page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「イタリアといえば」の見どころ情報

イタリアといえばに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「イタリアといえば」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


1世紀末〜2世紀初め頃のフィレンツェ
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/フィレンツェ 
フィレンツェといえば、芸術の都〜文芸復興=ルネサンス。メディチ家が台頭した中世期に栄えた町・・・。当時の町並みが今も色濃く残るとはいえ、やはりこの町も時代とともに少しずつ変わってきました。また、レオナルド・ダ・ヴィンチなどの巨匠が活躍したのは15世紀後半ですが、100年あまり遡った14世紀後半に当家が最初に歴史上に名を為し、それからさらに100年前の12世紀後半に『神曲』を著したダンテが現れました。ではそれよりもっとずっと昔のフィレンツェとは、ゴシックやルネサンス建築で覆われていないフィレンツェとは、どんな町だったんでしょう。想像するのが難しいですよね!

この記事の続きを見る


「イタリアと」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

「ここではないどこかへ」出かけたい人へ。旅の名言を送ります
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
旅に出たいけれど条件が揃わず、なかなか出かけられないことがあります。そんな時ほど、いつかまた旅に出たいと思うもの。今回は家にいながらも旅に出たくなるイメージが浮かぶ、世界の旅の名言をいくつか集めてみました。ガイドブックや本、映像などを見て、家にいながらにして旅を楽しむ「アームチェアトラベラー」という言葉があります。そのマテリアルの中に、旅の格言やことわざも入れてみてもいいかもしれません。今回は私が気に入っている旅の名言の中から、作家が述べたものをピックアップしてみました。

この記事の続きを見る


最高にクールなグラフィティ・アーティスト
  • テーマ:
  • イベント
  • 行き先:
  • アジア/シンガポール/シンガポール 
Didier “Jaba” Matthieu(ディディエル・ジャバ・マシュー、写真左から2番目)は、コロンビア人のグラフィティ・アーティストにして多分野から芸術にアプローチする、マルチディスシプナリー・アーティスト。今回のフェアの注目アーティストによるトークセッションの、エッジが効いた背景の絵も彼の作品!シンガポールのアートシーンで活躍すること10年で、ルーカスフィルムとの仕事や『アイアンマン』『スタートレック』など有名な映画でのデジタルデザイン担当も。そんなすごい経歴の若手アーティストながら、気さくで“ライフスタイルを作品に投影したい”と話していたのが印象的でした。日本での仕事の予定もあるとのこと、彼が来日したら是非チェックして!

この記事の続きを見る


空瓶を持って行くとそこにワインを入れてくれます。空瓶がなくてもお店が用意してくれますし、ペットボトルに詰めてもらうことも可能です。
  • テーマ:
  • お酒・バー
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/フィレンツェ 
イタリアと言えば世界遺産と美味しいグルメを思い出すでしょう。パスタ、ピッツァ、チーズ、ドルチェなど、今ではレストランでだけでなく家庭でもイタリアンを作られるようになりました。その料理に欠かせないのがワインです。イタリアはワインの生産量、消費量、そして輸出量ともにフランスと並んで世界最大となっています。日本でも美味しいイタリアワインを気軽に楽しめるようになりました。今回はイタリアに行ったらぜひ試してもらいたい「メッシタ」というワイン店の1つの形を紹介します。ワイン好きの方は必見ですよ。

この記事の続きを見る


パトラ市内のショーウィンドーにもカートが。
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ギリシア/パトラ 
2015年の秋も、恒例となったカートレースがパトラ市中心部で開催されます。10月3日と4日の土日は、町の中心の車道がレースのサーキットに変わり、カートやフォーミュラのエンジン音で包まれます。観戦は無料なので、誰でも間近でレースの迫力を味わうことができます。サーキット沿いのカフェによっては座った席からサーキットがそのまま見えます。土曜から日曜にかけて、カテゴリー別にレースが行われ、カートレースの合間にフォーミュラが登場したり、国外から車のアクロバットチームが呼ばれていて、いろいろなパフォーマンスを見せてくれます。中心の広場には、各チームが待機するテントが並び、カートやフォーミュラをじっくり近くで見ることもできます。

この記事の続きを見る


凛とそびえ立つスフォルツェスコ城。カステッロ広場は市民の憩いの場となっています。
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/ミラノ 
ミラノの中心ドゥオーモから歩いて10分程度のところにあるスフォルツェスコ城。ドゥオーモの前の広場から、美しい石畳の通りをウインドウショッピングをしていると、大きな塔が目に入ります。それがスフォルツェスコ城の入り口。入り口の正面は109メートルという高い塔になっていて、入り口の前にあるカステッロ広場は市民の憩いの場となっています。ダ・ヴィンチも建設に携わったと言われているこのスフォルツェスコ城に訪れたなら是非言ってみてほしいのが今回ご紹介する VAN BOL & FESTEです。

この記事の続きを見る


サトゥルニア温泉は誰でも入ることができる露天風呂です。イタリア人はやっぱりおしゃべり大好き。皆さん楽しそうに団らん、ゆっくりとリラックスします。のぼせないように注意しましょう。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/ローマ 
イタリアと聞いて温泉をイメージする人は少ないでしょうが、イタリアには各地に温泉があります。シチリアにあるエトナ山は世界で最も活動的な火山の一つで今なお噴火し続けていますし、ポンペイを一昼夜にして飲み込んだヴェスヴィオ火山も有名です。火山があるということは温泉もある、保養地として年配者が多かった温泉地も最近では若者にも人気のスポットとなっています。数あるイタリアの温泉地の中でも特に美しいのがサトゥルニア温泉。温泉が丘陵地帯を縫うように流れる景観は幻想的で美しいです。

この記事の続きを見る


普段は私服で登校するギリシャですが、こういう場面では学校ごとにいろいろな制服を着てパレードします。真面目に行進する生徒もいれば、照れ笑いしている生徒も・・・。
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ギリシア/アテネ 
ギリシャは、現代になっても隣国などとの国境問題を抱える、複雑な歴史を歩んできた国です。ヨーロッパや世界に影響を与えた古代ギリシャの繁栄の歴史のみが日本では有名ですが、実はその後、絶えず他国の侵入、支配に悩まされ、ギリシャ人としてのアイデンティティをやっと保ってきたと言えます。そのギリシャでは、第2次世界大戦中の1940年、ムッソリーニ率いるイタリア軍による侵入をきっぱり「NO!」(ギリシャ語で「オーヒ!」)と拒否し、イタリアと交戦を開始した日である10月28日が、独立記念日(3月25日)と共に、ギリシャ人の誇る歴史的な記念日として盛大に祝われています。

この記事の続きを見る


フォロ・ロマーノの遺跡。パラティーノの丘の展望広場からの眺め
  • テーマ:
  • 遺跡
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/ローマ 
長かった冬も終わり、観光シーズン本番となりました! 中でも暑い暑い夏を迎える前のこの季節にもってこいの旅活動は屋外探索。紀元前753年頃に始まったという古代ローマの荘厳な遺跡の中をゆっくりと歩きまわりながら、浪漫を感じてみませんか?【注:日本と同じく南北に細長いイタリアは、日本よりちょっとだけ高緯度ですが、季節の移り変わりと気候はほとんど似たようなものです】

この記事の続きを見る


バルセロナの中心に出来た新しいスポットMONVINIC。ワイン文化発信の場として期待できそう
  • テーマ:
  • 歴史
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スペイン/バルセロナ 
フランス、イタリアと並び世界三大ワイン生産国の一つスペイン。ワインの歴史は長く、紀元前ギリシャ人、フェニキア人のもとでワイン作りは始まり、ローマ帝国においては、イベリア半島は重要なワイン産地になっていたといわれています。食事にはワイン、ワインはスペインでの生活に切っても切れないものです。80年代ごろより、スペインワインが世界でも注目されるようになるにつれ、より深く知り、味わい、楽しみたいという人々が増えているようです。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。イタリアといえばに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介