page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「エアライン 評価」の見どころ情報

エアライン 評価に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「エアライン 評価」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果15

1 2 末尾 次へ


深夜便のなかでも羽田〜北京間の海南航空は需要が高い
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • アジア/中国/哈爾浜(ハルピン) 
羽田発着の国際線が増加しているが、深夜に発着している航空会社にも注目したい。昼便に関しては、成田便を運航していて、なおかつ増便したい場合に限られている。つまり成田に乗り入れていない航空会社が羽田にだけ乗り入れることはできない。ところが深夜時間帯に関してはこの制限はなくなる。つまり成田便を運航していない新興の航空会社でも、深夜なら羽田に乗り入れできるのである。 この制度を利用しているのは中国の新興航空会社に多く、海南航空、上海航空、吉祥航空、LCCでは春秋航空、天津航空、奥凱航空が深夜の羽田空港に発着している。多くが中国からの訪日需要によるものであったが、利用してみると、確かにお土産を持った中国からの旅行客が目立つが、日本人がまったくいないわけではなく、意外にまとまった数の日本人渡航客を目にするのである。

この記事の続きを見る


導入されたB787型機、ドリームライナー
  • テーマ:
  • エアライン・空港
成田〜シカゴを結ぶアメリカン航空が2015年8月19日から、新ビジネスクラスを搭載したボーイング787-8型機(通称ドリームライナー)をシカゴ線に導入。B787-8型機の導入は北米や北京、上海といった中国路線などに続き世界で5番目、アジアでは3番目の登場。これにあわせ運航スケジュールも週5便だったところをデイリーに変更。より、スムースに日本とアメリカを結ぶほか、乗り継ぎにより北米および中南米へのアクセスを快適にする。

この記事の続きを見る


初便就航時のセレモニーにはカンタス航空、クイーンズランド州ゴールドコースト、成田空港のキャラクターたちも登場
  • テーマ:
  • エアライン・空港
「一度は行きたい国」としてランキング上位に常に名前が登場するオーストラリア。一度行った人でも、日本の20倍以上の広さを持つ大陸だけに、見どころ遊びどころたっぷり。リピートする価値は高い。そのオーストラリアと日本を結ぶのがカンタス。二国間の経済・観光の発展をうながす目的で2015年8月、成田〜ブリスベン、羽田〜シドニーというふたつの新しい直行便の路線が就航。これによって、さらにオーストラリアへのアクセスが増えた。観光目的ならば、やっぱりうれしいのがブリスベンへの直行だろう。成田発のQF62は毎日、20:55出発、ブリスベンには翌日の朝7:00に到着。帰りはQF61がブリスベン発11:00、成田着が19:15(2015年10月24までの運航スケジュール)。仕事帰りに出発できるのがうれしい。

この記事の続きを見る


総二階建てのエアバスA380にも新たに投入される
  • テーマ:
  • エアライン・空港
シンガポール航空に新たに「プレミアムエコノミークラス」が登場する。導入は2015年8月9日からで、まずはシンガポール〜シドニー線の一部限定フライトから開始。今後は導入予定のエアバスA350の20機も加え、A380の19機、777-300ER19機で先行導入。2015年後半から2016年初めにかけて東京、ロサンゼルス、デリー、ムンバイ、シドニー、オークランド、ロンドン、パリ、チューリッヒ、フランクフルト、ニューヨークなどの路線に段階的に導入される予定になっている。

この記事の続きを見る


ザ・コノシュアーズは国際線ビジネスクラス、ファーストクラスで味わえる(一部路線を除く)
  • テーマ:
  • エアライン・空港
世界最高評価「5スター」認定を2年連続で受賞するエアラインANA。日本発・国際線の一部プレミアムクラスにおいて「THE CONNOISSEURS(ザ・コノシュアーズ)」という革新的な機内食の提供を行っている。これは世界的にも著名なシェフや食のプロフェッショナルたちが監修・プロデュースをするもので上質なワンランク上のサービスを提供、ゲストに好評だ。そして2014年9月から、洋食と和食に2名ずつ新たなパートナーを迎えた。これにより総勢26名の食の匠たちによる魅惑のグルメ体験が空の上で満喫できるようになった。

この記事の続きを見る


リオネル・メッシ、コービー・ブライアント、ボルシア・ドルトムントのスポンサーでもある
  • テーマ:
  • エアライン・空港
1933年、たった5機の飛行機のみでスタートした航空会社がターキッシュエアラインズ。以前はトルコ航空の名称だったが、現在の正式名称はターキッシュエアラインズとなっている。ここ数年、サービスの向上、路線拡大に積極的で常に斬新でエンターテイメント性の高いソフト&ハードのアップグレートを行ってきた。それらが乗客、エアライン業界から高い評価を受け、権威あるスカイトラックス社によるエアラインランキングで2014年の「欧州最高の航空会社」に選ばれ、4年連続ベストワンという偉業を成し遂げた。加えて「南欧最高の航空会社」、「最優秀ビジネスクラス機内食」、「最優秀ビジネスクラス・ラウンジダイニング」と各賞も総なめ。今、一番乗りたいエアラインのひとつだといえる。

この記事の続きを見る


ドイツといえば世紀のビールの祭典、オクトーバーフェストが有名。その時期には民族衣装を身に付けたCAが期間限定でサービス。今年はミュンヘンから北京、メキシコシティなどの路線で実現
  • テーマ:
  • エアライン・空港
ヨーロッパを代表するエアラインのひとつルフトハンザ ドイツ航空。グループはルフトハンザ以外にもオーストリア航空、スイス インターナショナルなどを傘下とするヨーロッパ屈指のエアライン企業として知られる。グループ全体として4大陸102カ国301都市へ運航。現在、634機の機材を保有、さらに261機を発注。ドイツの企業らしくより環境に配慮した運航を行う取り組みを積極的に進め、こういった活動なども含めたビジネスマインドが評価され、全世界の旅行・ホスピタリティーのプロフェッショナル23万人の投票によって選出される「ワールド・トラベル・アワーズ」の「ヨーロッパのリーディング・エアライン」に4年連続選出されている。

この記事の続きを見る


早朝、世界遺産のオペラハウスやハーバーブリッジを眺めながらランディング
  • テーマ:
  • エアライン・空港
日本の北半球と季節が逆の南半球。12〜2月が夏にあたるためこれからが行き時!そのオーストラリアへの直行便を運航するのがカンタス航空。現在は成田〜シドニー間をデイリーで運航。所要約9時間40分で一気に夏気分のリゾート、オーストラリアにランディングできる。成田〜シドニー間の運航機材はB747-400。エコノミー、プレミアムエコノミー、ビジネスクラスの3クラス体制。また、系列会社のジェットスターとのコードシェアなども含めケアンズ、ゴールドコースト、メルボルン、パースなど各主要都市はもちろん、エアーズロックなど人気のスポットへの国内線も充実。日本の約22倍という広大なオーストラリアだけに飛行機での移動はマスト。シームレスに各都市をつなぐカンタス航空とそのネットワークの存在は大きい。

この記事の続きを見る


こちらはシンガポールから以遠で活躍するメガ機エアバスA380
  • テーマ:
  • エアライン・空港
シンガポール航空は数々の航空アワードを受賞するアジアを代表するエアラインのひとつ。エイビーロード恒例のエアラインランキングでも2014年度は3年連続の総合満足度1位に輝いている。シンガポール航空カーゴ、シルクエアーを含め世界38カ国107都市を結ぶ充実したネットワーク、常に最新鋭の機材を導入し、それに伴う充実のサービスなどは定評が高い。日本には東京、大阪、名古屋、福岡の4 都市からシンガポール・チャンギ国際空港へ直行便を運航。また、多彩な運航ルートを活用してシンガポール経由でアジア各国、オーストラリア、ヨーロッパなどへもスムースな乗り継ぎを可能にしている。

この記事の続きを見る


元祖「ゆるキャラ」のムーミンがヘルシンキへの旅を誘う
  • テーマ:
  • エアライン・空港
フィンランド・ヘルシンキをハブに日本から北欧はもちろんヨーロッパへとつなげるフィンエアー。遠いというイメージが強い北欧だけれど、実は日本からヘルシンキまでは直行便で所要約9時間半。パリやロンドンなどへは通常12時間ほどかかるので日本から最も近いヨーロッパということになる。そしてフィンランドといえばムーミン!今年はムーミンの原作者トーベ・ヤンソン生誕100周年記念ということで、フィンエアーのイメージキャラクターにムーミンを起用。元祖「ゆるキャラ」のムーミンが登場するイベントやCMなどでさらに親しみ感をアピールしている。

この記事の続きを見る


1 2 末尾 次へ


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。エアライン 評価に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介