page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「インスブルック 王宮 入場料」の見どころ情報

インスブルック 王宮 入場料に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「インスブルック 王宮」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


アンブラス城内のホール
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/インスブルック 
昔々、16世紀の恋物語です。フィリッピーネ・ヴェルザーというドイツのアウグスブルクの豪商のお嬢さんと、チロル大公フェルデイナント2世の恋は身分違い。ですが、その恋を実らせて結婚したのです。ロマンチックな話ですね! このフィリッピーネ、色白の美人だったとか。あまりにも肌が白く、赤ワインを飲むと、赤ワインが肌から透けて見えたという逸話があるくらいです。それは、あまりにも盛りすぎですが、綺麗な女性だったのは確かなようです。フェルデイナント2世が愛しの妻のために建てたアンブラス城は、今もオーストリアのインスブルックに残っています。

この記事の続きを見る


旧市街地の広場に面して建っている「黄金の子屋根」。屋根は金箔を貼った瓦で出来ています
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/インスブルック 
「イン川に架かる橋」という意味の街の名前の通り、この街はイン川の周辺にあります。周りをアルプスに囲まれた小さな街ですが、古くからハプスブルグ家の皇帝達に愛されてきました。その為、今でもたくさんの古い建造物や美しい町並みが見られます。代表的なものは「黄金の子屋根」。マクシミリアン1世が広場で行われる行事を見物する為に作らせた特別席です。内部にはマクシミリアン1世の博物館もあります。ここから見える美しい街の広場は今ではたくさんの観光客で賑わいます。

この記事の続きを見る


インスブルック随一の観光名所「黄金の小屋根」。いつも観光客でいっぱいだ
  • テーマ:
  • サッカー観戦
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/インスブルック 
欧州選手権(ユーロ)2008の開催地を紹介している特別編。今回は64年、76年の冬季オリンピックが開催された風光明媚な山と自然の町・インスブルックを取り上げる。オーストリアアルプスで名高いインスブルックはチロル州の州都。人口は12万とそう多くないが、オリンピック開催都市として世界的な知名度を誇る。町の名称は「イン川にかかる橋」という意味。その名の通り、インスブルックの歴史は12世紀にイン川のたもとに集まる集落から始まったという。インスブルック中央駅に着いて列車を降りると、いきなりジャンプ台が見えてくる。これが町のシンボルだ。今も1年に数回はジャンプ競技が開催されていて、サッカーよりもこちらの方が人気があるようだ。駅から10数分歩くと中世の都市の迷いこんだような旧市街にたどり着く。

この記事の続きを見る


「王宮 入場料」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

ロプコヴィッツ宮殿カフェのテラスから眺めるマラー・ストラナ
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/チェコ/プラハ 
プラハはヴルタヴァ川によって二分されており、東岸に旧市街がある。プラハの旧市街は12世紀頃に建設されており、新市街でさえ14世紀頃に建設されたという大変古い都市である。過去の2つの世界大戦ではほとんど被害を受けていないので、どこを歩いても中世を感じる。そしてヴルタヴァ川西岸は9世紀頃に集落ができたという、古い地区だ。城の丘とストラホフ修道院の丘に挟まれ、城下町として発展したマラー・ストラナはどちらの丘から眺めても美しく、この上ない風情を感じる。プラハ城から眺めるとマラー・ストラナは真下に広がっている。城の東門の前にある見晴台にはいつも観光客が佇み、写真を撮っている。混雑して順番待ちが出るほどのビューポイントだ。

この記事の続きを見る


ストリート178(通称:アートストリート)沿いに立ち並ぶギャラリー。カンボジア人画家による風景画や仏像彫刻が多く見られます。
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • アジア/カンボジア/プノンペン 
世界遺産アンコールワットがあるシェムリアップに比べると、観光名所が少ないと思われがちな首都プノンペン。定番のランドマークを巡りきってしまい、「何か他に面白いところはないの?」と思っているあなた。のんびりと街歩きをしつつ、アートに触れてみるのはどうでしょう?街中の小さな路地裏には人々の暮らしがあり、思わずシャッターを切りたくなるような絵になるシーンを見つけれられるのも、都市部ならではの楽しみ。今回は、散歩の途中にのぞいてみたい、プノンペンのアートスポットを順にご紹介します。

この記事の続きを見る


王宮広場のメインスポット、「ワルシャワ旧王宮」
  • テーマ:
  • 城・宮殿
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ポーランド/ワルシャワ 
ワルシャワの歴史地区は、ただ散歩しているだけでもヨーロッパらしい街並みを満喫できる地区です。しかし、ポーランドの歴史を深く知ることで、散策もより意義深いものとなると思います。王宮広場にある「ワルシャワ旧王宮」へ行ってみましょう。ここを見学すれば、ポーランドの華やかだった時代を体感できますよ! 国内に数多くある博物館もいいですが、うっとりするような豪奢な建築には、理屈抜きで心奪われます。暗い戦いの歴史ばかりがクローズアップされがちなポーランドの、別の顔に触れたような気持ちになりますよ。

この記事の続きを見る


オーストリア国立図書館プルンクザールの内装
  • テーマ:
  • 城・宮殿
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/ウィーン 
ウィーンの宮殿というと世界遺産のシェーンブルン宮殿が有名ですが、町の中心に位置するホーフブルク宮殿も定番の観光スポットです。オーストリアの連邦大統領公邸としても使われているホーフブルク宮殿には、いくつもの博物館や宝物館、美術館などがあり、見どころ満載。中でも特におすすめしたいのが、図書館とは思えないほど豪華で美しい装飾が施されたプルンクザール(大広間)を持つオーストリア国立図書館です。もともと王宮図書館として1735年にバロック様式で造られたプルンクザールには、古書がびっしり詰まった高い本棚に加え、煌びやかなフレスコ画や荘厳な彫刻も見られ、本好きでない方でも十分に楽しめる内装になっています。

この記事の続きを見る


ボロブドゥールの仏像と瞑想している僧侶
  • テーマ:
  • 家族で海外旅行
  • 行き先:
  • アジア/インドネシア/ジョグジャカルタ 
インドネシアの中部にあるジョグジャカルタから、約40キロ離れたところに位置しているボロブドゥール遺跡は8世紀ごろ建てられた世界最大級の仏教寺院です。毎日多くの観光客が世界中から訪れますが、おすすめの訪問時間は早朝。遺跡公園内にあるマノハラホテルで、午前4時ごろから受付をしています。ホテルゲスト以外でも400,000ルピア(外国人)を払えば予約なしで入れます。懐中電灯を持って遺跡をのぼり、好きな石段に座って朝日が昇るのを待ちます。静けさの中、たくさんの人に見守られて出てくる太陽を目にすると、子どもも神聖な気持ちになり感動することでしょう。一般入場は午前7時からなので、サンライズの直後の人がまばらな時間帯が記念撮影をするのに最適です。

この記事の続きを見る


世界遺産である「ハンピの建造物郡」の中でも最大級・最高傑作と言われるヴィッタラ寺院。ここは必見です!
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • アジア/インド/ハンピ(ヴィジャヤナガル) 
インド南部のカルナータカ州にあるハンピは、大自然の中のあちらこちらに遺跡が点在する見所たっぷりのところです。巨岩や丘が連なり川が流れるハンピは、町というより村という様子で、とってものどか。そんなのどかな雰囲気のハンピですが、何とここは14世紀から16世紀にかけて栄えたヴィジャャナガル王国時代の首都。その為、当時に造られたすばらしい寺院や建物がそこここに残っています。「ハンピの建造物郡」として世界遺産にも登録されているこれらの遺跡が、なんといってもハンピの一番の見所です。

この記事の続きを見る


五泉山公園の文山閣から見た蘭州市内。現在は、地下鉄を建設中。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/中国/蘭州(ランチョウ) 
「こんないいところをタダで見せてもらって、なんだか申し訳ないみたい」。こんな風に思ってしまうのは、日ごろ、中国の観光地の入場料で苦労しているからです。西安の兵馬俑博物館は150元(約3000円)、洛陽の龍門石窟は120元(約2400円)。世界遺産クラスともなると、これぐらいが相場です。世界遺産でなくても、その都市で有名なお寺や塔なら50元(約1000円)はします。日本を訪れた中国人観光客は、日本のお寺や神社の入場料が、ないところが多いので、びっくりしているでしょうね。北京郊外の潭柘寺なんて、入場料で55元(約1100円)もとって、さらに鐘をつくだけで10元(約200円)もとるんですよ。そう思えば、今、私がいる蘭州の公園の入場料がタダだなんて嘘みたいです。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。インスブルック 王宮 入場料に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介