page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「オランダ アート」の見どころ情報

オランダ アートに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「オランダ アート」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果33

1 2 3 4 末尾 次へ


アートフェアの会場
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
KunstRAI(クンスト・ライ)はオランダのアムステルダムで毎年春に開催される、ヨーロッパ最大級のアートフェアです。1985年の初開催時には国際的なアートフェアの先駆けとして注目されました。36回目を迎える2020年も、アムステルダムやデン・ハーグ、ロッテルダムなどオランダの都市をはじめ、国内外の80軒を越えるギャラリーが出展します。

この記事の続きを見る


入館したらホールを通ってエレベーターで2階に上がる
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スペイン/マドリード 
プラドに次ぐマドリード最大級の美術館が、ティッセン・ボルネミッサ美術館です。中世からモダンアートまで収集されたコレクションは、西洋美術史の教科書さながら。これは世界で二番目の個人コレクションと言います。場所はプラド美術館から道路を隔てた斜め向かい。美術館のはしごは集中力が切れるので避けたいところですが、マドリードを訪れたら必ず訪れてほしい見どころです。この美術館の歴史と入館方法は別記事の【歴史・入場ガイド編】に書きましたので、そちらをご覧ください。今回は美術館で展示されている代表作の数々を紹介しましょう。

この記事の続きを見る


まとめてストリートアートが見られるのがこのスポット!
  • テーマ:
  • スポット
  • 行き先:
  • オセアニア/オーストラリア/ケアンズ 
街の中心の通り、グラフトンストリートのメインストリートアーケードの脇にはちょっとした小道があり、そこを入るとカラフルなアートが壁面いっぱいに!ケアンズの街で1番たくさんのアートがまとまって見られるスポットです。複数のアーティストさんが手がけた壁面なのですが、今ではインスタ映えするスポットとして写真を撮るために訪れる方もいるほど♪

この記事の続きを見る


レンブラントの家の1階部分。商談に来たゲストのための応接室です。ここにはレンブラントの絵画以外にも、彼がもっとも影響を受けた歴史画の師匠ピーター・ラストラマンや弟子の作品も展示しています。レンブラントが活躍する前の絵画と比べてみましょう。
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
「レンブラント没後350年(前編)〜アムステルダム国立美術館で憧れの『夜警』を鑑賞」からの続きです。アムスで見るべきもう1つの展覧会は、レンブラントの友人や知人に焦点を当てた企画展「レンブラントのソーシャルネットワーク展 」。オランダでも今までほとんど展示されていない作品が見られる貴重なもので、すでに今年の2月1日から公開中です。開催場所は「レンブラントの家ミュージアム」。この美術館、17世紀のレンブラントの自宅兼アトリエが再現されています。美術館としてはとくに莫大な数の版画を所蔵しており、通常はその中の一部を交代で常設展示しています。

この記事の続きを見る


シンタクラースの歓迎パレードに始まるシンタクラース祭は、12月6日まで約1ヶ月間続きます。
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
クリスマスといえば、イエス・キリストの降誕を祝う12月25日ですが、オランダには、もうひとつのクリスマスがあります。12月6日の聖ニコラスの命日を祝う「シンタクラース祭 (Sinterklaasfeest)」です。聖ニコラスはオランダ語で「シンタクラース (Sinterklaas)」と呼ばれ、11月半ばの日曜日に、従者の「ズワルト・ピート (Zwarte Piet)」を引き連れて、スペインからオランダへ蒸気船でやってきます。オランダ人は国をあげてシンタクラースを歓迎し、各地で歓迎パレードが開催されます。アムステルダムでは水上パレードの後、白馬に乗ったシンタクラースが市街地を巡り、ズワルト・ピートたちが集まった子供たちにお菓子を配り歩きます。アムステルダムの歓迎パレードは40万人もの人々で賑わい、毎年テレビで生中継されています。

この記事の続きを見る


マラッカ川河口近くにあるリバークルーズ船乗り場
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/マレーシア/マラッカ 
首都クアラルンプールから南へ150km、車で2時間ほどに位置する世界遺産の街マラッカ。歴史から生み出された独自の文化や異国情緒あふれる景観が魅力です。観光の中心となるのは、キリスト教会、スタダイス、時計塔と真っ赤な建築が目を引く旧市街のオランダ広場周辺。西欧とアジアの歴史が交差する街並みはエキゾチックで魅力的。今回は遊覧船で気軽に風景を楽しめるマラッカ川リバークルーズをご紹介します。

この記事の続きを見る


暗くて寒い冬の街をカラフルに明るくする光のアート作品。2017-2018年のフェスティバルには、ドイツ、イギリス、コソボ、ロシア、カナダ、アメリカ、オーストラリア、日本、中国など世界各国からの作品が展示されている。
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
アムステルダムでは年に一度、年をまたいでアムステルダム・ライトフェスティバルが開催されています。2017年で6回目を数え、近年は年末年始の風物詩になりました。中心街のあちらこちらに光のアート作品が設置され、クリスマスや新年のイルミネーションとともに冬の街を明るく彩ります。作品はオランダ国内外のアーティストやデザイナー、建築家から募集され、フェスティバルの審査員により選定されます。2017-2018年のテーマは 'Existential' 。世界93カ国から1800点の応募があり、40点が選ばれました。作品は全て屋外に設置されているので、無料で鑑賞することができます。

この記事の続きを見る


お昼寝中のウー・ウェン
  • テーマ:
  • 動物
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アーネム 
上野動物園のパンダの赤ちゃん「シャンシャン」の誕生で、2017年の日本はパンダに沸いた年と言えるでしょう。同じく2017年、オランダでは4月に中国から2頭のパンダ「シン・ヤ」と「ウー・ウェン」が、中部の街レーネンのアウエハンツ動物園に到着。パンダの飼育が許可されたのは、オランダではこの2頭が初めて。2017年のオランダはパンダ初上陸に沸く年だったのです。パンダ君達は手厚い歓待を受け、園内には複合施設「パンダシア」が建造されました。パンダシアの一階はパンダの飼育舎、2階はカフェテリアとお土産屋さん等からなります。建物はなんと8億円近くかけて建設された伝統的な中国式建築。この威風堂々とした豪華さは、飼育舎や施設、パンダ館というよりは「パンダ御殿」と呼んだほうが相応しいかもしれません。

この記事の続きを見る


アムステルダムのフリーマーケットの風景 Photo:
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
アムステルダムはオランダでも有数のマーケットの街です。新鮮な食材や日用品がそろうアルバートカイプマルクト(Albert Cuypmarkt)や、東区のダッペルマルクト(Dappermarkt)、西区のテン・カーテマルクト(Ten Katemarkt)は地元の人々には欠かせないショッピングスポットです。アムステルダムのマーケットの歴史は、1783年にユダヤ人地区で始まったマーケットに遡り、現在では市内30箇所以上でマーケットが開かれています。花、アート、オーガニックフード、古本や古切手など、マーケットごとにコンセプトがあり、街歩きの途中で立ち寄ってみると思いがけない出会いがあるかもしれません。今回はアンティークやヴィンテージ品を扱う3つのユニークなマーケットをご紹介します。

この記事の続きを見る


まるでマジック!美術館壁面にライオンが出現
  • テーマ:
  • イベント
  • 行き先:
  • アジア/シンガポール/シンガポール 
目玉の一つが、映像と実物がシンクロするプロジェクション・マッピング!フランスの音楽アーティストグループ『EZ3kiel』による『Convolutions(コンヴォリューションズ)』という作品は、音楽にあわせて美術館の壁面が次々と変化します。美術館がガラガラ上から崩れてきた後は立体的なライオンが出現と、驚くべき仕掛けの連続。シンガポール最古の美術館『National Museum of Singapore(シンガポール国立美術館)』の壁面全体を使った大胆なアートが、最高にかっこいい!

この記事の続きを見る


1 2 3 4 末尾 次へ


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。オランダ アートに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介