page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「インドサリー髪型」の見どころ情報

インドサリー髪型に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「インド」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


スペキュラースの名前の由来は、聖ニコラスを意味するラテン語のspeculatorや、スパイスを意味するオランダ語のspecerijなど諸説あります。
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
スペキュラース (speculaas) はキャラメルの香ばしさのなかに、生姜やシナモン、ナツメグなどのスパイスがふんわり香る、オランダ伝統のスパイスクッキーです。スペキュラースが生まれた17世紀のオランダでは、オランダ東インド会社の香辛料貿易によって豊富なスパイスが流通していました。スペキュラースの生地には、クローブ、アニス、カルダモンなど、様々なスパイスが練りこまれています。スペキュラースはもともと、聖ニコラスの日 (12月5日に祝うオランダのクリスマス) のために焼かれていたクッキーで、シンタクラース (Sinterklaas) や侍従のズワルト・ピート (Zwarte Piet) など、クリスマスにちなんだ押し型で作られていました。現在ではスーパーでも手軽に購入でき、風車型のスペキュラースはオランダのお土産としても人気です。一年中食べられるスペキュラースですが、クリスマスシーズンに向けて家庭での手作りもお勧めです。

この記事の続きを見る


フェイスパックはお好みのものを使ってくださいね
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • アジア/インド/デリー 
インドへの女子旅で、あれば便利なお役立ちコスメをご紹介します。インドと言っても広いので、ここでは多くの旅行者が訪れるデリー、アグラ、ジャイプールの気候を前提にしますね。まず、雨が降ることの多い7月から9月は湿気がありますが、他の時期は大変乾燥しています。特に砂漠地帯であるラジャスタン州の州都のジャイプールは、大変乾燥しています。以前友人の持っていた湿度計で見たのですが、なんと湿度が6%でした。デリーやアグラはそこまででもないですが、それでも日本では経験したことのない乾燥具合ですので、保湿するのはとても大事です。また、日差しが大変強いので日焼け止めは必ず持って行ってくださいね。

この記事の続きを見る


タージマハール
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • アジア/インド/デリー 
インドを旅行するにあたり、季節を選ぶことはとても重要です。逆に言えば、快適な旅行は季節を選ぶことから始まると言ってもよいくらいです。インドはとても広いので、今回は、旅行でよく訪れるデリー、アグラ、ジャイプールあたりの気候について、執筆していきますね。一般的にインドの気候は、乾季、雨季、暑季と分けられています。ここでは、もっとわかりやすいように、月ごとの特徴を解説していきます。

この記事の続きを見る


  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • アジア/インド/デリー 
旅行時は体調を崩す人も多いので、念のため、海外旅行傷害保険の加入をおすすめします。海外旅行傷害保険では、さまざまなケースが補償の対象になりますが、この記事では病気の治療について執筆します。海外旅行傷害保険のハンドブックに記載された提携先の病院は、比較的外国人の扱いに慣れていて、医療レベルの高いところが多いです。筆者はインド在住で仕事で訪れたデリーで具合が悪くなった際、適切な病院がわからず、ホテルの近くのクリニックへ行きました。しかし、体調は良くならず、居住地へ帰ってから地元の病院を受診して回復した経験があります。ですので、どの病院へ行ったら良いかという情報を持っているのも、非常に有用です。保険を選ぶ際には、日本語で電話相談できるサービスがついていて、キャッシュレスで受診できる提携先病院もあるところにすると安心です。

この記事の続きを見る


勝手がわからない海外の空港については、あらかじめネットなどで詳細を調べておくと安心
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
初めての海外旅行でも、一人旅でも、出発は勝手知ったる日本の空港。日本語が通じますし、掲示板の案内も日本語です。しかし、帰国便は海外の空港からです。基本的な流れは日本でも海外でもほぼ同じですが、細かいところに違いがある場合も。そこで、今回は帰国便搭乗までの手続きについてプロセスと注意事項をご紹介します。

この記事の続きを見る


旧紙幣1000ルピー札表。これは旧紙幣が廃止される前日にATMから出てきたものですが、お札のまわりが全体的にいたんでいたのです。後日、銀行で取り替えてもらえませんでした。。。
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • アジア/インド/デリー 
インドを旅行するにあたり、インドのお金の事情を知っておくのはとても重要なことです。2019年8月時点でのインドのお金事情について、紹介していきます。まず、ひとつ知っておきたいのは、2016年11月に500ルピー札と1000ルピー札が、政府が通達した翌日に使えなくなりました。こちらは旧紙幣で、現在全く使えない紙幣です。新紙幣の高額紙幣は、500ルピー札と2000ルピー札になります。問題は、2019年になった今でも両替所などで、旧紙幣が渡される事案が発生していることです。新紙幣に1000ルピー札はないので、1000ルピー札を万が一渡されたら、そちらは旧紙幣と判断してください。500ルピー札に関しては、事前に旧紙幣と新紙幣の画像をスマホなどに保存しておけば、すぐに確認できるので安心です。

この記事の続きを見る


デリー空港内のフードコート
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • アジア/インド/デリー 
初めてのインド旅行で、デリー空港から出国の際、知っておくとラクになる基本的なことを紹介します。まず、国際線の場合、空港へはフライト時刻の3時間前から入れます。時間帯や曜日、どの地区に泊まるかにもよりますが、少なくとも市内から空港までは約1時間半、余裕があれば2時間ほど見ておきましょう。デリーは、時間帯に関係なく、慢性的に渋滞していることが多いです。夜9時だから大丈夫だろうと時間的余裕を持たずにタクシーで空港へ向かった知人は、渋滞に巻き込まれ、途中でタクシーを降り地下鉄に乗って空港へ向かい、ギリギリ間に合ったことがあります。空港の出発ロビーに入る際は、パスポートとチケットを見せる必要があるので、チケットをすぐ見せられるように用意しておくと安心です。

この記事の続きを見る


デリー空港
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • アジア/インド/デリー 
初めてのインドでデリー空港での入国の際、知っておくとラクになる基本的なことを紹介します。スタートが幸先良いと旅の流れもスムーズにいきやすいものです。ポイントを押さえて楽しい旅行にしてくださいね! さて、まずは入国審査です。ここでは入国カードの提出が必要になっており、入国カードは大抵機内で配られますので、記入しておいてください。記入欄にホテルの住所と名前、電話番号を記入するところがありますが、ここは必ず記入して提出するようにしてくださいね。入国カードを機内でもらえなかった場合は、並ぶ前のカウンターに置いてある場合が多いので、必ず手に入れてから並んでください。持っていなくて最初から並びなおした人を筆者は何回も見ています。

この記事の続きを見る


ショッピングモールが多いブキッ・ビンタン地区に位置
  • テーマ:
  • スポット
  • 行き先:
  • アジア/マレーシア/クアラルンプール 
「ザ・リッツ・カールトン・クアラルンプール」はショッピングモーツが立ち並ぶブキッ・ビンタン地区に位置しています。「スターヒル・ギャラリー」までは直結、巨大ショッピングモール「パビリオン」までも歩いて5分掛からない程なのでお買い物メインの旅行にお勧めです。

この記事の続きを見る


ボートで海に浮かぶ2つの岩に上陸する。左がヴィヴェーカーナンダ岩、右がティルヴァッヴァル像
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/インド/カニヤークマリ 
インドはユーラシア大陸の南に突き出た半島とも言えるのですが、その逆三角形の先端、つまりインド最南端がコモリン岬です。昔からアフリカ最南端の喜望峰と並び、船乗りには知られていた場所です。この岬は、インドでは「カニャークマリ」と呼ばれています。ベンガル湾、インド洋、アラビア海の三つの海が交わる聖地として、ここにカニャークマリ女神をまつる寺院が建てられ、有名な巡礼地なのです。このコモリン岬については、詳しくは別記事「3つの海が交わるインド最南端のコモリン岬」にも詳しく書いていますが、今回紹介するのは、ここから出ているボートツアーです。このボートツアーは、クマリ寺院の東、陸から300〜400m離れた2つの岩を巡ります。その体験記をここで書いてみますね。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。インドサリー髪型に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介