page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「イルクーツク 民族衣装」の見どころ情報

イルクーツク 民族衣装に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「イルクーツク 民族衣装」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


橋の向こうには壮麗な雰囲気漂うホテル
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ロシア/モスクワ 
ホテル ラディソンSASスラヴァンスカヤから程近く。「酒場」という意を持つШинок(シノック)はウクライナ料理を心ゆくまで愉しめる美食のレストラン。日本でロシア料理として紹介されているカツレツやボルシチは、実のところはウクライナが発祥とあって期待を超えた味わいを体験できます。重厚感漂うドアを開けてクロークに衣服を預けたら、3Fのダイニングへと足を進めて。華やかなお花たちのヘッドドレスと赤い糸で細やかな刺繍が施されたウクライナの民族衣装に身を包んだウェイトレスが、にこやかに来店を迎えてくれます。

この記事の続きを見る


「イルクーツク」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

シベリアの大地を駆け抜けるシベリア鉄道9300kmの大旅行(その4)
  • テーマ:
  • 鉄道
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ロシア/ノボシビルスク 
イルクーツクを出発すると、次の目的地はいよいよ最終駅のモスクワです。そこまで3泊4日、約5200km。イルクーツクを出てしばらくすると、これまで見かけなかった風景が現れてきます。畑です。これまでは荒野ばかりでしたが、黒い土をした広々とした耕作地があるのです。それはいかにも肥沃な土の色で、ここ西シベリアはもう不毛のシベリアではありません。沿線に生えている木々もシラカバばかりではなく、太く背が高い木が混じり、村や町の規模も徐々に大きくなっていくのがわかります。

この記事の続きを見る


シベリアの大地を駆け抜けるシベリア鉄道9300kmの大旅行(その3)
  • テーマ:
  • 鉄道
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ロシア/イルクーツク 
列車は次の目的地イルクーツクへ近づいていきます。すると右側の車窓から真っ白に凍結した湖が見えてきました。バイカル湖です。深さ1600m。世界で最も深い湖として有名なバイカル湖は、鉄道を造る際に最も難工事だったことで知られています。鉄道ができる前は船で渡っていました。しかし、冬は厚い氷が張るので船は運航できません。それで氷の上に線路を敷いたこともあったそうです。1年を通して大量の物資を運ぶためにはどうしても鉄道が必要でした。それでこのバイカル迂回線と呼ばれる260kmを、約3年かけてようやく造りあげたのです。ここができることで全シベリア鉄道が開通することになりました。

この記事の続きを見る


海外病院体験談! クズル(ロシア連邦トゥバ共和国)編
  • テーマ:
  • 癒し
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ロシア/イルクーツク 
ロシアは連邦国家で、国内には連邦を構成する小さな共和国がいくつもあります。南シベリアにあるトゥバ共和国もその一つ。イルクーツクの西、モンゴルの北西に位置し人口は30万人余りで、その約7割がトルコ語系のトゥバ語を話すトゥバ人。「ホーメイ」と呼ばれる喉歌でも有名な所で、筆者はこの「ホーメイ」の音楽祭を観にトゥバを訪れた際に、奇しくも人生初の海外入院体験をしました。

この記事の続きを見る


「民族衣装」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

近くで見ると時計台の針は長い方が時間を、短い方が分を示している。最初は時間を示す針が1本あっただけで、後に分を示す針が加えられるが、時間より長い針は作れないので短い針になったとか。
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/グラーツ 
丘の上に顔を出すユニークな時計台はグラーツのシンボルとして良く知られている。四角い塔の4面に文字盤があり、その上に木製の回廊と四隅に出窓を乗せた変わった形をしている。標高123mの丘に小さな城が造られたのは10世紀半ばのこと。マジャル民族の攻撃に備えた砦だった。最初の時計台は13世紀に見張り塔として建設され、16世紀半ばに拡張されて町の火の見櫓の役目も果たしてきた。現在の姿になったのは1712年のことだった。ウィーンから南東の約150キロに位置する古都グラーツ。その歴史は古代ローマ帝国時代にまで遡り、中世からはハプスブルク家の町となって栄えた。神聖ローマ皇帝のフェルディナント二世やサライエヴォ事件で暗殺されたフランツ・フェルディナント大公がこの町で生まれている。グラーツ出身の著名人は多く、近年では指揮者のカール・ベームやニコラウス・アーノンクールがいる。

この記事の続きを見る


人々がそぞろ歩く、のどかな通り
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ボスニア・ヘルツェゴビナ/サラエボ 
初めてボスニア・ヘルツェゴヴィナの首都・サラエボに行ったら、ぜひ訪れたい場所の一つがバシチャルシアです。オスマン帝国統治時代の16世紀に造られた商業地区で、その呼び名はトルコ風。サラエボの繁華街に位置するので観光客にも行きやすく、あたりはいつも人でいっぱい。赤レンガで低層の建物が軒を連ね、昔にタイムトリップしたような気分になります。路上に席を設けたカフェがあるので、現地式のコーヒーやチャイなどを飲みながら、のんびりと過ごすのもいいですね。

この記事の続きを見る


こんな人にオススメ!
  • テーマ:
  • ビューティー
  • 行き先:
  • アジア/ベトナム/ダナン 
ベトナムと言えば民族衣装のアオザイのイメージがあると思います。市場や街中のオーダーメイド店では、アオザイを購入できるところも多々あります。旅の記念に購入してもいいと思いますが、着てみたいけど購入はちょっと・・と言う方にお勧めしたいのが、アオザイレンタル。9:00-18:00のレンタルで1人15USDでレンタルすることができます。また、こちらのラウンジ内にはランタンの展示や、ノンラー(ベトナムの三角笠)の貸し出しも行っているので、素敵な写真を撮影することができます。

この記事の続きを見る


きれいな色のサリー、中に着るブラウスはオーダーメイドで体にぴったりとしたものを作る
  • テーマ:
  • ビューティー
  • 行き先:
  • アジア/ネパール/カトマンズ 
ネパールの女性の民族衣装は華やかです。ピッタリしたブラウスに一枚の長い布を巻きつけて着るサリー、ワンピースにパンツを合わせるクルタスルワール、ピッタリしたトップスにボリュームのあるロングスカートのレヘンガなど、最近はバラエティも豊富。日本で普段着るにはちょっと派手ですが、パーティや舞台(歌手や演奏家の方)、仮装イベントなどでは大活躍してくれます。いずれも体にフィットしたものを着る方がかっこいいので、ぜひオーダーメイドしてください。ツーリストだから急いでと伝えれば早めに仕上げてくれるはずです。

この記事の続きを見る


独立記念日を祝う特設会場「フォンダ」にて男女対になって国民舞踊「クエカ」を踊る人々
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • 中南米/チリ/サンチアゴ 
毎年9月18日はスペインからの独立を果たしたチリの記念日。そして2019年もやってきましたチリの独立記念日週間!そこら中にチリの国旗が飾られ、学校や会社も1週間近く休みになって国をあげて祝います。学校では、休みが始まる前に、保護者を学校へ招いて子供達がチリの各部族の舞踊を披露する発表会が行われます。また会社勤めをしている人たちは、休暇前に会社で社員が全員揃って巨大なお肉を焼いて食べる独立記念日を祝うバーベーベキューパーティーをしたりしてお祝いをします。

この記事の続きを見る


おすすめ撮影ポイントは、境内へ入る手前の右手奥。池を挟めば、“逆さカックー遺跡”を入れて撮ることができる
  • テーマ:
  • 遺跡
  • 行き先:
  • アジア/ミャンマー/インレー湖(ヘーホー) 
ここ数年、日本人観光客が一気に増えているスポットが、シャン州のカックー遺跡。人気の秘密は、2500近い細い尖塔が天へ突き出すフォトジェニックな光景です。ニャウンシュエから車で行く場合、州都タウンジー経由で約2時間かかりますが、公共交通機関はないので車をチャーターすることになります。途中、タウンジーで入域料を払い、パオ族のガイドを雇うことが義務付けられていますが、これはパオ族の聖地が観光客を受け入れるのに際して、政府とパオ族側との取り決めに基づくものです。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。イルクーツク 民族衣装に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介