page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「エアアジア」の見どころ情報

エアアジアに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「エアアジア」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


日本航空もベンガルールへ直行便を運航
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/インド洋ビーチ/チェンナイ(インド) 
日系大手航空会社が南インドへ相次いで就航した。2019年10月からANAがチェンナイへ週3便(機材はB787-8)、さらに日本航空もベンガルール(旧バンガロール)就航を予定している。日本航空はデリーへ、ANAはムンバイへすでに就航していて、これらはインドの首都と経済の中心都市であった。 では南インドの位置付けはというと、チェンナイ、ベンガルール、さらにハイデラバードなども含めて、近年IT産業で発展している都市で、日本と南インドはビジネス渡航需要が増加していたのである。 しかし、直行便就航で観光需要も期待されている。インドは日本の9倍の面積があり、その地方によって風土風習はかなり異なる。デリーなどの北インドと南インドでは、異なる国といっていいほどに気候や食生活なども違う。日系航空会社の直行便就航で近くなった南インドにスポットを当ててみたい。

この記事の続きを見る


国際戦の場合、赤ちゃんでも運賃がかかる
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
旅行の経費で大きな割合を占めるのが交通費。特に飛行機を使った旅となると、家族分をトータルすると結構な金額になったりします。私も娘が小さい頃は、いつも子連れで一時帰国していました。一人旅の頃は気にすることがなかった子供料金ですが、実は思っていた以上にかかることに驚ました。数日の違いで、娘の料金が7〜8倍になったり、知識がないために損した経験もありました。

この記事の続きを見る


LCCが発着する成田空港のターミナル3
  • テーマ:
  • エアライン・空港
日系航空会社にLCC(Low Cost Carrier=格安航空会社)が飛びはじめたのは2012年、それから7年が経ち、近隣国へはLCC利用が当たり前になった。日本〜韓国間を例にすると、大手航空会社が5社運航に対し、LCCは8社が飛んでいる。LCCは座席が狭い、手荷物有料、座席指定も有料だが、それらを考えてもLCCのほうが安くつく。韓国、台湾、香港くらいなら、少ない手荷物で、カジュアルに飛ぶのがここのところの傾向といっていいだろう。バンコク、クアラルンプールなど東南アジア方面でも、直行便の範囲ではLCCの安さは際立っているといっていいだろう。 しかし、この考えをすべてに当てはめてはいけない。先日成田からカンボジアへ飛んだ。航空券検索サイトではもっとも安かったのがクアラルンプール1泊乗り継ぎのLCCであったが、ホテル代、到着が2日目になることなどを考えるといいスケジュールとは言い難い。そして僅差で2番目に安かったのがベトナム航空のホーチミン乗り継ぎで、こちらは1時間半ほどのスムーズな乗り継ぎ、機内食、荷物も無料でコスパ的にはこちらが得であった。直行便のない都市へはLCCと大手航空会社の条件をよく比較したほうがよい。

この記事の続きを見る


エアアジアなどのLCCは、徹底したコストダウンで低価格の航空券を提供する
  • テーマ:
  • エアライン・空港
LCCとは、Low Cost Carrierの略で、直訳すれば「低コストの航空会社」という意味になります。既存の航空会社と異なり、徹底した効率化によりコストダウンをはかり、低価格で運行サービスを提供する航空会社のこと。たとえば、バニラ・エア、ピーチ、エアアジア、ジェットスター、春秋航空、スクート等々は日本でよく目にするLCCでしょう。普通の航空会社に比べ航空券の値段はかなり安く抑えられていますが、その分サービスが劣っていることは否めません。LCCのメリットとデメリットを踏まえ、上手に活用することが重要です。

この記事の続きを見る


2006年から開港したスワンナプーム国際空港の港内
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
日本からの海外旅行先としても人気が高いタイの首都バンコク。日本からまずバンコクに飛び、タイ各地への国内線へのトランジットや、ラオス、カンボジアへのトランジット空港として使用する人も多いでしょう。しかしバンコクには2つの国際空港があるということをご存知でしょうか? 使用する航空会社によって、スワンナプーム国際空港なのかドンムアン空港なのか異なります。間違えると、飛行機に乗り遅れる事態が発生することもありますので要注意です。

この記事の続きを見る


案内表示に従って進みます。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/マレーシア/マラッカ 
「空港から日帰りで行くマラッカ観光 前編」からの続きです。たとえば東京発、クアラルンプール(KL)行きでエアアジアを利用した場合、KLには早朝5:30に到着します。KLIA2(LCC専用ターミナル)は、入国審査場までの移動距離が長く、特に早朝は入国審査のスタッフが少ないからか、非常に時間がかかります。1時間以上時間がかかることを想定し、余裕をもったスケジュールを組みましょう。バスの時刻表は、Bus Online Ticket.comで確認&購入が可能。英語のサイトですが、「Departure」の欄から「KLIA2」、「Arrival」の欄から行き先の「Malacca」をプルダウンメニューから選択するだけと簡単です。チケットは、入国手続きの時間が読みづらいので、到着後に現地で手配するのがいいでしょう。バス乗り場は空港の建物の1階にあるので、到着ロビーを出たら、バスのマークを目印にまっすぐ進みます。空港にまた戻ってくるので、大きい荷物は到着階の2階、またはバスのチケットカウンターの奥にあるカプセルホテルのロッカーに預けてしまいましょう。カウンターでは、行き先を告げればパネルに出発時間が表示されるので、希望の時間を指定すればOKです。

この記事の続きを見る


まだ一部工事中。それもまたご愛嬌。ちなみに現況、国内線の発着もこの新空港となっている。
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/バリ島(インドネシア) 
昨年2013年9月に新しく誕生したインドネシア・バリ島のングラライ国際空港。10月に開催されたAPECにあわせて肝いりで建設された新ゲートウェイだ。旧空港に比べてスタイリッシュかつ広々としている。加えてリゾート地バリ島らしい波を模したデザインに、伝統的な割れ門や赤い屋根などがモチーフになりエキゾチックな感じに仕上がっている。ただ、まだ一部は工事中など建設途中のところも見受けられるので、ソフトオープンといったところだろう。今後、港内へのアクセス、システムなども変わってくることも考えられるので利用する際は事前に確認したい。ま、こういうところがバリ島なんですけどね。

この記事の続きを見る


LCCの特徴がボーディングブリッジを使用しないこと。タラップを降りた乗客は係員の指示に従ってターミナル施設まで徒歩で行く。荷物はあまり持ち込まないのがLCCでのコツだ。乗り込むのも同様。
  • テーマ:
  • エアライン・空港
すっかりお馴染みになったLCC。日本発着のエアラインも増えたし。行き先も拡大中で、安く海外旅行に行けるチャンスが増えてきた。その、LCCの中でも草分け的存在がエアアジア。拠点はマレーシアのクアラルンプール。LCC専用ターミナルから国際線、国内線を運航。今回は、それをチェック!日本発着のエアアジアはすべてこのLCC専用ターミナルに到着する。規模は小さいし、最先端なデザイン性もないが、両替、ギフトショップ、カフェ、ファーストフード店などがある。クアラルンプール往きのバスも目の前から出発する。また、LCCの国内線ターミナルとも直結するので、乗り換えも簡単。英語での表記もされているので不便さはあまり感じないはずだ。

この記事の続きを見る


成田空港に到着した初号機のエアバスA320。同型機を2機使用しての運航となる。
  • テーマ:
  • エアライン・空港
マレーシアを拠点に躍進中のエアアジアはLCCの代表格。幅広いネットワークで格安旅行に欠かせない存在として急成長。そのエアアジアがついに日本を舞台にLCCビジネスを開始!エアアジア・ジャパンが誕生した。エアアジア・ジャパンは、ANAとエアアジアによる合弁会社で、2011年に設立。2012年8月1日から成田/新千歳線を1日3便、福岡線を1日2便、3日からは成田/沖縄線を1日1便で運航を開始予定に。さらに、2012年10月からはソウル(仁川)と釜山への直行便を運航開始予定にしている。エアアジア・ジャパンの就航により、より日本でのLCC利用が活発になることだろう。

この記事の続きを見る


1泊料金が300円からと破格の金額で売り出しているTUNE
  • テーマ:
  • 安宿
  • 行き先:
  • アジア/マレーシア/クアラルンプール 
マレーシアの格安航空会社、「AirAsia」。飛行機は全席自由席、機内食サービスなし(有料のみ)、預け荷物は有料と徹底したコスト削減を実現し、この不景気の中、大幅に業績を伸ばし、勝ち組エアラインと呼ばれています。そんなエア・アジアがこの度、ホテル業界にも進出。航空業界同様に、ホテルの金額も早期に購入するほど、安くなります。なんと、最安値の金額はたったの9.99RM(約300円)から。できるだけ安く泊まりたい!観光重視でホテルに滞在する時間が少ないから、なるべくコストを抑えたい! そんなあなたにぴったりなホテルです。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。エアアジアに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介