page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「エアライン プレミアムエコノミー ランキング」の見どころ情報

エアライン プレミアムエコノミー ランキングに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「エアライン プレミアムエコノミー」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


ワルシャワを拠点に100都市に就航しているポーランド航空。
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ポーランド/ワルシャワ 
今年で90周年を迎えたポーランド航空(以下LOTと略)。ヨーロッパのキャリアとしては4番目に古い歴史ある航空会社です。就航は世界100都市。2016年より、成田空港からポーランドの首都ワルシャワまでの直行便を就航させており、他都市への乗り継ぎのアクセスもよく、たとえば人気の中欧都市プラハへは所要13時間と他キャリアに比べて最短で到着します。ワルシャワ空港内もコンパクトなために、乗り継ぎもスムーズでコスパが良いと近年ヨーロッパ旅行の足として人気が高まっています。今年の利用者の数で平均すると、乗客の3割がワルシャワ行きが目的で、7割は他国への経由便として使っているそう。2019年前半期の行き先の上位は、ワルシャワ、プラハ、ウィーン、ブダペストが占めており、なんと搭乗率は約9割という人気のエアラインなのです。

この記事の続きを見る


パース行きに使われているのはボーイングの最新鋭機787
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • オセアニア/オーストラリア/パース 
ANAが2019年9月からオーストラリアのパースへ直行便を毎日運航している。往路は成田発11時10分、パース着20:15分、復路はパース発21時45分、成田着は翌日の8時25分である。所要時間は約10時間、機材はボーイング787-8型機、座席数はビジネス32席、プレミアムエコノミー14席、エコノミー138席の計184席である。近年、ANAはウイーン、メキシコシティ、そしてインドのチェンナイへの路線も新規に就航するなど、積極的に就航都市を増やしているが、パースもその一環である。これら新たな就航地には787型が使われているが、787型の特徴として「中型で長距離を飛べる」という部分があり、それほど多くの需要がない都市でも、毎日、直行便を飛ばすことができる。ANAは787のローンチ・カスタマーで、多くの787を運航するが、就航地を増やせているのも787導入の効果といっていいだろう。

この記事の続きを見る


2019年から成田〜バンダルスリブガワン間の運航をはじめたブルネイ航空
  • テーマ:
  • エアライン・空港
2019年3月にブルネイ(正式にはブルネイ・ダルサラーム国)の首都バンダルスリブガワンから成田へ初の直行便としてロイヤルブルネイ航空が週3便就航したが、6月には早くも増便され、現在は週4便運航となっている。 成田から往路は昼発、現地夕方着、復路は現地深夜発、成田に朝着、現地2泊であれば、2泊4日のスケジュールになり、復路は機中泊となる。機材はエアバスA320、座席数は150席である。 ブルネイはボルネオ島にある小さな国、面積は茨城県より少し小さい程度、3方をマレーシアに囲まれ、残りは南シナ海に面している。マレーシアのコタキナバルからは100キロも離れていないところに位置している。アセアンに加盟、天然資源輸出を基にした裕福な国で、個人に対する税金がないという国である。 多くの日本人にとって未知の国であろうブルネイだけに行くのにためらってしまう向きには、旅行期間を5〜6日として、ブルネイとマレーシアのコタキナバルを訪ねてみるというのはいかがだろうか。この間は空を飛べば40分、海路でもつながっている。マレーシアのボルネオ島側と小国のブルネイを訪ねる旅は、近くて、なおかつ新鮮な旅が待っていそうである。

この記事の続きを見る


ワルシャワ経由で、快適な旅を!
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ポーランド/ワルシャワ 
2016年1月に成田便の運行を開始したポーランド航空。ワルシャワまで直行便が飛んでいるって、ご存じでしたか? 地図をみていただくとわかりやすいのですが、ワルシャワはヨーロッパでもかなり北のほうになります。地球は丸いので、日本からはそれだけ近いということですね。成田からワルシャワへの平均飛行時間は11時間35分です。天候や機材などの状況によって変わりますが、ヨーロッパ方面へ出かけるときには便利ですね。成田就航当時は週3便の運行だったのですが、2017年7月に週4便に増便。そして、2018年3月31日からは週5便になるそうです。順調に、便数が増えています。近いうちに、デイリー運行をしたいそうですよ。

この記事の続きを見る


LOTポーランド航空では成田を含め、北京、ニューヨーク、トロントなどへのすべての大陸間フライトでドリームライナーを使用
  • テーマ:
  • エアライン・空港
2016年1月14日から、LOTポーランド航空による成田〜ポーランド首都ワルシャワへの直行便が初就航。これにより、日本と中央・東ヨーロッパとのアクセスがいっきにスムースになった。成田空港からヨーロッパへの乗り入れは実に8年ぶり(除く極東ロシア)。ポーランドはもちろんチェコやハンガリー、バルト三国といったデスティネーションへのゲートウェイとしても魅力的だ。機体はドリームライナーの愛称を持つ快適性を追求したボーイング787。クラスはエコノミークラス213席、プレミアムエコノミー21席、ビジネスクラス18席の計252席となる。

この記事の続きを見る


総二階建てのエアバスA380にも新たに投入される
  • テーマ:
  • エアライン・空港
シンガポール航空に新たに「プレミアムエコノミークラス」が登場する。導入は2015年8月9日からで、まずはシンガポール〜シドニー線の一部限定フライトから開始。今後は導入予定のエアバスA350の20機も加え、A380の19機、777-300ER19機で先行導入。2015年後半から2016年初めにかけて東京、ロサンゼルス、デリー、ムンバイ、シドニー、オークランド、ロンドン、パリ、チューリッヒ、フランクフルト、ニューヨークなどの路線に段階的に導入される予定になっている。

この記事の続きを見る


最先端テクノロジーを駆使したボーイング787
  • テーマ:
  • エアライン・空港
「ひとクラス上の最高品質」をテーマに「SKY SUITE 777(スカイスイート777)」、「SKY SUITE 767(スカイスイート767)」と次世代感覚の新しいサービスを展開してきたJAL。今回、2014年12月から787-8型機の新仕様機材「SKY SUITE 787(スカイスイート787)」を成田〜フランクフルト線に、また、2015年1月からは成田〜ニューヨーク線に導入することを発表した。 ボーイング787-8型機は快適な湿度・気圧の設定や、ウォシュレットのトイレ、高い天井と広い窓など従来より心地いいフライト体験が期待できる機内環境が好評なだけに楽しみだ。さらに今後は2015年度から運航予定の787-9型機にも順次導入、国際線の中長距離路線を中心に展開していく予定になっている。

この記事の続きを見る


リオネル・メッシ、コービー・ブライアント、ボルシア・ドルトムントのスポンサーでもある
  • テーマ:
  • エアライン・空港
1933年、たった5機の飛行機のみでスタートした航空会社がターキッシュエアラインズ。以前はトルコ航空の名称だったが、現在の正式名称はターキッシュエアラインズとなっている。ここ数年、サービスの向上、路線拡大に積極的で常に斬新でエンターテイメント性の高いソフト&ハードのアップグレートを行ってきた。それらが乗客、エアライン業界から高い評価を受け、権威あるスカイトラックス社によるエアラインランキングで2014年の「欧州最高の航空会社」に選ばれ、4年連続ベストワンという偉業を成し遂げた。加えて「南欧最高の航空会社」、「最優秀ビジネスクラス機内食」、「最優秀ビジネスクラス・ラウンジダイニング」と各賞も総なめ。今、一番乗りたいエアラインのひとつだといえる。

この記事の続きを見る


英国、日本の両国において「各国において最も影響力のあるブランド」に贈られる2014
  • テーマ:
  • エアライン・空港
ブリティッシュ・エアウェイズは世界75カ国、170都市以上に広範囲なネットワークを持つエアライン。2013 年には就航94周年を、日本においては就航65 周年を迎えている。2011 年2 月20 日に運航開始した羽田〜ロンドン線は週7 便でデイリーに運航。成田〜ロンドン線と合わせると毎日2 便運航というまさに日本と英国を結ぶエアラインといえる。日本からのブリティッシュ・エアウェイズのフライトが到着するのはロンドンのヒースロー空港・ターミナル5。 ターミナル5 は権威あるスカイトラックス社のエアラインアワードで3 年連続「最高のターミナル」に選ばれるほどでヨーロッパ屈指。欧州の各都市への乗り継ぎもすみやかだ。

この記事の続きを見る


早朝、世界遺産のオペラハウスやハーバーブリッジを眺めながらランディング
  • テーマ:
  • エアライン・空港
日本の北半球と季節が逆の南半球。12〜2月が夏にあたるためこれからが行き時!そのオーストラリアへの直行便を運航するのがカンタス航空。現在は成田〜シドニー間をデイリーで運航。所要約9時間40分で一気に夏気分のリゾート、オーストラリアにランディングできる。成田〜シドニー間の運航機材はB747-400。エコノミー、プレミアムエコノミー、ビジネスクラスの3クラス体制。また、系列会社のジェットスターとのコードシェアなども含めケアンズ、ゴールドコースト、メルボルン、パースなど各主要都市はもちろん、エアーズロックなど人気のスポットへの国内線も充実。日本の約22倍という広大なオーストラリアだけに飛行機での移動はマスト。シームレスに各都市をつなぐカンタス航空とそのネットワークの存在は大きい。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。エアライン プレミアムエコノミー ランキングに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介