page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「インド 国内線 安全」の見どころ情報

インド 国内線 安全に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「インド 国内線 安全」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


デリー空港には計5ヶ所のプラザ・プレミアム・ラウンジがあります
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • アジア/インド/デリー 
デリーのインディラ・ガンディー国際空港に夜到着し、夜明かしすることになったあなた。どこでどうやって過ごしますか? 床やベンチで朝を待つ? 体力に自信のない方には向きません。空港付近にホテルもありますが、そもそもデリーでは、夜は空港の建物から外に出ない方がよいでしょう。少し値段は張っても安全で確実に休みたいのなら、ラウンジにある宿泊施設に泊まるのがおすすめです。インドの旅は体力温存が何よりも大事ですからね!

この記事の続きを見る


鮮やかなブルーが目立つ、ホリデイ・イン・エクスプレスの案内表示
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • アジア/インド/デリー 
デリーのインディラ・ガンディー国際空港の施設内を久しぶりに歩いて、「トランジットホテルが多くて便利になったなあ」と驚きました。現在、すべての国際線と一部の国内線が発着しているターミナル3は、2010年の開業です。それ以前にはターミナル内にトランジットホテルなどなく、空港付近のホテルに一泊するしかありませんでした。夜中に空港から外に出るのは、デリーではおすすめできません。そんなとき、ターミナル内にホテルがあれば安心ですよね。ターミナルで宿泊できる場所を、あちこち取材してみました。

この記事の続きを見る


「インド 国内線」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

コンビニやカフェでもキャッシュレス決済が当たり前の時代になってきた
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
先進国に限らず、途上国と呼ばれる国々でも、デビットカードや、スマホ決済などキャッシュレス決済は急速に広がっています。タイのマクドナルドで支払いをモバイル決済で行う地元の若者たち。インドのスーパーマーケットでデビットカードで支払いする主婦。私の住むネパールでもレストランやカフェでカードで支払いをする人が増えています。海外でも観光客が多く訪れる地域やお店では、キャッシュレス決済できるところが急速に増え、私の海外旅行の支払いも、最近はカードがメインとなっています。

この記事の続きを見る


タラップで搭乗
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • アジア/インド/デリー 
広いインドを効率的に旅するための味方といえば?昔は長距離鉄道に苦労して乗っていましたが、今はやっぱり国内線ですよね!インドは中間層の増加に伴い、飛行機の利用者が年々増えています。そのため、航空会社同士は非常に競争が激しいんです。その中で、とくに高い人気を誇るのが「インディゴ(IndiGo)航空」。2006年に設立された、インドのLCC航空会社です。インド人ビジネスマンや日本人ビジネスマンも「乗るならインディゴ航空」と口をそろえる、おすすめの理由とは?

この記事の続きを見る


日本航空もベンガルールへ直行便を運航
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/インド洋ビーチ/チェンナイ(インド) 
日系大手航空会社が南インドへ相次いで就航した。2019年10月からANAがチェンナイへ週3便(機材はB787-8)、さらに日本航空もベンガルール(旧バンガロール)就航を予定している。日本航空はデリーへ、ANAはムンバイへすでに就航していて、これらはインドの首都と経済の中心都市であった。 では南インドの位置付けはというと、チェンナイ、ベンガルール、さらにハイデラバードなども含めて、近年IT産業で発展している都市で、日本と南インドはビジネス渡航需要が増加していたのである。 しかし、直行便就航で観光需要も期待されている。インドは日本の9倍の面積があり、その地方によって風土風習はかなり異なる。デリーなどの北インドと南インドでは、異なる国といっていいほどに気候や食生活なども違う。日系航空会社の直行便就航で近くなった南インドにスポットを当ててみたい。

この記事の続きを見る


デリー空港内のフードコート
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • アジア/インド/デリー 
初めてのインド旅行で、デリー空港から出国の際、知っておくとラクになる基本的なことを紹介します。まず、国際線の場合、空港へはフライト時刻の3時間前から入れます。時間帯や曜日、どの地区に泊まるかにもよりますが、少なくとも市内から空港までは約1時間半、余裕があれば2時間ほど見ておきましょう。デリーは、時間帯に関係なく、慢性的に渋滞していることが多いです。夜9時だから大丈夫だろうと時間的余裕を持たずにタクシーで空港へ向かった知人は、渋滞に巻き込まれ、途中でタクシーを降り地下鉄に乗って空港へ向かい、ギリギリ間に合ったことがあります。空港の出発ロビーに入る際は、パスポートとチケットを見せる必要があるので、チケットをすぐ見せられるように用意しておくと安心です。

この記事の続きを見る


652年に建立された大雁塔。その後、修復が何度もあり、明代に現在の姿になった
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/中国/西安 
肉体が滅びた後も皇帝の権威を守ろうとしているのか、それとも誇示し続けたいのか。世界遺産「秦始皇帝陵博物館」では、「兵馬俑」と呼ばれる等身大の陶製の兵士が地下坑道にずらりと並んでいます。その秦始皇帝陵博物館がある西安は、中国の真ん中よりやや東に位置する陝西省の古都です。三蔵法師が長い旅を経て、インドから持ち帰った経典を保管するために建てられた大雁塔、唐の高宗と中国でただ一人の女性皇帝の則天武后の合葬墓である乾陵などなど。西安は、まさに歴史遺産の宝庫! 中国史に興味がある人ならぜひ、行ってみたいところです。日本からは上海や北京で国内線に乗り換えると、約2時間で行けることもあり、日本人観光客が多い都市です。初めて西安に行くなら、いったいいつがベストシーズンなんでしょう?

この記事の続きを見る


2つの空港があるムンバイ
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • アジア/インド/ムンバイ(ボンベイ) 
ムンバイには2つの空港があり、1つは「チャトラパティ シヴァジ」国際空港で、すべての国際線とメインの国内線ジェットエアウェイズJetairwaysなどが発着します。また、こちらはターミナル2(T2)であり、通常、チケットにも発着するターミナル番号が表記してあります。もう1つの国内線ターミナルは、4キロほど離れた場所にあり、こちらはターミナル1(T1)です。デリーでは、国際空港がT3(ティースリーと発音)という名で通っており、旅行会社にもドライバーにも、「ティースリー」までという形で理解されます。しかし、ムンバイでは、T2と言うのは通称になっていないようで、「フライトはジャイプール行くからドメスティックなんだけど、Jetairwaysだから、T2に行ってください。」と言ったら、到着したのは、なんと国内線ターミナルだったんです!

この記事の続きを見る


ANA成田空港にて
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • アジア/インド/ムンバイ(ボンベイ) 
インドへ旅するなら、やはりオススメのANA。チケット代は高いイメージがありますが、シーズンや曜日を考慮し、早めにチケットを購入することにより、エアインディアなどと変わらない料金で利用できます。現在、ANAの直行便は成田からデリーとムンバイに就航していて、どちらにも何度か乗った事がありますが、デリー便は、ほぼ満席なことが多いようです。これは、インドに進出している日系企業の9割以上が、デリーに支社を構えているからという事情によるものと思われます。インドに入ってから、国内線でインドの地方都市に移動する人は、ムンバイ便の方がデリー便よりもチケット代が概して安く、空いていることも多いので、ムンバイINするのもオススメです。

この記事の続きを見る


Jetairwaysのホームページから購入
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • アジア/インド/ムンバイ(ボンベイ) 
「インドの国内線航空券を賢く手に入れるいい話って!?」前編からの続きです。Makemytripのサイトからは、インドの携帯番号がないため、購入できなかったので、自分が購入しようと思っていたJetairwaysのホームページにアクセスしてみました。そうすると、Makemytripでの購入価格とほぼ一緒でしたので、ここから購入することに決定しました。Jetairwaysは、便も多く、フライトも時間通りに飛ぶことが多いですし、往復割引もあるため、オススメです。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。インド 国内線 安全に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介