page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「ウィーン 11月 観光」の見どころ情報

ウィーン 11月 観光に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「ウィーン 11月 観光」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果29

1 2 3 末尾 次へ


グリーンの花とゴールドの縁取りが華やかな「アポニー」シリーズ
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ハンガリー/ブダペスト 
ハンガリー土産の定番と言えばトカイワイン、フォアグラの缶詰、パプリカパウダー、ハンガリー刺繍のテーブルクロスやコースター、などであろうか。パプリカパウダーや刺繍のコースターなどは義理土産に丁度良い。有名なトカイワインや良質なフォアグラの缶詰などもちょっとした土産になる。そんな中、自分のために買いたい一品として是非ともお薦めしたいのがヘレンドの磁器である。食器に興味がない人でもヘレンドの名前は聞いたことあるのでは。ドイツのマイセンと並ぶ銘窯で、品質の良さはマイセンと世界で1、2を競い合うほど。日本のファンも多いが、日本で買うと高価過ぎてなかなか手が出ない。ところがハンガリーでは日本での半額以下で買い求めることができるのだ。その点では最も買う価値がある土産物ではないだろうか。

この記事の続きを見る


クリスマスマーケットの屋台で買えるあれこれ
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/ウィーン 
毎年恒例、冬のイベントといえばクリスマスマーケット。クリスマスの時期になると、ヨーロッパの各都市で行われていて、お好きな方はクリスマスマーケットのハシゴをするのだとか。今回は、オーストリアのウィーンのクリスマスマーケットのお知らせをしましょう。すでに今年の日程が決まったようですよ!ウィーン市内では、数か所クリスマスマーケットができます。シェーンブルン宮殿や美術史美術館近くでしたら観光途中にも寄りやすいですね。その中でも一番規模が大きく、ウィーンっ子も楽しみにしているものといえば、ウィーン市庁舎前のクリスマスマーケットです。まず、ここははずせません。

この記事の続きを見る


教会内部ドーム天井に描かれたフレスコ画。間近で見られる美しいフレスコ画は圧巻の一言。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/ウィーン 
神聖ローマ帝国の皇帝だったカール6世がペストの鎮静を祈願して建てさせた美しいバロック建築のカールス教会は、1739年に完成しました。正面に建つ巨大な2本の円柱と、緑色の大きな屋根が目を引く豪華な教会ですが、内部のフレスコ画も見事!修復に必要だっため足場を組んだのですが、この足場にあるエレベーターを使って天井のフレスコ画のすぐそばまで行けるようになっています。以前は結構揺れていたりしたのですが、2018年、足場を新しくして揺れが少なくなり、そして新たにドーム天井にある窓の1つまで行けるようになりました。もちろん今まで通りドーム内部に描かれたフレスコ画も間近で見ることが出来ます。普通は遠くからしか見ることが出来ないフレスコ画が、この教会ではじっくりと近くで楽しめます。

この記事の続きを見る


1908年制作、180×180もセンチある大きなクリムトの「接吻」(ベルヴェデーレ宮殿オーストリア絵画館所蔵)
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/ウィーン 
ウィーン観光のポイントの一つに19世紀末から20世紀初頭にかけての芸術巡りが挙げられる。当時は絵画、建築、デザインの分野でウィーンは卓越していた。しかしグスタフ・クリムトは肺炎のため1918年2月6日に55歳で世を去った。モダニズム初期の建築家として名高いオットー・ヴァーグナーも丹毒という皮膚の病気で4月11日に76歳で亡くなった。20世紀初期に活躍したデザイナーのコロマン・モーザは頭頚部癌で10月18日に50歳で、そしてエゴン・シーレは当時流行していたスペイン風邪のため10月31日に28歳の若さで死亡した。19世紀末から20世紀初頭にかけて一世を風靡したウィーンの芸術家たちが同じ1918年に相次いで亡くなったのである。ウィーン市ではこのことを重視し、2018年をウィーン・モダニズム100周年、と位置付けて様々な特別展示会を開いている。

この記事の続きを見る


ザルツブルクのクリスマスマーケットにはカワイイグッズがいっぱい
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/ザルツブルク 
ドイツにほど近いオーストリアのザルツブルク。ここのクリスマスマーケットは、ウィーンよりもドイツっぽい雰囲気を感じます。ドイツらしいゴツめのくるみ割り人形を置いてある屋台も。ザルツブルク旧市街は、徒歩で充分まわることができるサイズで、クリスマスマーケットの大きさもほとほどです。歩き回って疲れてしまうということは、まずありません。夏の観光客でごった返すザルツブルクとはまた異なる、のんびりした雰囲気のクリスマスでまったりゆったりできます。今回は、そんなザルツブルクのクリスマスマーケットを紹介しましょう。※ザルツブルクのクリスマスマーケット、レジデンツ広場と旧市街日時 : 2017年11月23日〜12月26日月〜木曜10:00〜20:30、金曜と12/7 10:00〜21:00、土曜と祝日9:00〜21:00 、日曜9:00〜20:30 、12/24 9:00〜15:00、12/25-26 11:00〜18:00ホームページ(英語あり)www.christkindlmarkt.co.at

この記事の続きを見る


ウィーン市庁舎前のクリスマスマーケットは夜もにぎやか
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/ウィーン 
寒い冬はどうしても室内にこもりがちですが、ウィーンでは12月は別。週末には交通渋滞を引き起こすほど人々が町に繰り出します。それはクリスマスの時期だから。クリスマスには人々の間でプレゼントのやり取りがあるので、買い物をしなくてはならない。そうなると、自分のものも欲しくなってしまう…。そんなシーズンなのです。そして、この時期にウィーン市内で開催されるクリスマスマーケットは、地元の人だけでなく観光客にも大人気です。クリスマスマーケットは市内の何か所かにたつのですが、ウィーン市庁舎前のものが一番規模が大きく立派です。今回は、この市庁舎前のクリスマスマーケットについてお話しましょう。※ウィーン市庁舎前 クリスマスマーケット日時 : 2017月11月17日から12月26日まで時間 : 12/24-12/26を除く日-木10:00〜21:30、金・土10:00〜22:00 12/24 10:00〜18:00    12/25-26 11:00〜21:30ホームページ(英語あり)  www.christkindlmarkt.at

この記事の続きを見る


紅葉のピークはその年の天候にもよりますが、9月後半から11月上旬。晴れた日に行くと更に葉が輝いていてキレイ。
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/ウィーン 
ウィーンを代表する観光地、世界遺産にもなっているシェーンブルン宮殿。ハプスブルグ家の夏の離宮であり、今では世界中から季節を問わず観光客が訪れる場所となっています。春には色とりどりの花が庭園中に飾られ、新緑の緑が美しく、初夏にはウィーンフィルのサマーコンサート、冬にはクリスマスマーケットとイベントも行われますが、お散歩する時期として外せないのが秋の紅葉シーズン!ヨーロッパの紅葉はあまり鮮やかな赤がなく少し淋しい気もしますが、紅葉時期のシェーンブルンの庭園は黄金の葉の絨毯が敷き詰められ、黄色からオレンジのグラデーションが見事です。

この記事の続きを見る


キラキラ輝く市庁舎前のクリスマスマーケット。ライトアップされた建物をクリスマスのデコレーションとたくさんのスタンドが一層華やかに魅せてくれます。
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/ウィーン 
オーストリアが一年で一番輝いている時期、それがクリスマス。ウィーンだけではなく各都市でたくさんのクリスマスマーケットが開催されますが、年々開催時期が早く、そして期間が長くなっています。街中にイルミネーションが設置され、お店やカフェのショーウィンドーもクリスマスの飾りでいっぱいになり、寒いけどワクワクするような雰囲気で街が包まれています。今年も市庁舎前(11月11日〜12月26日)、シェーンブルン宮殿(11月19日〜12月26日)、ベルベデーレ宮殿(11月18日〜12月26日)などウィーンの観光名所でもクリスマスマーケットが開催され世界中から訪れた人で賑わいます。

この記事の続きを見る


Schloss
  • テーマ:
  • 城・宮殿
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/ウィーン 
17世紀から18世紀に渡りオーストリア帝国軍で活躍したプリンス・オイゲン。彼はPrinz Eugen von Savoyenの名で活躍し、ウィーンの王宮前に像が建ち、そしてベルベデーレ宮殿をも所有していたオーストリアを代表する軍人・政治家です。1725年、元々スロバキア国境近くにあった宮殿を改装し、豪華なバロック式の夏の別邸に作り上げました。彼の死後ハプスブルグ家のものになりマリア・テレジアとその夫フランツ・シュテファンがパーティーなどを催したり、狩りの場などとして利用していましたが、今では一年を通じて様々なイベントが催され、ウィーンから日帰りで行ける宮殿として人気です。

この記事の続きを見る


やっぱり雪が似合う。ウィーンのクリスマスマーケット
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/ウィーン 
ウィーンには、毎年11月中旬から行われるクリスマスマーケットがいくつかあるのですが、その中でもダントツの人気を誇るのが、ウィーン市庁舎前のクリスマスマーケットです。地元のウィーンっ子はもちろん、この時期に訪れる観光客も楽しみにしています。もちろんクリスマスの時期は寒いのですが、それも風情。はらはらと雪が降ってきたら、最高に絵になります。今年(2014年)の市庁舎前のクリスマスマーケットの日程は、11月15日から12月24日までです。

この記事の続きを見る


1 2 3 末尾 次へ


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。ウィーン 11月 観光に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介