page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「エジプト 年末」の見どころ情報

エジプト 年末に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「エジプト 年末」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


ヨーロッパで楽しむ東洋美術 その1「パリ・ギメ東洋美術館」
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
アジアや中東が大好きです。スペインで暮らし、旅といえばヨーロッパ圏内になりがちなこの頃。遠いアジアや中東の空気を渇望している自分に気づいたら、私はヨーロッパにある東洋美術の充実した美術館を訪ねます。ロンドンの大英博物館は世界中の蒐集品を詰め込み過ぎで、一日見ていると疲れ果ててしまいますが、他にもヨーロッパには、優れた東洋美術を収蔵する美術館がいくつもあります。どの美術館も専門の分野に特化していて、展示の仕方にはヨーロッパならではのセンスが感じられます。現地の国宝級の文化財を持ってきているので、内容も非常に充実していて、見ごたえがあります。

この記事の続きを見る


「エジプト」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

英雄広場に面して建つ、ギリシャ神殿風の建物
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ハンガリー/ブダペスト 
ハンガリーの首都ブダペストには大小合わせ、数多くの美術館や博物館があります。代表的なものには、中世からモダンアートにいたるハンガリー美術の代表作を収めた「ハンガリー国立美術館」、現代美術や企画展が中心の「現代美術館」がありますが、今回は「ブダペスト国立西洋美術館」を紹介します。ここはおもにハンガリー国外の作品を展示しており、西洋美術史に名があがるような有名作家の作品もあるので、ハンガリー国立美術館よりも楽しめるかもしれません。場所はドナウ東岸のペスト地区、アンドラーシ通りの突き当たりの「英雄広場」北側です。

この記事の続きを見る


チェッリーニの名品「ソゲナンテ・サリエラ(食卓用塩入れ)」は必見
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/ウィーン 
ウィーンでもトップクラスの見どころでもあるウィーン美術史美術館。このヨーロッパ屈指の美術館で、多くの観光客のお目当ては1階(日本式では2階)の絵画ギャラリーで、ブリューゲルやデューラーといったオランダ絵画、ラファエロやティツィアーノらのイタリア絵画など、目玉となる名画が展示されています。なのでたいていの人はその階だけ見て帰ってしまい、その下の階はほとんど素通りです。下の階(0.5階の表示)には何があるかというと、半分が古代ギリシア、エジプト、ローマなどの古代芸術セクション、半分が彫像や装飾品などの美術工芸品の展示になっています。今回は、ガイドブックなどでもほとんど取り上げることがない、この階の展示の見所を紹介します。

この記事の続きを見る


マリア・テレジア広場に面した建物。広場中央にあるのはマリア・テレジア像
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/ウィーン 
ウィーンに行ったら絶対に訪れたい美術館として、真っ先に名前が挙がるのがウィーン美術史美術館(博物館)でしょう。王宮の前からかつての城壁があったリンク(現在は外周道路)を越えたマリア・テレジア広場に、自然史博物館と対になる形で建っています。収蔵される美術品はオーストリア皇帝の歴代の収集品で、古代エジプトから19世紀に至る名画や彫刻、工芸品などが展示されています。パリで言えばルーブルに匹敵する美術館なので、時間に余裕を持って訪れてください。美術館がネオ・ルネサンス様式で建てられたのは19世紀末の1881年。コレクションは館内の3つのフロアにわたって展示されています。

この記事の続きを見る


クイーンスパのレセプションにて
  • テーマ:
  • ビューティー
  • 行き先:
  • アジア/ベトナム/ダナン 
2000年代に入り急速にリゾート開発が進んだダナンは、いまではベトナムを代表するビーチリゾートエリアとなり、毎年多くの日本人が観光に訪れるようになりました。ダナン市街地では高級ホテルやスパが次々とできはじめ、物価も外国人料金と言わんばかりに値上がっているのが現状です。そんな中で、「クイーンスパ(Queen Spa)」はダナンの中心市街地にありながら、予算5000円前後で2時間コースを楽しむことができる優良のスパとなります。

この記事の続きを見る


遺跡に聳え建つ赤いバジリカ
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/トルコ/ベルガマ 
ベルガマに残る遺跡の中で、一番大きな建物は旧市街の北にあるクズル・アヴル Kizil Avluであろう。一般にレッド・バジリカ、赤いバジリカと呼ばれている遺跡だ。バジリカとは左右の壁側に側廊がある長方形の大きなホール式建造物のこと。赤というのは、赤いレンガで建てられているのでそう呼ばれるようになった。町の北を塞ぐアクロポリスの丘にはトラヤヌス神殿の柱や劇場などが残り、町の西方にはアスクレピオンの神域跡が見られる。それらを見学した後にここを訪れると、大変保存状態が良く感じる。紀元前3〜2世紀に建設された古代ペルガモン王国の建物に対し、こちらはローマ帝国時代の2世紀に建てられているので400〜500年も新しいからかもしれない。

この記事の続きを見る


16世紀半ばにミラノで制作された2つのドラゴン装飾容器(このコレクションは来日はしない)
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/ウィーン 
2019年は日本とオーストリアの修好150周年にあたり、春から夏にかけてクリムト展やウィーンのモダニズム展が開かれてきた。記念年の締めくくりとして、2019年10月から2020年1月にかけて上野の国立西洋美術館で大規模な「ハプスブルク展」が開催される。ウィーンの美術史博物館協力によるもので、同館所有の絵画や美術工芸品のコレクションが来日する。ハプスブルク家ファンはもちろんのこと、美術ファンにとっても貴重な工芸品を目の当たりにできる又とないチャンスだ。640年の歴史があるヨーロッパ名門貴族ハプスブルク家。ウィーンを拠点に領土を広げ、スペイン系ハプスブルク家によってフェリペ2世の時代には“日の沈まぬ国”と呼ばれるほど繁栄した。そんな一族のコレクションである。

この記事の続きを見る


パリには見どころがたくさん!
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
2019年4月15日、ノートルダム大聖堂の火災という悲劇が起きたパリ。観光客にとっては非常に残念なできごとですが、幸いにして焼けたのは屋根の部分なので、数年後の再公開が待たれます。パリにはそのほかにも多くの観光地がありますが、今回は私がおすすめする「初めてのパリ。観光地ベスト5」。見るべきところがたくさんあるパリですが、初めてならここだけは行っておいたほうがいいという場所をチョイスしました。

この記事の続きを見る


ニューヨークといえばここ。ブロードウエイのタイムズスクエア
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ニューヨーク 
1回の旅行ではとうてい見切れないほどの観光名所があるニューヨーク。ベスト5を選ぶなんてとんでもない! すぐに20か所は選べてしまいますし、興味のある分野が違えば見に行きたいところも変わります。またニューヨークはエリアごとにカラーがあり、観光地でなくても十分楽しいのですが、ここではあえて5つを選んでみました。個人的な好みよりも、「まずはここへ行かないと始まらない」という所です。

この記事の続きを見る


ただただ圧倒される十字架群。大きな十字架は2万本以上立てられ、そのほかに数えきれない小さな十字架で埋め尽くされています。なかにはローマ法王ヨハネ・パウロ二世が1993年訪問した際の贈り物もあるとのこと。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/リトアニア/ビリニュス 
パワースポットには、土地のエネルギーに溢れる場所もあれば、人々の強い気持ちや祈りから作られるスポットもあると思います。バルト三国の最南端、リトアニアのシャウレイにある「十字架の丘」はまぎれもなく後者でしょう。首都ビリニュスから車で北西へ約3時間、平坦な草原をひたすら走り続けて辿り着いたのは、想像もできないほど美しいライ麦畑、そして大小無数の十字架が立つリトアニアの人々にとっての聖地、その光景は得も言われぬ絶景そのもの。爽快な気分になりました。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。エジプト 年末に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介