナの人)にとってはこの日のために生きているといっても過言でないほど、大切で情熱的な試合です。イタリアの中でもシエナでは、カルチョ(サッカー)より断然パリオなんです。

この記事の続きを見る


「イタリア 有名な」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

チェッリーニの名品「ソゲナンテ・サリエラ(食卓用塩入れ)」は必見
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/ウィーン 
ウィーンでもトップクラスの見どころでもあるウィーン美術史美術館。このヨーロッパ屈指の美術館で、多くの観光客のお目当ては1階(日本式では2階)の絵画ギャラリーで、ブリューゲルやデューラーといったオランダ絵画、ラファエロやティツィアーノらのイタリア絵画など、目玉となる名画が展示されています。なのでたいていの人はその階だけ見て帰ってしまい、その下の階はほとんど素通りです。下の階(0.5階の表示)には何があるかというと、半分が古代ギリシア、エジプト、ローマなどの古代芸術セクション、半分が彫像や装飾品などの美術工芸品の展示になっています。今回は、ガイドブックなどでもほとんど取り上げることがない、この階の展示の見所を紹介します。

この記事の続きを見る


ここのダンプヌーデルは天下一品。それは誰もが認めること。でも、それしか知られていないのはちょっと悲しい。
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/レーゲンスブルク 
ダンプヌーデルで有名なお店。ただ巷の日本語の情報ではそれ以上知ることは不可能。なのでもう少し追求してみることにしました。ダンプヌーデルとは、イースト生地をミルクで蒸した、バニラソースをたっぷりかけたもの。店主のウリさんは、チェコ北西部にある日本人にも人気の温泉地カルロヴィ・ヴァリの出身。ウリさんにお話を伺うことが出来ました。2020年5月5日でちょうど開店45周年だそうです。水曜日から日曜日までの営業を、1日も欠かしたことがないというのは驚きです。とても魅力的に思ったのは、オーバープファルツ県の昔ながらの料理を提供する数少ない(または唯一の)お店だと言うこと。それが多分、年配のお客様が多い理由の一つでしょう。一人でふらりと立ち寄る客も多く、私が観察した1時間半の間でも、ダンプフヌーデルとそれ以外のメニューの注文数はおよそ半々でした。勿論ダンプフヌーデルは絶品。バイエルン州で有名な、テレビ出演も多い料理人シューベッカーさんも、真似して作ったけれどとてもとても、と感嘆したそうです。「バイエルン一のダンプフヌーデル」、「ダンプフヌーデルの首都」と言われる所以です。

この記事の続きを見る


香ばしいピーナッツと甘いカラメルがおいしいメキシコのスイーツ
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • 中南米/メキシコ/プラヤ・デル・カルメン 
メキシコには、100年近くも前から国民に親しまれている、伝統的なスイーツが多くあります。その中でも今回は、伝統的なだけでなくメキシコの人々に人気のスイーツを5選ご紹介します。1つ目は、ピーナッツ菓子の「パランケタス」。パランケタスは、メキシコ北部のコアウイラ州で生まれた、ローストしたピーナッツを、蜂蜜や砂糖でからめたとてもシンプルなスイーツです。形は長方形や丸で、かぼちゃの種をのせたパランケタもあります。ピーナッツと固まったカラメルでできているため、触感は堅め。おせんべいのように、バリバリと食べましょう。パランケタスは、マーケットやスーパー、コンビニで見つけることができます。

この記事の続きを見る


ヤン・ブリューゲル1世の静物画のイメージ。彼は四季折々の花々を描き「花のブリューゲル」とも呼ばれました。この作品はハーグの「マウリッツハウス美術館」で見られます。
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ベルギー/ブリュッセル 
「ベルギー王立美術館(前編)〜ブリューゲル没後450年イヤーに見るべき作品はコレ!」からの続きです。西洋絵画の世界は、中世までは宗教画や肖像がメインでしたが、16世紀に入ると風景画のジャンルが生まれます。ピーテル・ブリューゲル1世は、風景のみの絵を描いた先駆者ともいわれています。16世紀、イタリアの盛期ルネッサンス美術が北ヨーロッパに伝わると、ネーデルランドの多くの画家はローマに留学します。ブリューゲルも26歳頃から約2年間ローマで古典美術を学びますが、帰国後はイタリア的な人間中心の作品は描きませんでした。低地のネーデルランドで育ったブリューゲルにとって、イタリア旅行の道中で目にしたアルプスの山々や渓谷の景色は何より感動的だったのです。その感動を元に大風景画シリーズを手掛け、絶大なる人気を博します。

この記事の続きを見る


1日だけカトマンズ観光するなら、このコースがおすすめ!
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • アジア/ネパール/カトマンズ 
ヒマラヤの国ネパール、首都・カトマンズのあるカトマンズ盆地は、中世の面影がいまもあちこちに残る町。世界遺産に登録されており、見どころが満載です。時間が限られた旅行では、効率よく回りたいもの。そこで、オススメのカトマンズ観光1日コースをご紹介したいと思います。

この記事の続きを見る


1)
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/フィレンツェ 
昨今日本では“テーマパーク・レストラン”や“コンセプト・レストラン”など、趣向を凝らした食事処が人気ですが、今フィレンツェで話題のレストランといえば、その逆を行くシンプルでナチュラルテイストの“温室レストラン”です! 温室って? そう、もちろん植木鉢の並ぶ温室のこと。沢山の植物に囲まれた店内は、そりゃもう最高に気持ちのいいリラックス空間。植物って実際、どんな高価な調度品にも勝る究極のオーナメントなんですね、ってことを教えられますし、屋内にいてこれだけの自然光を受けると、改めてその素晴らしさに感動するんです。自然の大切さを再認識する今の時代にマッチするこのスタイル、実は最新モードってわけですね。

この記事の続きを見る


ホテルの客室から眺めるエーゲ海。ホテル前の広場から右手に長く緑地帯が続いている
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/トルコ/イズミール 
イズミルIzmirで1、2を競う高級ホテルと言えばヒルトン・ホテルとスイスホテル・ブリュック・エフェスだ。この2つのホテルは並ぶように建っている。イズミルのオフィス街にあり、近くには高級ブティックなどの店も多く見られる。エーゲ海は目の前で、海に沿った緑豊かなプロムナードが長く続いている。ヒルトンは1991年にオープンしたが、スイスホテルの方はその前身であるブリュック・エフェス・ホテルが1964年オープン、とかなり早い時期に建てられている。ブリュックは大きいという意味なので英語でグランド・エフェス・ホテルと訳されていた。長い間イズミル随一の高級ホテルで、トルコ人が理想としたホテルだった。1万2千平方メートルという広大な敷地の中にあり、樹木の茂る前庭と中庭が美しい。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。イタリア 有名な 動物に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介