page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「オランダ 建築様式」の見どころ情報

オランダ 建築様式に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「オランダ 建築様式」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


アムステルダムの運河に映える壮麗な建築
  • テーマ:
  • 城・宮殿
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
2016年にオープンした西モスク(Westermoskee)は、アムステルダムの西地区にあるトルコ様式のモスクです。シンケル運河の水面に映える壮麗で印象的な外観は、モスクでありながら実に見事にアムステルダムの風景に溶け込んでます。こちらのオランダ最大級のモスクは、オスマントルコの伝統建築様式で建てられましたが、設計者はフランス人建築家夫婦です。そして特筆すべきは外壁。オランダの光景にフィットするのは、オランダのレンガを使用しているためです。

この記事の続きを見る


アウデ・トゥルフマルクト通りの建物。左から「釣鐘破風」、「ネック破風」「高さのあるネック破風」「階段状破風」。
  • テーマ:
  • 歴史
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
アムステルダムの運河沿いに建つカナルハウスは、多彩な建築様式や装飾で私たちの目を楽しませてくれます。巧妙に積み上げられたレンガや、扉や窓枠の美しい配色、鍛冶職人お手製の鉄格子、ステンドグラスや石版装飾といったディテールにまで趣向が凝らされています。アムステルダムの家々は特に、破風に特徴があります。破風とは妻壁上部の三角形の部分のことで、オランダ語ではgevel、英語ではgableと呼ばれます。15世紀の三角破風に始まり、時代の流行を取り入れた様々なデザインが生まれました。アムステルダムで発展した破風の様式と、それぞれの破風を持つ歴史的建造物をご紹介します。

この記事の続きを見る


7カ国全ての家がオランダの国家遺産
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
アムステルダムの中心地、ミュージアム広場から西へ徒歩6分ほどのルーメル・フィッセル通り (Roemer Visscherstraat) では、ヨーロッパ7カ国の建築物を一度に鑑賞できます。高級住宅街にある閑静な通りの中ほどまで歩みを進めると、オランダの典型的な赤レンガ造りの建物に続いて、異国情緒あふれる7軒の家が並んでいます。各々がヨーロッパの国を代表する建築様式で建てられ、オランダ語で「7カ国の家」を意味する「Zevenlandenhuizen ゼーヴェンランデンハウゼン」と呼ばれています。

この記事の続きを見る


シテ・ルーメリーの入り口。ギリシャ風の柱に、繊細な花やブドウ、植物のレリーフがとっても美しいです
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/トルコ/イスタンブール 
イスタンブール、新市街の目抜き通り・イスティクラル通り(Istiklal caddesi)。ブティックやレストラン、カフェ、映画館などが建ち並ぶ、街一番の繁華街です。通りの真ん中には、昔懐かしい赤い車体の路面電車が走る、歩行者専用通りです。このイスティクラル通りは、オスマン帝国時代には大使館や在外商人の邸宅などが建ち並び、また帝国後期になると、オシャレな洋館が次々と建てられ、洗練された煌びやかな雰囲気に包まれていたといいます。このイスティクラル通りと、その周辺の地域には、オスマン帝国末期に建てられたアール・ヌーヴォー様式の建築物がたくさん残っています。それらの建築は、当時の裕福なヨーロッパ人達によって建てられたものが殆ど。当時の著名な建築家たちが、イスタンブールのこの地に、優美な建物を競って建てたのでした。

この記事の続きを見る


世界遺産「キンデルダイク・エルスハウトの風車網」
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/ロッテルダム 
オランダ、と聞くとこの風車の光景が頭に浮かぶ方も多いでしょう。オランダで一番有名な世界遺産「キンデルダイク(Kinderdijk)」こと、キンデルダイク・エルスハウトの風車網(Mill Network at Kinderdijk-Elshout)は、オランダ名物の風車が特に多く残る地域で有名です。今も19基の風車が回るキンデルダイクは、観光客に人気のスポットです。キンデルダイクの現存の風車は主に18世紀のもので、写真でみると可愛らしい印象ですが、実際に見てみると高さは30メートル近くあり圧倒されます。

この記事の続きを見る


バシリカの祭壇。見事な天井画が描かれている
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム マーストリヒト 
オランダ南部の古都マーストリヒト。ローマ時代から続く古都だけに、歴史的建造物も数多く目にします。オランダ屈指の美しい教会も幾棟かあり、聖セルファース教会もそのうちの一つです。オランダ語や英語訳では「聖セルファースのバシリカ」といいます。バシリカ(basilica)とは、中央部分を側廊によって取り囲む建築様式で、古代ローマ建築まで起源は遡ります。また、この建築形態を用いた教会施設もバシリカと呼ぶ場合があります。

この記事の続きを見る


JAVA島、ウォーター・フロントの集合住宅。一棟一棟の細長い建築様式は、アムステルダムのキャナル・ハウス(運河沿いの建築)を踏襲したもの
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
アムステルダムの駅を降りるとほとんどの旅行者達は中心街への出口へ向かいます。ゴッホ美術館、中央美術館、運河クルーズ。ワクワクしますよね。しかしその反対側の出口に一体何が待っているか御存知の方はどの位いるでしょうか? 反対側の出口からは、ウォーター・フロントを隔ててアルクマール方面へと向かう道路が延びています。または対岸へ渡るフェリー乗り場が徒歩3分位の所にあります。そして実はアムステルダムのウォーター・フロントは、近年脚光を浴びている地域なのです。

この記事の続きを見る


「オランダ」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

まとめてストリートアートが見られるのがこのスポット!
  • テーマ:
  • スポット
  • 行き先:
  • オセアニア/オーストラリア/ケアンズ 
街の中心の通り、グラフトンストリートのメインストリートアーケードの脇にはちょっとした小道があり、そこを入るとカラフルなアートが壁面いっぱいに!ケアンズの街で1番たくさんのアートがまとまって見られるスポットです。複数のアーティストさんが手がけた壁面なのですが、今ではインスタ映えするスポットとして写真を撮るために訪れる方もいるほど♪

この記事の続きを見る


桜の木が印象的なディスプレイ
  • テーマ:
  • ビューティー
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
オランダで大ブームのRITUALS(リチュアルズ)。ここ数年で飛躍的に店舗数を伸ばし、アムステルダムやユトレヒトなどの主要駅構内、さらにはスキポール空港にも店舗がある大人気の自然化粧品のブランドです。店舗の特徴として、店内は目に優しい間接照明、造花の大きな桜の木が中央に位置しています。主要な商品はスキンケア製品ですが、コスメの他にルームウェアやインセンス、さらにはお茶など生活に潤いを与えるプロダクトに力を入れています。なぜRITUALSがこんなに流行っているのか。筆者は美容に興味がなかったため、最初は全く理解できませんでした。しかしその理由は2019年の夏、ヨーロッパを襲った猛暑日にわかりました。

この記事の続きを見る


スペキュラースの名前の由来は、聖ニコラスを意味するラテン語のspeculatorや、スパイスを意味するオランダ語のspecerijなど諸説あります。
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
スペキュラース (speculaas) はキャラメルの香ばしさのなかに、生姜やシナモン、ナツメグなどのスパイスがふんわり香る、オランダ伝統のスパイスクッキーです。スペキュラースが生まれた17世紀のオランダでは、オランダ東インド会社の香辛料貿易によって豊富なスパイスが流通していました。スペキュラースの生地には、クローブ、アニス、カルダモンなど、様々なスパイスが練りこまれています。スペキュラースはもともと、聖ニコラスの日 (12月5日に祝うオランダのクリスマス) のために焼かれていたクッキーで、シンタクラース (Sinterklaas) や侍従のズワルト・ピート (Zwarte Piet) など、クリスマスにちなんだ押し型で作られていました。現在ではスーパーでも手軽に購入でき、風車型のスペキュラースはオランダのお土産としても人気です。一年中食べられるスペキュラースですが、クリスマスシーズンに向けて家庭での手作りもお勧めです。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。オランダ 建築様式に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介