page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「ウィントフック」の見どころ情報

ウィントフックに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「ウィントフック」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


ビューポイントから見下ろすフィッシュリバーキャニオン。ヘルズコーナーと呼ばれるU字谷は必見!
  • テーマ:
  • 大自然
  • 行き先:
  • アフリカ・他/ナミビア共和国/ウィントフック 
ナミビア南部のフィッシュリバーキャニオンは160kmの長さと27kmの幅、550mもの深さを持つ大渓谷でこの規模はアメリカのグランドキャニオンに次ぐ規模です。何もない荒涼とした土地に突如現れる大地の裂け目は地球の刻んだ無窮の時間を私達に語りかけてくれるでしょう。公共交通機関に乏しいナミビアなのでアクセスは通常ウイントフックからレンタカーとなりますが、乾燥した大地を車で駆ける旅はいかにもアフリカらしく、思いがけない野生動物との出会いや毎夜の満点の星空など「アドベンチャー感」たっぷりなのが魅力です。

この記事の続きを見る


赤い砂丘と不思議な生物、驚異の大自然ナミブ砂漠を体験する
  • テーマ:
  • 大自然
  • 行き先:
  • アフリカ・他/ナミビア共和国/ウィントフック 
アフリカ南部にあるナミビアに、約8000万年前にできた世界最古の砂漠といわれるナミブ砂漠があります。南北1288km、東西の最大幅161km、面積約5万平方kmという広大な砂漠で、世界で唯一海岸沿いにある砂漠であることでも知られています。年間降水量は120mm以下。日本の年間平均降水量は1500〜2000mmぐらいなので、その10分の1もありません。ナミブとは、地元の民族サンの言葉で「何もない」という意味。この広大な「何もない」砂漠へ出かけてみましょう。

この記事の続きを見る


「ウィン」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

教えて! 世界のカジノ事情【ラスベガスの歴史編】(その3)ファミリー向けリゾートに転換
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ラスベガス 
さて、1980年代に入ると、テーマパーク型のカジノホテルが次々にオープンされるようになります。それまでの「カジノとホテル「という組合わせ以外に、大規模なショーが観られるエンタテイメント施設やショッピングモール、レストランなどを併設して家族揃って楽しめる施設です。最初に成功したのは「古代ローマ帝国」をコンセプトにした「シーザーズ・パレス」でしょう。そして1988年オープンの「ミラージュ」では、敷地前に無料で観られる火山の噴火のアトラクションを設置し、複合型のカジノホテルを定着させました。このミラージュを建設したのが。スティーブ・ウィンです。今までの「カジノでお金を落として行く客が第一で、ホテルは二の次」という発想を変え、「ホテル自体で客を引きつければカジノにもお金が落ちる」と考えたのです。このアイデアは成功し、「ミラージュ」は大成功します。

この記事の続きを見る


ランダム更新!本日のおすすめ見どころ・ガイド記事

心と体が癒される、ハワイのパワースポットを訪れる
  • テーマ:
  • スピリチュアル
  • 行き先:
  • ハワイ/ハワイ/オアフ島 
人気の旅行先であるハワイの空の玄関口であり、世界中から人が集まるワイキキがあるホノルル。この都市がある島は言わずと知れた「オアフ島」です。日本でも連日行列ができる人気のパンケーキを食べたり、憧れのブランド品を買ったり、ビーチでのんびりしたりといった楽しみがいっぱい!グルメもショッピングも楽しい島ですが、魅力はそれだけにとどまりません。オアフ島にはパワースポットと呼ばれる場所も多く、心のお疲れを癒すのにぴったりの島なのです。

この記事の続きを見る


水の都、江南地方独特の風景。水面に映る白壁がとても美しい。
  • テーマ:
  • 歴史
  • 行き先:
  • アジア/中国/紹興(シャオシン) 
日本から上海へいらっしゃった方に、「上海まで来たら是非近くの水郷にも足をのばしたい」とよく言われます。各ツアーでも、上海と一緒に蘇州や無錫、古都杭州などを巡る旅が多くありますね。一言に水郷と言っても、上海の周りには沢山あって、交通の便がいいところや、そうではないところ。観光地化されている場所から、ほぼ手つかずの水郷まで様々です。その中でも今回は比較的上海から行きやすく、昔のままの生活が残っている水郷をご紹介します。

この記事の続きを見る


秋になると、ハンガリー大平原南部に広がる畑ではパプリカの収穫が始まる
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ハンガリー/カロチャ 
ハンガリー料理はパプリカの粉をふんだん使うことで知られている。そのため、どの料理も全体に赤っぽい。名物料理として名高いグヤーシュ・スープやハラースレー・スープなどは両方とも赤いスープで、どちらか見分けがつかない。パプリカチキンなど、肉料理には必ず使われ、ロールキャベツにもたっぷりパプリカパウダーが使われている。パプリカパウダーというと、彩のために出来上がった料理の上に振り掛けるだけ、という使い方しか浮かばない。しかしハンガリーでは料理を作るとき、この粉を初めに入れる。最初に肉をバターで炒めるときに、一緒に加えるのだ。後から加えてはいけないとのこと。同じじゃないか、と思うがハンガリーの人々に言わせると、パプリカパウダーは最初に入れないとうま味が引き出せないのだそうだ。

この記事の続きを見る


発想力豊かなダッチデザインの雑貨は見ているだけでも楽しまめす。
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
オランダ人デザイナーが手がけるプロダクトや建築は「ダッチデザイン」と呼ばれ、国際的にも高く評価されています。革新的なコンセプトに基づいた、シンプルで斬新、ユーモラスなデザインが特徴です。『I amsterdam webshop(アイ・アムステルダム・ウェブショップ)』では、ダッチデザインの雑貨やアムステルダム発のプロダクトを、日本にいながら購入できます。シャンプーの空容器で使るボートの玩具(写真01)、ピート・モンドリアンの『コンポジション』柄の紙製花瓶(02)、持ち運びに便利な組み立て式のボール(03)、バイオプラスチックを材料に3Dプリンターで作られた花瓶(04)、壁にドリルで穴を開ける必要がない吸盤フック(05)、保温性に優れた羊革のシャンパンクーラー(06)など、ウイットの効いた商品が揃っています。

この記事の続きを見る


左)2階の通路に並べられた発酵食 食材廃棄を減らすための1アイデアです 右)筆者が飲んだカモミールティー
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
オランダのスキポール国際空港とアムステルダム中央駅の中間地点あたりに、アムステルダム世界貿易センターがあります。このエリア、ザイダスは、金融機関をはじめとする企業が集まるビジネス街です。このビジネス街に、とても居心地のよいレストランがあります。「サークル(CIRCL)」という名前のパビリオン内にあり、2017年9月にオープンしました。ガラスや木材が多く使われていて開放的です。屋外にも席があります。2階はお茶やアルコールを楽しめるルーフトップバー(平常時は午後から開店。目下はグループの予約のみ)です。バーの外には庭があり、ここでも休憩することができます。このレストランは環境問題に取り組んでいます。不揃いの野菜や果物など、売れにくくて廃棄されてしまう食材を生産者やスーパーから集めて料理を作っている同市のレストラン「インストック(InStock)」については日本にも伝わっていますが、サークルは、インストックから食材を得ています。肉も地元産、パンも地元のオーガニックのパン屋から仕入れています。ちなみに、スタッフはペットボトルをリサイクルした繊維のユニフォームを着ています。

この記事の続きを見る


1911年建造の市庁舎
  • テーマ:
  • リゾート
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
ザントフォールトは、オランダの主要なビーチリゾートのうちの一つです。アムステルダムから電車でわずか30分ほどで到着し、駅からビーチまでは徒歩で行けるという便利さ。「海に行きたくなったらとりあえずザントフォールト」というのは、アムスっ子の間で昔から定着しています。例えば「アンネの日記」のアンネ・フランク一家はアムステルダムに住んでいましたが、夏にザントフォールトを定期的に訪れていました。

この記事の続きを見る


くすんだパステルカラーの壁、二階から上が張り出した構造、石畳の細道は真ん中がへこんでいる(写真提供:トルコ共和国大使館・文化広報参事官室)
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/トルコ/ブルサ 
ブルサの東8キロほどの小さな村、ジュマルクズック。かなり以前にブルサから日帰りで訪れたことがある。初期オスマン帝国時代に造られた村であるとのこと。ブルサを攻略した二代目オルハンが周辺に7つの村を造り、その一つがジュマルクズック。最初はクズクという名だったが金曜礼拝が開かれる村となって金曜cumaジュマのクズク、と呼ばれるようになったとか。眠っているような村だった。出会ったのはたった二人。ハマムの前で立ち話をしていた。こんな小さな村にもちゃんとハマムがあることに、さすがトルコ、と感心したものだった。それから数年後、2014年にジュマルクズックはブルサと共に世界遺産に登録された。「あの何もない小さな村が!」と驚いたが、確かに文化遺産の価値はある。殆どの家は100年以上前に建てられたもので、建て替えられて新しくなった家屋は見られず、同じ古さの鄙びた家ばかり。まとまりのある個性的な村だ。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。ウィントフックに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介