page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「オランダ チョコ」の見どころ情報

オランダ チョコに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「オランダ チョコ」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


オランダのドロップは日本語のドロップの語源とされています。
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
【前編】の続きです。オランダのスイーツのうち、最もユニークな見た目と味を持つのがドロップ (drop) です。リコリスと塩化アンモニウムで味付けされ、北欧ではサルミアッキと呼ばれます。生薬としても使われるリコリスには抗炎症作用等があり、ドロップには咳を鎮める効果もあります。オランダでは子供から大人まで幅広く愛されているスイーツですが、外国人の間では「世界一まずい」と話題になることもしばしばです。カーボンブラックで着色された真っ黒な見た目、強い塩味とアンモニア臭、タイヤのような食感は、美味しい!といただくことが難しいです。ただし、色々な種類を食べ比べているうちに、美味しいと思えるドロップが見つかったり、次第にそのクセのある味にはまったり、ドロップには奥深い魅力があります。とりあえずは「世界一まずいキャンディー」として日本に持ち帰り、「やっぱりまずい!」と皆で笑ってお土産話に花を咲かせるのも楽しいかもしれません。

この記事の続きを見る


今やオランダでお馴染みとなったトニーズチョコ
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
オランダのチョコレートといえばドロステが有名で、キュートなチューリップ・チョコレートは空港でもお馴染みのオランダ土産ですよね。ココアで有名なバンホーテンもオランダの会社です。何気にチョコレート関係が有名なオランダですが、最近目覚ましい躍進を遂げているオランダ発のチョコレート・ブランドがあります。

この記事の続きを見る


おなじみ、ドロステの円形チョコレート
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
世界各国を旅すると、空港内の売店で必ず見かけるものってありますよね。たとえばチョコレート。ヨーロッパは特においしいチョコレートが多いことで有名ですよね。そしてもちろんオランダにも大変有名なチョコレートのブランドがあります。その名はドロステ(Droste)。聞いたことがある方も多いと思います。

この記事の続きを見る


30種類以上のフレーバー!選ぶのに迷うホットチョコスプーン(hotchocspoon)
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム マーストリヒト 
オランダの古都マーストリヒト。グルメの町としても有名なこの町は、おいしいお店がいっぱい。マーストリヒト外に住むオランダ人たちも、美味しいものを求めてこの町にやってくるくらいです。レストランから、カフェ、そしてスウィート・スポット。甘い香りが漂うパティシエのショーウィンドウには色とりどりのスイーツが並び、思わず足を止めてしまいます。

この記事の続きを見る


可愛らしいクリスマス限定チョコの数々
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
シンタクラースの日の12月5日以降は、シンタクラースの飾りがクリスマスの飾りへと変化します。オランダでは12月一杯まで、街はクリスマスデコレーションで実に華やかです。小さな店から大型店舗までツリーやモール、星で飾られそぞろ歩きだけでも楽しい気分が味わえます。オランダ各地ではクリスマスマーケットや屋台もお目見えします。やっぱりこの時期にヨーロッパにいるなら、クリスマスらしいものをお土産に選びたいものですね。

この記事の続きを見る


「オランダ」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

羽田にて。手前の日本航空機は移動中だが、奥の機体はお休み中
  • テーマ:
  • エアライン・空港
コロナ禍によって航空会社はどこも青息吐息である。国内需要は戻りつつあるが、国際線は壊滅状態である。日本の外務省は現在、世界の159の国と地域を渡航中止勧告のレべル3としているので(2020年10月現在)、海外旅行需要は皆無となっている。 現在日本の空を飛んでいるのは、コロナ以前の約70%の国内線とごく一部の国際線である。国際線に観光需要はほとんどなく、多くが海外駐在員の交代、日本で働く労働者の往来、配偶者など家族が外国人であるための往来で、留学需要すら大幅減となっている。 日本への国際定期便を少ない便数ながら運航しているのは、韓国、中国、香港、台湾、フィリピン、マレーシア、シンガポール、ニュージーランド、カタール、アラブ首長国連邦、オランダ、アメリカの航空会社程度で(2020年10月現在)、オーストラリアの航空会社すら日本へ飛んできていないのである。

この記事の続きを見る


ポツダムの夏は花盛り!
  • テーマ:
  • スポット
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/ポツダム 
ベルリンから電車で約30分の都市ポツダムは歴史を動かした「ポツダム会談」が行われた場所として世界的に有名です。また、旧市街のまわりには歴史的建造物のほかにも宮殿がある広大な庭園や湖があり、「ポツダムとベルリンの宮殿群と公園群」としてユネスコの世界遺産にも登録されています。ポツダムのハイライトはやはりこの庭園で、夏は緑で生いしげり、綺麗に手入れされた花壇を花が埋め尽くします。美しい景観を楽しむ観光客だけでなく住民がピクニックをしたり、ひなたぼっこをしたりと思い思い過ごしている様子もみられ、人々の憩いの場になっています。

この記事の続きを見る


テイクアウトも充実
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/デンハーグ 
外食がちょっぴり高めのオランダ。長期旅行や学生旅行の場合、節約のためにポテトやハンバーガー、サンドイッチばかりでは飽きてしまいますよね。海外の和食は高いし、手ごろな中華はないかな?、と思う方も結構いると思います。しかしこちらの中華レストランは一皿の量が多く、個人旅行や少人数なので軽くいきたい、という方もいるでしょう。デンハーグにはそんな方にうってつけの中華食堂があります。

この記事の続きを見る


『真珠の耳飾りの少女』で描かれた耳飾りは、フェルメールの他の作品にも登場しています。左上から時計回りに『リュートを調弦する女』,
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/デンハーグ 
ヨハネス・フェルメール (1632 - 1675) はオランダの17世紀黄金時代を代表する画家です。麗しい光の描写と、巧みな構図で描かれた情景は、今なお観る者を魅了します。『真珠の耳飾りの少女』は1665年頃に制作された作品で、オランダのデン・ハーグにあるマウリッツハイス美術館 (Mauritshuis) に所蔵されています。少女がつける耳飾りは輪郭をもたず、光と陰影でその存在が示唆されています。透明感のある輝きはまるで本物の真珠のようですが、実はこの耳飾りは真珠ではありません。マウリッツハイス美術館は、17世紀に流行していたヴェニス製のガラスで作られた「真珠風」耳飾りだと説明しています。フェルメールの描いた耳飾りが天然真珠にしては大きすぎることや、当時の天然真珠がフェルメールの手には届かないほど高価だったことが理由に挙げられています。

この記事の続きを見る


オランダといえば自転車。「ホワイトバイク・ルーム」で旅の思い出をさらに印象深いものにできるでしょう。洗面台が窓際にあるのも新鮮です
  • テーマ:
  • 癒し
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
アムステルダムにオランダの全国紙「de Volkskrant」本社があります。その元の本社ビルが改装されてホテル「Volkshotel」になり、人気です。比較的新しく、2014年夏にオープンしました。白いタイルの外観のため市民には「白鳥」と呼ばれ、一時は全国一モダンな新聞社ビルでしたが、40年以上を経て解体を予定するほどまでに老朽化しました。解体を待つまでの間、ここにクリエーターたちが入りオフィスとして使ったことがきっかけで解体は取り止めに。そして改装されました。大きい建物で、客室数は172です。デザイナーたちが特別にデザインした8種類のスペシャルルーム(定員2名)もあります。映画が見られる「シネマ・ブドワール」、白樺やハンモックがあり、浴室に植物が置かれていてキャンプの気分が味わえる「キャビン・イン・ザ・ウッズ」、自転車がコンセプトの「ホワイトバイク・ルーム」(壁にはバイク柄、ベッドはカーゴバイク(運搬用バイク)で車輪あり。市内散策のための白い自転車付き)など、どれも楽しい雰囲気が漂います。スタンダードタイプのダブルルームよりも値が張るものの、旅の思い出に変わったデザインの部屋もよいかもしれません。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。オランダ チョコに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介