page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「インレー湖 雨季」の見どころ情報

インレー湖 雨季に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「インレー湖 雨季」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


インレー湖には水上コテージ、水上パゴダ、浮畑……。なんだって水の上にある
  • テーマ:
  • 大自然
  • 行き先:
  • アジア/ミャンマー/インレー湖(ヘーホー) 
ミャンマーで最も人気が高いリゾートは、実はビーチではなく湖にあります。ミャンマー東部に位置するシャン州のインレー湖がそれ。インレー湖は世界でも数少ない、太古の昔から存在する古代湖で、固有の魚介類や鳥類がたくさん生息しており、ユネスコのエコパークにも登録されています。毎年大勢押し寄せる観光客たちは湖上に浮かぶように建つ水上コテージに泊まり、こうした自然や雄大な景色を堪能するとともに、このエリアに住む様々な少数民族の文化を楽しむことができます。

この記事の続きを見る


「インレー湖」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

王宮跡は道を挟んだ2つの僧院に分かれて建っている。柱の装飾などにかつえの栄華をかろうじて感じられる
  • テーマ:
  • 城・宮殿
  • 行き先:
  • アジア/ミャンマー/バゴー 
「ヤンゴンから1泊2日でふらっと旅に出たい」。そんな要望にまず浮かぶのは、ゴールデンロックのあるチャイティヨーでしょう。でも次は?と考えると、なかなか思いつきません。バガンやマンダレー、インレー湖など、ミャンマーには多くの魅力的な観光地がありますが、飛行機利用になるので思い立ったらふと出かける、なんてわけにもいかないのです。そこでおすすめするのがタウングー。ヤンゴンからネーピードーヘ抜ける旧街道を北へ約280km、車で約4時間北上した所にあります。

この記事の続きを見る


おすすめ撮影ポイントは、境内へ入る手前の右手奥。池を挟めば、“逆さカックー遺跡”を入れて撮ることができる
  • テーマ:
  • 遺跡
  • 行き先:
  • アジア/ミャンマー/インレー湖(ヘーホー) 
ここ数年、日本人観光客が一気に増えているスポットが、シャン州のカックー遺跡。人気の秘密は、2500近い細い尖塔が天へ突き出すフォトジェニックな光景です。ニャウンシュエから車で行く場合、州都タウンジー経由で約2時間かかりますが、公共交通機関はないので車をチャーターすることになります。途中、タウンジーで入域料を払い、パオ族のガイドを雇うことが義務付けられていますが、これはパオ族の聖地が観光客を受け入れるのに際して、政府とパオ族側との取り決めに基づくものです。

この記事の続きを見る


糸紡ぎを披露するパンペット村に住むカヤン族の女性。観光客にも糸紡ぎ体験をさせてくれる。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/ミャンマー/インレー湖(ヘーホー) 
カヤン族をご存知でしょうか? 女性は子ども時代から真鍮製コイルを何重にも首に巻きつけ、その量を徐々に増やしていくことで首を長くする奇習で知られています。独特の風貌から植民地時代は欧米から「キリン女」と呼ばれ、日本でも「首長族」の名称が有名です。タイ北部ではカヤン族の村を訪れるツアーが人気ですが、実は彼らはもともとミャンマー国民。1990年代の内戦で難民となってタイへ逃れた人びとが、観光村で観光客向けに生活を公開するようになったのです。そういう意味では、カヤン族の“本場”はミャンマーといえます。

この記事の続きを見る


灯明型気球。写真の気球はこの後、しばらくは緩やかに上昇を続けたが、最終的に山肌に着地。30分以上にわたって火の手が上がっていた。
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • アジア/ミャンマー/インレー湖(ヘーホー) 
ミャンマーでは乾季にあたる10月から翌2月にかけて、全土で様々な祭りを開催する。中でも壮麗な美しさと熱狂に包まれた雰囲気でミャンマーナンバー1の祭りとの呼び声も高いのが、シャン州タウンジーで11月の満月前に行う熱気球祭りだ。2018年は11月16日からの5日間に実施予定。グループごとに花火や灯明で飾りつけた熱気球を次々と飛ばしてその美しさを競い合い、最終日である22日に優勝チームを決める。祭り期間は数多くの屋台や仮設遊具が会場周辺に建ち並び、たいへんな人出となる。

この記事の続きを見る


インター族の片足漕ぎの漁。乾季(11〜2月
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/ミャンマー/インレー湖(ヘーホー) 
ミャンマーのなかでも特に冷涼で乾燥した気候のシャン高原。ミャンマー旅行でNo.1,2を争うほど人気の地域です。細長い湖インレー湖の周辺は独特の文化が根付いており、周辺には少数民族も多く、数多くの遺跡も点在していて魅力的です。まず必須なのがインレー湖の湖上周遊。ボートをチャーターして湖へ繰り出してみると、インター族が片足で船を漕いで漁をしている風景を見ることができます。また浮島にある彼らの水上村を訪問することもできます。時間がゆっくり流れているのどかな旅の始まりです。

この記事の続きを見る


グローバル化の中、まだまだ独自性を保つ場所はどこ? 〜その2・ミャンマー〜
  • テーマ:
  • 秘境
  • 行き先:
  • アジア/ミャンマー/インレー湖(ヘーホー) 
ミャンマーはつい最近まで長い間軍事政権によって情報がコントロールされ、また欧米の経済制裁を受けていました。そのおかげといってはなんですが、グローバル化から遅れ、いまだに独自の文化と生活がよく保たれています。ミャンマーに行ってまず驚くのが民族衣装の着用率の高さ。今の世の中、民族衣装を普段も着ているのは一部のお年寄りくらいという地域がほとんどですが、ミャンマーでは若い男女もみんな民族衣装のロンジーという腰巻きを着用しています。普段着はもちろん学校や職場、結婚式もロンジー姿で、若者が姿勢よくさっそうとロンジーを着こなしているのを見ると、男性は男っぷりが、女性は美しさが5割は増すように思えてきます。

この記事の続きを見る


旅でみたさまざまな宗教と女性の信仰のかたちについて (その2.仏教)
  • テーマ:
  • 物語のあの場所
  • 行き先:
  • アジア/ミャンマー/インレー湖(ヘーホー) 
スリランカ、ミャンマー、タイなどの国々で信仰されている上座部仏教は日本の仏教とはだいぶ違います。出家できるのは男性のみ。僧侶は厳しい戒律を守り、妻帯や経済活動が禁じられ、食べ物をはじめ日常必要なものは托鉢など人々の施しによって得ます。僧侶になると人間より一段高い存在となり、民衆から非常に尊敬されていています。ミャンマーは人口の9割が仏教徒で、ビルマ族の男性は生涯に一度は出家・得度して修行しなければなりません。

この記事の続きを見る


「雨季」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

広場で踊り出す若者たち
  • テーマ:
  • 家族で海外旅行
  • 行き先:
  • アジア/ネパール/カトマンズ 
ヒンドゥー教徒のお祭りであるホーリー祭はカトマンズでも開催されます。インド暦の11月の満月に行われるため、毎年日にちが異なり、2020年は3月10日に行われました。カトマンズのダルバール広場近辺を大勢の若者が繰り出し、緑、赤、黄色、オレンジなどカラフルな色粉を行きかう人の顔に塗ったり、掛け合ったりします。この色粉は洗濯をしたら落ちるそうですが、古着を着ていった方がベター。人混みの中、急にどこからか手が出てきて、髪の毛や顔を触られるので最初はびっくりしますが、慣れてきたら「ハッピーホーリー」と言い返して溶け込むと楽しいでしょう。水風船を投げられたり、建物の上からバケツに入った水をひっくり返されてびしょ濡れになることも。頭のてっぺんからつま先まで色粉で汚れたり塗れたりする覚悟をして挑むといいでしょう。

この記事の続きを見る


ベトナムは若さみなぎる雰囲気が魅力
  • テーマ:
  • エアライン・空港
2020年4月23日時点で、新型コロナ・ウイルスに感染して死亡した人が0という国のなかから、終息後是非行ってみたい5カ国を選んでみた。まずは日本でも人気上昇中のベトナムである。ベトナムは人口比率における若年層が多く、若く活気あふれる国である。高齢者の比率が少ないことが重症化する人が少なかった理由のひとつではないかという考え方もあるくらいだ。しかし、ベトナム、とくにベトナム北部を旅行すると、ベトナムは正式名称が「ベトナム社会主義共和国」なんだということも感じる。社会主義国はの国民には「落ちこぼれる心配はあまりないが、国のいうことには従う」という考えがあり、「ウイルス蔓延で自粛」などというときは、国民は国の方針に従うが、今回はそれがよい結果になったのかもしれない。ベトナムへは北部のハノイ、南部のホーチミン、中部のダナンに直行便が飛び、LCCも含めて便数が多く、日本から気軽な旅行先となった。羽田発深夜便もあるので、短期でも充実した日程が可能だ。次の旅行先候補に是非入れたい。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。インレー湖 雨季に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介