page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「ウィーン王宮博物館 入場料」の見どころ情報

ウィーン王宮博物館 入場料に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「入場料」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


マルクト広場のクリスマスマーケット風景
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/リューベック 
北ドイツの美しい古都リューベックは、文豪トーマス・マンの故郷であり、彼の代表作『トニオ・クレーゲル』や『ブッデンブローク家の人々』の舞台となった町だ。北ドイツ特有のレンガ造りの家並が続き、教会や公共の建物も堂々としたレンガ建築が目立つ。中世ではハンザ同盟の盟主として栄え、その恩恵は市民の福祉生活に今でも還元されている。マルクト広場の市庁舎は4階建てのように見えるが実は2階建て。壁だけが高く積み上げられており、バルト海から吹き付ける強い風を逃がすため大きな丸い穴が空いている。リューベック最大のクリスマスマーケットはこの市庁舎前広場で開催される。市庁舎隣のマリア教会中庭では中世の衣装を着た人々による歴史的なクリスマス市が開かれており、この他に屋内で開かれる特別なマーケットもある。

この記事の続きを見る


ストリートアートもそこここに。「アート・マカオ」に関するものとそうでないものがあるが、いろいろあって楽しい
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • アジア/マカオ/マカオ 
毎年なにかしら新しいものがオープンするマカオ。さまざまなアトラクションがお目見えし、エンターテイメントシティとして急成長中です。そんなマカオで今年開催されているのは、「アート・マカオ」。街全体を美術館に、というコンセプトのもと、あちこちでアートに出合うことができ、街歩きがますます楽しくなっています。

この記事の続きを見る


平日でも凄い盛り上がり!
  • テーマ:
  • スポット
  • 行き先:
  • アジア/ベトナム/ハノイ 
週末の夜は歩行者天国となる旧市街ですが、平日は閑散としている通りも多いです。しかし!「ターヒエン通り」は平日でも凄い人!特に21:00~0:00は混雑のピークを迎えます。凄い人混みの飲屋街なので、お子様連れはお勧めしません。また、狭い通りなので荷物は最小限にしておくといいです。

この記事の続きを見る


モントリオールの街が始まった場所に建つ博物館
  • テーマ:
  • スポット
  • 行き先:
  • 北アメリカ/カナダ/モントリオール 
カナダ第二の都市として栄えるモントリオールは、1642年に建設されたヴィル・マリーという名前の村から始まります。現在その場所に建つのがこの博物館「ポワンタ・キャリエール考古学歴史博物館」です。今ではそのヴィル・マリーの時代から現代までのモントリオールの街の歴史を学べる博物館として、多くの人が訪れています。街の建設の様子や、当時の人々の様子など様々な展示を見る事が出来ます。

この記事の続きを見る


ドナウ越しに見たバイエルン州歴史博物館。今回のバイエルン州展覧会の会場です。
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/レーゲンスブルク 
バイエルン州展覧会は、1976年にスタートし、バイエルン州内の様々な都市でほぼ毎年の様に開催される展覧会です。毎回テーマが設定され、それに沿った展示がされるのですが、レーゲンスブルクでの開催は、2000年、2014年に続き、今回3回目です。2019/20年のテーマは、1000年の歴史に眠る100の財宝。2019年9月27日から2020年3月8日までの開催です。2014年の時点では、いくつかの博物館に分散しての開催でしたが、今回の会場は、レーゲンスブルクに今年2019年6月にオープンしたばかりのバイエルン州歴史博物館。その初めての特設展となります。漠然とした今年のテーマ、あまり期待せずに行って見たのですが、なかなか立派なものです。財宝というと、金銀のきらびやかなものを想像しがちですが、それだけでなく、古文書であったり、古い絹の靴や皮のブーツ、タペストリーなど、色々なものに出会えます。

この記事の続きを見る


石造りの壁や建物の土台部分が残る「クシカンチャ」
  • テーマ:
  • 遺跡
  • 行き先:
  • 中南米/ペルー/クスコ 
あのマチュピチュ遺跡やサクサイワマン遺跡を造らせたという、インカ皇帝パチャクテク・インカ・ユパンキ(パチャクティ)。アンデスの数多い部族の1つに過ぎなかったケチュア族を導き、大帝国の礎を築いた英雄だ。父である皇帝ウィラコチャが異母弟ウルコを溺愛するなど、正妻の子でありながら不遇の時代を過ごしたが、のちにインカ最大の敵であるチャンカ族を打ち破ったことで第9代皇帝の地位を獲得した。そのパチャクテクの生家であり住居だったとされるのが、クスコ市内にある「PALACIO INKA DEL KUSIKANCHA(クシカンチャ宮殿)」。クスコ中心部で無料公開される数少ない史跡として、隠れた観光スポットになっている。

この記事の続きを見る


美しいビーチやグルメも楽しめる人気のオアフ島
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ハワイ/ハワイ/オアフ島 
ハワイのオアフ島は、一年中温暖な気候で、美しいビーチや大自然を満喫できる人気の島です。また、グルメスポットやショッピングスポットも沢山あり、ビーチ沿いには優雅で美しいホテルもあり、ホテルライフもエンジョイ出来ます。そんな魅力たっぷりのオアフ島、初めて訪れたならベタだけど外せない観光地トップ5をご紹介していきますね!

この記事の続きを見る


充実の展示内容!
  • テーマ:
  • スポット
  • 行き先:
  • 北アメリカ/カナダ/オタワ 
植民地時代から現代までの歴史を「戦争」という視点を元に展示してある博物館。戦うことだけではなく、それぞれの時代の背景や、人々の生活の様子などまで細かく展示/解説してくれているので、色々な事を学ぶことができ、考えさせられます。それぞれの時代や戦争ごとに分けて展示してあるので、とても見やすく限られた時間内でも展示を選んで見学する事が出来ます。

この記事の続きを見る


7000個ものカボチャで見応えあり!
  • テーマ:
  • イベント
  • 行き先:
  • 北アメリカ/カナダ/オタワ 
このイベントが開催される「Upper Canada Village」は、首都オタワから車で約1時間ほどの所にある1860年代のカナダの生活が分かるように展示されている野外博物館です。そこでは年間を通して様々なイベントが開催されている他、イースターやクリスマス、そしてハロウィンには大きなイベントがあり子供から大人まで人気を集めています。ハロウィンイベント「Pumpkinferno」は暗くなってから始まるイベントで、会場には7000個以上のカボチャを使って作られたオブジェがライトアップされています。来場者はそれらを見ながら徒歩で回るのですが、種類豊富なオブジェの数々は見応えたっぷり!です。

この記事の続きを見る


3日間で8万5000人を動員するという、スペイン最大のロック系フェス
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スペイン/マドリード 
2019年の夏、中欧を旅行中にスペインのマドリードで音楽フェスがあることを知りました。それが今回紹介する「マッド・クール・フェス Mad Cool Fes」です。2019年は7月11日木曜から13日の土曜までの3日間の開催でした。「日曜はないの?」と思う人もいるでしょう。このフェス、日が長いヨーロッパの夏を反映してか、夕方5時から朝の5時までという夜通しなのです。なので最終日のライブが終わるのが、日曜の朝なのですよね。ということはヘッドライナーの出番は、日付が変わる頃から深夜。ちょっと体力的に不安でしたが、行ってみることにしました。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。ウィーン王宮博物館 入場料に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介