page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「エアライン プレミアムエコノミー 機内食 ランキング」の見どころ情報

エアライン プレミアムエコノミー 機内食 ランキングに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「エアライン プレミアムエコノミー 機内食」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


ワルシャワを拠点に100都市に就航しているポーランド航空。
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ポーランド/ワルシャワ 
今年で90周年を迎えたポーランド航空(以下LOTと略)。ヨーロッパのキャリアとしては4番目に古い歴史ある航空会社です。就航は世界100都市。2016年より、成田空港からポーランドの首都ワルシャワまでの直行便を就航させており、他都市への乗り継ぎのアクセスもよく、たとえば人気の中欧都市プラハへは所要13時間と他キャリアに比べて最短で到着します。ワルシャワ空港内もコンパクトなために、乗り継ぎもスムーズでコスパが良いと近年ヨーロッパ旅行の足として人気が高まっています。今年の利用者の数で平均すると、乗客の3割がワルシャワ行きが目的で、7割は他国への経由便として使っているそう。2019年前半期の行き先の上位は、ワルシャワ、プラハ、ウィーン、ブダペストが占めており、なんと搭乗率は約9割という人気のエアラインなのです。

この記事の続きを見る


LOTポーランド航空では成田を含め、北京、ニューヨーク、トロントなどへのすべての大陸間フライトでドリームライナーを使用
  • テーマ:
  • エアライン・空港
2016年1月14日から、LOTポーランド航空による成田〜ポーランド首都ワルシャワへの直行便が初就航。これにより、日本と中央・東ヨーロッパとのアクセスがいっきにスムースになった。成田空港からヨーロッパへの乗り入れは実に8年ぶり(除く極東ロシア)。ポーランドはもちろんチェコやハンガリー、バルト三国といったデスティネーションへのゲートウェイとしても魅力的だ。機体はドリームライナーの愛称を持つ快適性を追求したボーイング787。クラスはエコノミークラス213席、プレミアムエコノミー21席、ビジネスクラス18席の計252席となる。

この記事の続きを見る


総二階建てのエアバスA380にも新たに投入される
  • テーマ:
  • エアライン・空港
シンガポール航空に新たに「プレミアムエコノミークラス」が登場する。導入は2015年8月9日からで、まずはシンガポール〜シドニー線の一部限定フライトから開始。今後は導入予定のエアバスA350の20機も加え、A380の19機、777-300ER19機で先行導入。2015年後半から2016年初めにかけて東京、ロサンゼルス、デリー、ムンバイ、シドニー、オークランド、ロンドン、パリ、チューリッヒ、フランクフルト、ニューヨークなどの路線に段階的に導入される予定になっている。

この記事の続きを見る


リオネル・メッシ、コービー・ブライアント、ボルシア・ドルトムントのスポンサーでもある
  • テーマ:
  • エアライン・空港
1933年、たった5機の飛行機のみでスタートした航空会社がターキッシュエアラインズ。以前はトルコ航空の名称だったが、現在の正式名称はターキッシュエアラインズとなっている。ここ数年、サービスの向上、路線拡大に積極的で常に斬新でエンターテイメント性の高いソフト&ハードのアップグレートを行ってきた。それらが乗客、エアライン業界から高い評価を受け、権威あるスカイトラックス社によるエアラインランキングで2014年の「欧州最高の航空会社」に選ばれ、4年連続ベストワンという偉業を成し遂げた。加えて「南欧最高の航空会社」、「最優秀ビジネスクラス機内食」、「最優秀ビジネスクラス・ラウンジダイニング」と各賞も総なめ。今、一番乗りたいエアラインのひとつだといえる。

この記事の続きを見る


早朝、世界遺産のオペラハウスやハーバーブリッジを眺めながらランディング
  • テーマ:
  • エアライン・空港
日本の北半球と季節が逆の南半球。12〜2月が夏にあたるためこれからが行き時!そのオーストラリアへの直行便を運航するのがカンタス航空。現在は成田〜シドニー間をデイリーで運航。所要約9時間40分で一気に夏気分のリゾート、オーストラリアにランディングできる。成田〜シドニー間の運航機材はB747-400。エコノミー、プレミアムエコノミー、ビジネスクラスの3クラス体制。また、系列会社のジェットスターとのコードシェアなども含めケアンズ、ゴールドコースト、メルボルン、パースなど各主要都市はもちろん、エアーズロックなど人気のスポットへの国内線も充実。日本の約22倍という広大なオーストラリアだけに飛行機での移動はマスト。シームレスに各都市をつなぐカンタス航空とそのネットワークの存在は大きい。

この記事の続きを見る


保有する7
  • テーマ:
  • エアライン・空港
スカンジナビア航空(以下SAS) は、その名前のとおりスカンジナビアと呼ばれるデンマーク、スウェーデン、ノルウェーの北欧三ヶ国が運営するエアラインだ。創立は1946年と古い。現在189 カ国、1290都市へ就航。日本と北欧だけでなくヨーロッパ、アジア、アメリカ大陸間のシームレスな乗継を実現させている。また、定時運航率が高いエアラインとしても有名だ。日本からは成田〜コペンハーゲン間をデイリーで就航する。

この記事の続きを見る


成田からシドニーへのQF22便の到着は早朝。運がよければシドニー湾にかかるハーバーブリッジやオペラハウスが眼下に。
  • テーマ:
  • エアライン・空港
日本とは季節が逆の南半球は12〜2月頃がサマーシーズン。ビーチリゾートやネイチャースポットなどレジャーに最適の季節を迎える。ということで南半球きってのアクティブスポットといえばオーストラリア。世界遺産のグレートバリアリーフからウルルなどのパワースポットに、シドニーやメルボルンでのグルメなシティ滞在などお楽しみはたっぷり。そのオーストラリアと日本をつなげるのがカンタス航空。現在、成田〜シドニー間を直行便でつなぐほか、傘下のLCCジェットスターが成田、関空とシドニー、ケアンズ、ゴールドコーストなどの人気デスティネーションに運航している。

この記事の続きを見る


最新設備を搭載した777-300ER
  • テーマ:
  • エアライン・空港
JALは777-300ER機材を使った今までにない革新的なシート、サービスを実現した。それが、「SKY SUITE 777」。現在、成田〜ロンドン、成田〜ニューヨーク線で運航。新機材はファースト8席、ビジネス49席、プレミアムエコノミー40席、エコノミー135席の232席という仕様。ビジネス、ファーストクラスはもちろん、エコノミー、プレミアムエコノミーにも快適性とユースフルさを限りなく追及。あらためて飛行機に乗るという楽しさ、高揚感を旅する者に感じさせてくれる。

この記事の続きを見る


フライングカンガルー(空飛ぶカンガルー)がロゴ。まさにオーストラリアを象徴するエアライン。日本へは1947年から就航。
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • オセアニア/オーストラリア/シドニー 
カンタス航空(Qantas)は1920年、オーストラリアのクィーンズランド州で設立。ユニークな企業名は実は「Queensland and Northern Territory Aerial Services Limited」の頭文字から。日本から南半球のオーストラリアへの直行便を運航するエアラインとして知られる。現在、他社運航コードシェア便で成田、関空からオーストラリア主要都市に運航。成田・羽田からは同じく他社運航コードシェア便でシンガポール経由でオーストラリアへ、というスタイルも提案。また、オーストラリア全土への幅広いネットワークで、国内移動の足としても欠かせない存在だ。

この記事の続きを見る


「エアライン 機内食 ランキング」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

こちらはシンガポールから以遠で活躍するメガ機エアバスA380
  • テーマ:
  • エアライン・空港
シンガポール航空は数々の航空アワードを受賞するアジアを代表するエアラインのひとつ。エイビーロード恒例のエアラインランキングでも2014年度は3年連続の総合満足度1位に輝いている。シンガポール航空カーゴ、シルクエアーを含め世界38カ国107都市を結ぶ充実したネットワーク、常に最新鋭の機材を導入し、それに伴う充実のサービスなどは定評が高い。日本には東京、大阪、名古屋、福岡の4 都市からシンガポール・チャンギ国際空港へ直行便を運航。また、多彩な運航ルートを活用してシンガポール経由でアジア各国、オーストラリア、ヨーロッパなどへもスムースな乗り継ぎを可能にしている。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。エアライン プレミアムエコノミー 機内食 ランキングに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介