page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「エル グレコ お墓」の見どころ情報

エル グレコ お墓に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「エル グレコ」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


モネ「朝のルーアン大聖堂 Pink
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ギリシア/アテネ 
エリザとヴァシリス・グーランドリスという美術をこよなく愛していた、海運業で知られるグーランドリス家の夫妻は、長年にわたり各国の芸術家や美術専門家たちと親交があり、主にニューヨーク、ロンドンのオークションで少しずつ買い集められた個人コレクションは、200点ほどの外国の芸術家の作品、400点ほどのギリシャ人芸術家の作品に及んでいました。この度、夫妻の長年の夢であった新しい美術館が完成し、個人コレクションの内の180点がようやく一般に公開、常設展示されることとなりました。

この記事の続きを見る


『自画像』(プラド美術館収蔵)
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スペイン/マドリード 
スペインの3大画家を知っていますか? 一般的には印象派以前の19世紀中頃までの古典的な画家を指すようで、ゴヤ、ベラスケス、エル・グレコが挙げられています。時代順では、エル・グレコ(1541〜1614)、ベラスケス(1599〜1660)、ゴヤ(1746〜1828)の順で、エル・グレコはスペイン全盛期、ベラスケスはスペインが下り坂に少し入ったあたり、ゴヤの時代はスペインの没落期といえます。王家で言えば、ベラスケスはスペイン・ハプスブルグ家の時代、ゴヤはスペイン・ブルボン家の時代でした。今回は、その三大画家の一人ゴヤを、彼が生きた時代背景やその作品と合わせて紹介していきたいと思います。

この記事の続きを見る


国立スコットランド美術館は大充実の収蔵品なのに、とってものどかです!
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イギリス/エジンバラ 
スコットランド国立美術館は、エディンバラの新市街に建つ、充実した展示の美術館です。私も行ってみるまでは、こんなにすばらしいコレクションをそろえているとは知りませんでした。アート好きな人は絶対に訪れるべき美術館の一つといえます。広々とした内部空間は、赤や青などはっきりとした色の壁紙によって各展示室を区分けしてあり、名作が十分にスペースを取って展示されているのです。「ここに所蔵される美術品は幸せだな」と思えました。

この記事の続きを見る


ファサードに空模様のアートが施されたサンパウロ美術館
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • 中南米/ブラジル/サンパウロ 
サンパウロ観光公社(SPTuris)がブラジル人と外国人の観光客4817人を対象に行った調査によると、サンパウロ市内で最も人気の観光名所に選ばれたのは、サンパウロ美術館(MASP)(2013年2月)。パウリスタ大通りにあるリナ・ボバルディのユニークな外観は、旅行者の多くが、サンパウロ市内のイメージとして思い浮かべるものだという。サンパウロに来たら、同じく上位にランクインしている(外国人3位/ブラジル人5位)パウリスタ大通り(アベニダ・パウリスタ)とセットで観光してみては。

この記事の続きを見る


ガイド記事

掲載日:2010-01-15
PLAZA
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スペイン/マドリード 
マドリッドの市街地にある、PALACIO REAL DE MADRID(王宮)は、135,000平方メートルを要し、ヨーロッパ1大きい宮殿だ。その部屋数は、なんと3,418室以上あり、1日に10室訪問したとしても、全室訪問するためには1年弱かかるという、びっくりな大きさである。現在まで、公式の王家の住居となっているが、実際には居住しておらず、王家はマドリッド郊外のサルスエラ宮殿に居住している。実際に王家が住んでいたのは、1931年までであったそうだ。現在でも、この王宮は、国の公式行事の際には利用されている。

この記事の続きを見る


神学校として建設されたので、教会が一緒になっている(丸いドームの部分の建物が教会)
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スペイン/バレンシア 
1957年、市内を流れるトゥリア川が大洪水を起こしたため排水され、現在は7キロにも渡る公園となっている。その旧トゥリア川の淵にある、バレンシア美術館(MUSEU DE BELLES ARTS DE VALENCIA)は、神学校として1683年に建設が開始され途中、戦争等による中断などで、1744年に完了した。展示スペースだけで、7000平方メートルあり、かなり大きい美術館である。この美術館には、以前バレンシア王宮が所蔵していた王宮コレクションを中心に、彫刻や遺跡からの発掘物等が展示されている。

この記事の続きを見る


「エル お墓」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

中央墓地の古いエリアに作られたお墓には大理石などで出来た彫刻が置かれ、お墓を見守っていました。
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • 中南米/チリ/サンチアゴ 
サンティアゴの昔ながらの街並みに多くの人で賑わう旧市街には、チリで一番古い中央墓地があります。1821年10月9日に、南アメリカ各国をスペインから独立させるために戦ったベルナルド・オイギンスによって作られました。敷地は約86ヘクタールあり、埋葬者は200万人以上を超えているそうです。約200年前に作られたこの中央墓地には、チリを代表する歴代の大統領や芸術家などの著名人が多く祀られており、他にも一般人も多く埋葬されいます。

この記事の続きを見る


元来12世紀の教会は、14世紀にオルガス伯によって再建築されたそうだ。12世紀のもので唯一残っているのは、ムデハル様式の塔だけだという。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スペイン/トレド 
カスティーリャ・ラ・マンチャ州の州都であるトレドは、画家”エル・グレコ”が住み着いた場所としても有名である。エル・グレコは、元々現ギリシャ領であるクレタ島出身であったが、1577年にトレドに移り住み、亡くなる1614年まで過ごした。彼の作品は、トレド市内に数多く残っており、トレドに残した影響は莫大である。作品の中の1つである、IGLESIA SANTO TOME(サント・トメ教会)に飾られているEL ENTIERRO DEL CONDE DE ORGAZ(オルガス伯の埋葬)は、彼の作品の中で最高傑作といわれている。

この記事の続きを見る


死者の日にはいろんな場所で、死者の祭壇やら飾りつけが展示される。これは大学都市での展示。
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • 中南米/メキシコ/メキシコシティ 
死者の日(11月1日2日)が近づくと、メキシコ中に骸骨が溢れる。いたる所に死者の日の飾りつけや祭壇が現れ、そこには必ず骸骨が飾られ、パン屋には骸骨パンが売られ、お菓子屋、市場でも骸骨菓子が目玉商品になり、メキシコシティのレフォルマ大通りも死者の日の花マリーゴルドの黄色い花に植え替えられ、市場やスーパーでも死者の日のためのお菓子のお料理用に大かぼちゃが山積み。町中が死者の日一色。あらゆるところに現われる骸骨は、もちろん死のシンボルであるが、メキシコ人は、骸骨を嫌わない。死を忌み嫌うのではなく、身近なものとして捕らえているのかもしれない。愛する死んだ家族も骸骨となって死者の日に自分のところを訪ねてくる。骸骨、死者と陽気に楽しく死者の日を祝う。だから、骸骨は皆陽気でユーモアたっぷりの骸骨達である。10月から11月初めにメキシコへ来て、陽気なメキシコのお盆、死者の日の雰囲気を楽しもう!

この記事の続きを見る


「エル」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

突然始まるダンスタイムに観客は大喜び。見事な肉体美を披露しながらタイミュージックに合わせて踊る姿は必見!
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
1枚目の写真に驚かれた方、ごめんなさい。こちら、バンコク名物のオカマバーではなく、れっきとした貝レストランの店員さんでございます。面積やや小さめなお衣装からのぞくのは見事に割れたシックスパック。その鍛え抜かれたボディを惜しげなく披露し、クネクネ踊るのはこの店のオーナー、ディーさんです。今、バンコクで一番の穴場と言っても過言ではないのがここ『Stanee Mee Hoi(サタニー ミー ホイ)』。バンコク郊外にあるナイトマーケットにある貝レストランです。オーナーをはじめ、ダンサーを務めるのはすべてスタッフの男性。いたってノーマルな上、お客様を喜ばせるサービスは完璧! もちろん貝の味も◎とあって連日大賑わいのお店なのです。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。エル グレコ お墓に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介