page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「イタリア 街並み 特徴」の見どころ情報

イタリア 街並み 特徴に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「イタリア 街並み 特徴」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


7カ国全ての家がオランダの国家遺産
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
アムステルダムの中心地、ミュージアム広場から西へ徒歩6分ほどのルーメル・フィッセル通り (Roemer Visscherstraat) では、ヨーロッパ7カ国の建築物を一度に鑑賞できます。高級住宅街にある閑静な通りの中ほどまで歩みを進めると、オランダの典型的な赤レンガ造りの建物に続いて、異国情緒あふれる7軒の家が並んでいます。各々がヨーロッパの国を代表する建築様式で建てられ、オランダ語で「7カ国の家」を意味する「Zevenlandenhuizen ゼーヴェンランデンハウゼン」と呼ばれています。

この記事の続きを見る


聖マルティーノの「マント伝説」を表す彫刻。聖マルティーノ教会のファサード中央に
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/フィレンツェ 
4世紀のこと、ある若い兵士が半裸のホームレスに出くわします。不憫に思った兵士は自らのマントを二つに裂いてホームレスに与えました。その夜、兵士は夢を見ます。その半分のマントをまとったイエス・キリストが語りかけてきたのです。。。これは聖マルティーノの伝説。つまり兵士のマルティーノが回心し、その身を神にささげるきっかけとなったエピソードです。そして今日ご紹介するのが、この聖マルティーノを町の守護聖人とし、町の名もこの聖人に因んでつけられた南イタリアのマルティーナ・フランカ。聖人を祭る聖マルティーノ教会は町を代表する建築物で、ファサード中央にはまさにこのエピソードが鎮座しているんです。

この記事の続きを見る


スロベニアの国境にあるノヴァ・ゴリツァの鉄道駅
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/ベネチア 
ベネチアとスロベニアの首都リュブリャナを結ぶ主なルートはふたつあります。ひとつはアドリア海沿いを行く海側のルート。イタリアのトリエステから国境を越え、スロベニアのコーペルを経由してリュブリャナに向かいます。コーペルでちょっと寄り道をして、ピランに滞在するのもおすすめ。ピランはアドリア海のトリエステ湾とピラン湾にはさまれた、突き出た角のような小さな半島に位置する小さな町です。ベネチア共和国に支配された頃の街並みを残す旧市街と真っ青なアドリア海の絶景を、丘の上の城壁から見下ろすことができます。

この記事の続きを見る


敵の進入を阻むため、天然の崖の上に造られたオルヴィエートの町。夕暮れになると大聖堂に夕日があたり赤く輝きます。息をのむ美しさです。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/オルヴィエート 
ローマから北に約100キロ、フィレンツェに向かう途中に中世の美しい町があります。それが最近人気急上昇のオルヴィエート。イタリアにはローマのコロッセオ、ピサの斜塔、フィレンツェの大聖堂、ミラノの最後の晩餐など、観光名所が豊富ですが、中世の小さな町をゆっくりと観光する旅程が注目を集めています。中でも立地の良いオルヴィエートは人気で、石畳の続く細い路地、小さな教会から時を告げる鐘の音が響き、町行く人が「チャオ〜」と声をかけながら生活をしています。懐かしい街並みは誰もを虜にする魅力を持っています。

この記事の続きを見る


情緒のある
  • テーマ:
  • 歴史
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/ローマ 
スペイン階段とコロッセオの中間ぐらいにあるモンティ地区。ローマ旧市街の12地区のうちの1地区である。古代は、売春宿などがある貧民街で、かなり人口密度が高かったらしい。「Monti(モンティ)」はイタリア語で山々という意味で、その名前のとおり、このエリアは、道幅の狭い急な坂に囲まれていた。そのため、下水道が破壊された中世期には、水を運ぶのが大変で、多くの住民が立ち退いていったと言われている。1800年代の初期でさえも、水回りが悪いこと、バチカンから遠いなどの理由から、あまり人気のあるエリアではなかったようだ。

この記事の続きを見る


「イタリア 街並み」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

マルクト広場のワイマール市庁舎。塔内にあるマイセン製の鐘は毎正時に鳴るので是非聞いてみよう
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/ワイマール 
ドイツのほぼ中央に位置するテューリンゲン州の街ワイマールはかつてドイツの文豪ゲーテ(1749-1832)やシラー(1759-1805)の活躍した文化都市。2019年はグロピウス創設の芸術総合学校バウハウス誕生から100周年を迎え、話題を集めた街です。ワイマールは9世紀からの長い歴史を有しますが、古典主義の都として開花したのは、文豪や文化人が多く集まった18世紀中頃から19世紀中頃にかけてでした。ワイマールはザクセン・ワイマール公国の首都としてエルンスト・アウグスト2世(大公)が統治していました。しかし、大公はアンナ・アマーリア公妃と結婚してからわずか2年で亡くなりました。そこで公妃は幼い長男カール・アウグストの教育者として、ドイツの著名な詩人・作家のクリストフ・マルティン・ウィーラント(1733-1813)を招きました。公妃は、ワイマールに宮廷劇場やアンナ・アマーリア大公妃図書館を創設し市民に公開するなど、文化に造詣も深い才女として知られており、文化都市ワイマールの礎を築いたキーパーソンとして重要な役割を果たしました。

この記事の続きを見る


地下15mの貯蔵庫。石灰岩大地の天然の湧水が、ワイン樽に必要な湿度を保ってくれる
  • テーマ:
  • お酒・バー
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/シエナ 
イタリアという国の魅力はあまりに各方面に抜きんでていて、一口、はおろか十口でも(笑)言えません。その魅力の一つが言わずと知れた“ワイン”ですが、皆さんっ、大事なのはココ! そのワインの生産地に赴き、ブドウ畑を見て・歩いて、ブドウからワインが出来るまでの工程を辿り・話を聞き、そして試飲する・飲み比べる〜これこそがイタリアンワインの大きな魅力なのです! 中でもトスカーナの丘陵地帯に整然と並ぶ支柱の筋、そこに青々としたブドウの枝が絡んで見事なストライプ模様が描かれる様は得も言われぬ美しさなんですヨ。イタリアは日本の国土の80%と比較的小柄ですから(笑)訪問し易いのが嬉しいですね。

この記事の続きを見る


シエナ大聖堂
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/シエナ 
フィレンツェの南50kmに位置するシエナは、中世期にはフィレンツェと覇権を競うほどに栄えていた都市国家。繁栄の名残は今なお町の隅々に見られます。2008年公開の映画「007 慰めの報酬」ではこの町が登場。冒頭で迫力のカーチェイスが繰り広げられてましたね。街はそんな映画のシーンにも選ばれる美しき古都。それを360度見渡せる贅沢な場所があるんです! それは市役所に聳える塔でも、大聖堂の鐘楼でもありません。それは、シエナの人々から親愛の情を込めて「Facciatone(ファッチャトーネ)」と呼ばれる“謎の壁”・・・

この記事の続きを見る


美しく飾られた路地
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/アッシジ 
日本とさほど変わらない緯度に位置するイタリア。やっと待ちに待った春の到来です! そんな季節にこそ訪ねてほしいのが、ウンブリア州のスペッロという小さな村。オリーブ畑に囲まれた、“イタリアの美しい村”にも選ばれている美しく愛くるしい村です。その城壁に囲まれた端から端まで1kmにも満たない小さな旧市街地は、勾配の急な石畳の小路が入り組み、中世の古き時代を彷彿とさせる魅力溢れる景観。でもそれだけじゃない、路地やバルコニー、窓などの至る所が色とりどりの植物で見事に飾られて、とても美しい眺めが楽しめるんですヨ。

この記事の続きを見る


まるでヨーロッパのようなフレンチ・クォーターの街並み
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ニューオーリンズ 
ニューオーリンズに来たら、絶対に訪れておきたいスポットがここ、フレンチ・クォーター。市の中心部に位置し、カナルストリートを境に歴史あるヨーロッパの街並みと、ビジネスディストリクトである新市街地がうまく共存しています。独自の文化が息づくこの街を知るには、とにかく歩いて回るのがベスト! 細い路地に建ち並ぶ美しい建築物や趣きのあるバルコニーを見学しながら、フランス、スペイン、イタリア、アフリカ、そして南部のスタイルが融合したこの町ならではの雰囲気を肌で感じてみましょう。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。イタリア 街並み 特徴に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介