page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「ウィーン 雑貨」の見どころ情報

ウィーン 雑貨に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「ウィーン 雑貨」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果20

1 2 末尾 次へ


パッケージが非常にカラフルで思わず手に取って見たくなる物ばかり
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/チェコ/プラハ 
文具、とくに鉛筆やペンなどのステーショナリーに関しては、ヨーロッパのメーカーというとドイツ製が主流なのではないだろうか。ステッドラー、ファーバーカステル、ロットリング、ラミー、モンブランなど、色鉛筆や蛍光マーカー、製図ペン、高級ボールペンなど世界的に有名なメーカーが色々あり、一般にも良く知られている。ところが意外なことに、チェコにはコヒノールという1790年創立の老舗ステーショナリーがあるのだ。日本ではあまり知られていないが、ヨーロッパではかなり有名で、品質の良さも認知されている。ファーバーカステルが1761年に、ステッドラーが1835年に鉛筆工場を設立、その間にフランスのコンテ社が1795年に創立されているのでコヒノールはコンテよりも早かった。

この記事の続きを見る


Marco
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/ウィーン 
2014年9月に、世界遺産の旧市街内1区内にデザイン、インテリア、雑貨、そしてグルメが融合した最初の「Marco Simons」が登場!洗練されたインテリア雑貨とディスプレイ、一角にはイートイン出来るスペースもあるお店はとても斬新でお洒落でした。店内は地元の人達で賑わい、場所柄ちょっと隠れ場的な雰囲気もあり!の素敵なお店で置いてあるものを色々と見て回りました。扱っている商品の幅はとても広く、家具や雑貨、日用品、そしてオリジナルの食品や色合いの素敵な花束、そして新鮮な野菜まで・・・どれも洗練されたセレクトで見ているだけでも楽しめる商品が揃っています。

この記事の続きを見る


素敵ならせん階段のある店内。それぞれの商品のパッケージだけでなく、ディスプレイも素敵なセンスあり!のお店です。見るだけと思って入っても、欲しいものがたくさん並んでいて迷ってしまう事間違いなしです。
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/ウィーン 
Gerstnerと言えば歴史あるカフェでウィーンのメインストリート、ケルントナー通りや、マリアヒルファー通りのデパートメントの中、またオペラ座内や楽友協会、王宮などにもケータリングをしていたりとウィーンを代表するカフェの1つです。そんな老舗カフェがPalais Todesco内にオーストリアのスパークリングワインSchlumbergerとコラボしたカフェK. u. K. Hoflieferanten - Gerstner&Schlumbergerを2014年Openさせました。

この記事の続きを見る


ウィーンのドラッグストアで私が欲しいもの
  • テーマ:
  • ビューティー
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/ウィーン 
ウィーンには、BIPAというピンク色の看板が目印のドラックストアがいたるところにあります。私は、この店が好きで、見つけるととりあえず入ってしまいます。置いてあるものは、日本のドラッグストアとさほど変わりません。ただし、薬は処方箋がないと買えないものがほとんどなので、薬のたぐいはほとんどありません。あっても、サプリメント程度です。ですが、雑貨やコスメのたぐいは、日本同様、充実しています。旅行用に持参したシャンプーや生理用品が足りないときの駆け込み寺としても使えます。また、シンプルなものしかありませんが、下着も売っています。

この記事の続きを見る


地元の人にはもちろんたくさんの観光客でにぎわい色々なイベントも盛りだくさんの市庁舎前のクリスマスマーケット。
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/ウィーン 
数ヶ月前から「クリスマスまであと数カ月!」と広告が出たり、ハロウィンのシーズンが終わるのを待っていたかのようにクリスマスグッズがお店に並び始め、地元の人は「忙しい・・・!」と言いながらも毎年クリスマスの飾りやプレゼント探しを必死でするみんなが待ちに待っている1年で一番盛り上がるシーズンがやってきました。クリスマスは1年で一番の大きなイベント。寒くて暗いので有名な11月ですが、中旬ともなると一気にクリスマスムードが盛り上がってきます。

この記事の続きを見る


シェーンブルン宮殿のお庭で開催されるイースターマーケット。卵やウサギ、猫柳や花などイースターのシンボルでかわいく華やかに飾られます。
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/ウィーン 
キリスト教圏でクリスマスと並んで大きな祝日で、十字架にかけたれたイエス・キリストがよみがえった事を祝う日とされているイースター。春分の日の後の最初の満月の次の日曜日がイースターになるので、毎年日付が変わる移動祝日です。2011年は4月22日がイースターサンデー。そして4月23日もイースターマンデーで祝日となります。そのイースターの祝日の前から行われるのがイースターマーケット。ウィーンでも色々な所でイースターの飾りが売られ、それぞれの家や店先が飾られます。

この記事の続きを見る


ショッピングセンターの入り口に地下鉄(U1
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/ウィーン 
2010年10月末、長い改装期間を経て、Donauzentrumがリニューアルオープンしました。このショッピングモールは以前からあったのですが、今回敷地を拡大し(13万平方メートル)、新たに90店を加えて、全部で260店が軒を連ねる巨大なショッピングモールです。オペラ座や街の中心シュテファン寺院を通る地下鉄U1で、Stephansplatzからたったの12分!駅の目の前にあり、お天気の悪い日や寒い日や暑い日も快適にショッピングを楽しむ事が出来ます。

この記事の続きを見る


やはり多いのはアンティークの食器類。中にはペアやセットで売っているものもあるので要チェックです。
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/ウィーン 
ウィーン市内では色々な所で蚤の市をやっている所がありますが、その中でも最大規模なのがナッシュマルクト横で行われる蚤の市です。地下鉄U4のKettenbrueckengasseを出たらすぐ蚤の市をやっているので行きやすいのもポイント。毎週、たくさんのお店が出るので、たくさんの人で賑わいます。蚤の市は朝早く6時半ごろから始まって、午後4時ごろまでやっていますが、混む前に回りたい方や掘り出し物を見つけたい方は早めに行くのをおすすめします。

この記事の続きを見る


お店の中にキレイにディスプレイしてある手袋。様々な色とデザインが揃っています。
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/ウィーン 
1964年にイタリア・ローマ、スペイン広場で創業を始めた1軒の手袋専門店「Sermoneta Gloves(セルモネータ グローブス)」。寒いヨーロッパの冬には必需品の手袋だけを売っているお店です。その確かな品質と、デザインの豊富さで人気を集めています。ヨーロッパでは創業地のローマの他にお洒落なファッションではチェックを欠かせないミラノ、ベネチア、イギリス・ロンドン、モスクワなどにお店を構えていますが、ここウィーンにもメインストリートとも言えるケルントナー通りにお店があります。

この記事の続きを見る


ワルツで取り扱っているセリーヌのバッグ。他にもたくさんの人気ブランドが揃っています。セール中はかなりお得にお買い物を楽しめます。
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/ウィーン 
海外旅行で外せないのがショッピング!買い物はしたいけど、慣れない所では言葉の問題など心配も多いもの。そんな時に安心なのがウィーンにある免税店「ワルツ」。親切な日本人の店員さん達が揃っているので、安心してお買い物を楽しめます。1日75,01EURの買い物で免税手続きもOK。ブランド物の洋服やバッグ、アクセサリー、雑貨や食品まで、オーストリアのお土産が一通り揃っているので、ここでまとめてお土産ショッピングが楽しめちゃいます。

この記事の続きを見る


1 2 末尾 次へ


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。ウィーン 雑貨に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介